CBD przy zaburzeniach erekcji
2 min.

✓ Evidence Based


Rate post

Last updated on 19 May 2022

はじめに

勃起不全(ED)は、男性の心身の健康に大きな影響を与える性の悩みです。あらゆる疾患に治療効果があるとされるCBDオイルは、EDに対しても効果があるのでしょうか?あるのだとすれば、どの様に使用すればいいのでしょうか?早速この疑問を掘り下げていきましょう。

CBD製品は、いくつかの疾患や症状を改善する治療薬として高く評価されており、需要、供給共に増加傾向にあります。しかし、勃起不全となると、ほとんどの男性は話す事を躊躇ってしまうため、他の疾患と比べて口コミが多くありません。それでは、実際にはカンナビスを原料としたCBD製品はEDの症状の治療に役立つのでしょうか?ここまで、カンナビノイドの様々な治療効果について簡単に説明してきましたが、CBDの治療効果をより正しく把握するには、勃起不全の値メカニズムを理解することが不可欠です。

勃起不全:最も心配される健康上の問題点

いくつかのウェブサイト、ブログ記事、SNSなどの情報によると、勃起不全に悩まされている男性は、様々な年齢層を含めて3,000万人にものぼると指摘されています。ヘンプペディア編集部では、こうしたEDに関するデータを別の角度から読み解いていきたいと思います。

EDは、男性が抱える悩みとして非常に一般的であるにもかかわらず、治療可能な疾患であることはあまり知られていません。

2019年から2025年の予測期間中において、世界の勃起不全治療薬(バイアグラ、タダラフィル、アルポスタジルクリームなど)の市場規模は2025年には2930万ドルに達し、年平均成長率(CAGR)は3.5%を記録すると予想されています。

お得にCBDを試しませんか?

Nordic Oilの公式オンラインショップで使える初回限定 12%オフクーポンコードをご利用ください。お得な機会を逃さないで! *バンドルやセット商品は対象外

CBDオイル 15%
日本全国配送
100%植物由来のCBD
安全な決済方法

この数字は、EDの発症率以上に懸念すべきデータの様に思えます。果たしてこの数字は、勃起不全治療薬の宣伝効果の結果なのでしょうか。それとも、EDを発症する男性が増加している事を示しているのでしょうか。

男性の健康問題に関しては、うつ病、糖尿病、アルコール依存症が最も問題視される10の症状の上位を占めています。これらは合併症ではあるものの、勃起不全を引き起こす根本要因としても知られています。さらに、この症状は1つまたは複数の原因が重なって発症する多因子性であることが多いこともわかっています。

次章では、さらにこの疾患について深掘りしていきたいと思います。

勃起不全とは?

アメリカ国立衛生研究所のコンセンサス会議では勃起不全(ED)を「適切な性的関係を築くのに十分な陰茎の勃起、またはその両方を達成・維持することができない状態(筆者翻訳)」と定義しました。

EDをインポテンツと呼ぶ人もいますが、医療従事者の間ではあまり使われない呼称です。

性機能障害の種類

2004年に行われた研究では、男性の性機能障害には5つのタイプがある事が説明されています。1

  • リビドー(性的関心)の低下
  • 勃起不全(ED)
  • 早漏(オーガズムに達するのが早すぎる)
  • 遅漏(オーガズムの遅延または抑制)
  • 陰茎の身体的異常

これらのタイプには互いに相関関係がありますが、この記事ではEDに焦点を当てて詳しく説明していきたいと思います。また、CBDオイルがEDの症状を管理するのに役立つ可能性についても同様に分析していきます。

Man affected with depression

勃起不全の原因

2017年に行われた研究では、EDは加齢による自然な変化であると報告されています。2EDは、加齢によるテストステロン(アンドロゲン)不足の度合いに比例して発症しやすくなります。テストステロンの減少は、勃起力の低下を引き起こし、陰茎への血液供給を減少させる事がわかっています。その結果、硬く勃起する事ができなくなってしまいます。この事から、EDは性生活に悪影響を与えるだけでなく、冠動脈疾患(CAD)や糖尿病のリスクを高める可能性もある事がわかります。

2016年と2018年のEDに関する研究では、EDを引き起こす要因について報告されています。3 and a 2018 study4その内容を、簡略化して表にまとめました。

1.器質性

内分泌系要因非内分泌的要因
血清テストステロン濃度の低下血管新生:血液供給に影響を与え、動脈が詰まること。例:高血圧症、高血圧、喫煙
ホルモンバランスの乱れ、性機能、生殖、睡眠、気分、怒り神経因性:神経関連の異常例:脊髄損傷、多発性硬化症、パーキンソン病、腰椎椎間板症、外傷性脳損傷など
代謝障害、コントロール不良の糖尿病医原性疾患:骨盤骨折に対する内科的または外科的治療、骨盤手術など
組織障害腎臓疾患、前立腺肥大症、尿路感染症

2.非器質性

心因性要因交絡因子
アドレナリンを介したEDアルコール消費量
不安感の高まり(ストレス、うつ、不安が合わさった状態)歯周病、口腔の健康
パフォーマンス恐怖症によるセックスの回避、性欲の欠如、自尊心の喪失、生活の質の悪化ED治療薬、抗潰瘍剤、アヘン剤、高血圧症治療薬、三環系抗うつ剤、選択的セロトニン再取り込み阻害剤、ベンゾジアゼピン系薬剤など
精神症状、人格障害、社会不安障害、統合失調症など高脂血症の原因となる運動不足

上記の2つの表から読み取れるのは、EDは複数の要因によって引き起こされる多因子性疾患だという事です。多因子性疾患とは、器質的な要因、非器質的な要因、生活習慣に起因する要因が複合的に絡み合って発症する疾患のことです。

2016年のED研究から得られたその他の重要な点:3:

  • 軽度の前立腺肥大症(BPH)と前立腺肥大症を患う男性において、EDと下部尿路症状(LUTS)の強い相関関係が確認された。
  • 勃起不全は心血管疾患に先立って発症するため、主要な心血管疾患を早期に特定するための指標とする事ができる。
  • 喫煙はEDに直接影響を与えるため、タバコ依存症はEDの発症リスクを高める。

2017年の研究から得られた主なポイント:((Singh VP, Nettemu SK, Nettem S, Hosadurga R, Nayak SU. Oral Health and Erectile Dysfunction. J Hum Reprod Sci. 2017;10(3):162-166. doi:10.4103/jhrs.JHRS_87_17)):

  • 血管疾患は最もよく見られるEDの発症原因であるが、そのメカニズムはまだ不明である。
  • 慢性歯周炎(CP)とEDには共通の危険因子があり、それによって内皮機能障害を引き起こすため、この両疾患の関連性が示唆されている。軽度から重度のEDの男性の慢性歯周炎の罹患率が高いのはそのためである。

(慢性歯周炎は、歯周組織の慢性的な炎症と歯垢の蓄積を引き起こす口腔疾患です。)

さらに、ある研究ではスポーツや事故などによる陰茎の損傷、自己免疫疾患、ペロニー病、過去の病歴や家族歴などが原因でEDを発症する可能性がある事が指摘されています。両疾患は、性機能障害や性交痛などを引き起こし、性生活に悪影響を及ぼします。

Treatment for ED

EDを治療するには?

EDを治療する方法はいくつかあります。出来るだけ早いうちに医療専門医のアドバイスを受ける事で、性生活やその他の健康状態を改善することが出来るでしょう。

2014年の研究によると、EDの言及がある記録は紀元前2000年までさかのぼります。5

また、2016年の研究では、15世紀以降、この疾患の治療法への関心は持続していったと報告されています。3

したがって、現代のEDの先進的な治療法は、こうした古くからの治療法に対する探究の流れを汲んだものだと言えます。

勃起不全治療として、実際に行われている現在の治療法の一部をまとめました。

  • 経口処方薬
  • 陰茎埋込型デバイス
  • 手術(動脈再建)
  • 注射薬と座薬
  • 代替医薬品、栄養補助食品、植物・ハーブ由来の植物性医薬品

経口処方薬:

シルデナフィル、タダラフィル、バルデナフィルなどの経口薬は、PDE5阻害剤で、陰茎の組織を弛緩させたり性的に興奮させる作用があるため、性行為のパフォーマンスを向上させたり、セックスを長続きさせる効果が期待できます。ホスホジエステラーゼ5(PDE5)は、血管を弛緩させることで陰茎への血流を増加させる働きがあります。

2013年の研究によると、このPDE5と呼ばれる酵素はペニスやクリトリス、血管平滑筋、膀胱、前立腺の筋肉、血小板などに広く分布している事がわかっています。6

この研究によると、ED患者を治療する際には、全面的にケアの行き届いた治療を行う必要があります。特に、彼らの他の健康問題、病歴、心理状態などの情報を知った上でのこまめなサポートが求められるのです。なぜこういったこまめな対応が必要かというと、これらの処方薬には、天然のサプリなどにはない、深刻な副作用があるからです。

例えば、2005年に行われた研究では、処方薬のシルデナフィルは冠状動脈性心臓病の男性には安全とされているものの、硝酸塩と併用した場合副作用が起こるため危険であると報告されています。7また、その他の副作用には頭痛、ほてり、消化不良などがあります。

植込み型除細動器またはプロテーゼ:

植込み型除細動器またはプロテーゼは、通常は1個から3個からなる物理的なデバイスです。

このデバイスは、外科手術によって陰茎内に埋め込まれます。手術から回復した後、このデバイスの助けを借りて勃起をコントロールする事ができます。

陰茎を勃起させるために真空勃起装置のような外部デバイスを使用するケースもあります。この場合、陰茎に血液を送り込むために、プラスチック製の円筒形の真空管に陰茎を挿入します。陰茎の根元には、血液が体内に逆流してしまうのを防ぐための輪ゴムを装着します。

動脈再建:

勃起の生理学的プロセスは脳、神経、そして血管系が深く関与しています。まず、脳が覚醒を指示する信号を陰茎神経に送り、その信号が脊髄と陰茎に伝達されて勃起が起こります。陰茎内の2つの勃起のための空間(海綿体)に神経インパルスが到達すると、陰茎組織が弛緩し、空間内の血管が血液で満たされます。すると陰茎は血液を閉じ込めて大きく膨らみ、硬くなります。

動脈手術は、陰茎海綿体の閉塞を改善し、より良い血流を作り出すことにより勃起機能を正常にするための治療法です。

2013年の研究では、適切な手術方法で慎重に対処すれば、陰茎血管を再建する手術は近い将来効果的な治療法の一つになり得ると報告しています。8

注射薬と坐薬:

注射薬は、経口薬とは違い、自動的な勃起を誘発します。

アルプロスタジルの様な医薬品は、陰茎に注射したり、尿道坐薬として使用するなど応用が利きます。

坐薬は、特定の薬を肛門や膣から投与するのに特化した薬剤で、一般的には円錐形や楕円形の形をしています。

ED治療における新たな進歩

2014年に行われた研究では、外部陰茎サポート装置、バイブレーター、9低強度体外衝撃波、インパルス磁場療法、組織工学、ナノテクノロジー、血管内治療、新しい陰茎インプラントなどの、ED治療の最新の技術進歩について詳しく説明されています。

代替医療:

昨今では、より多くの人が、代替医療や統合医療などの西洋医学にとらわれないヘルスケアのアプローチに関心を寄せています。

代替医療には、ハーブ製品、栄養補助食品、サプリメント、プロバイオティクスなどがあり、錠剤、粉末、シロップ、カプセル、お茶、エキスなど様々な形態で販売されています。補完代替医療の世界市場規模は、2020年に827億7,000万ドルとなり、さらに2021年から2028年にかけては、年平均成長率(CAGR)22.03%で拡大していくと予測されています。

最近行われた研究では、アメリカ食品医薬品局(FDA)は、研究の拡大、企業スチュワードシッププログラム、厳格な有害事象報告システムに支えられて、CBDを含む製品をダイエタリーサプリメントとして表記する枠組みを検討していると報告しています。10

CBDは勃起不全の症状の治療に役立つ?

CBDとEDについては、どれだけ調べても明確な答えが見つからない場合があります。

これはひとえに、医療用カンナビスとその成分の薬理的な側面にフォーカスした研究がまだ十分に行われていない事が原因です。

ヘンプペディアは、現在わかっているカンナビス・サティバの非精神活性化合物であるカンナビジオール(CBD)の様々な治療的側面を、いくつかの記事にまとめました。さらに、他のカンナビノイド(CBG、酸性型、THCA、THC、CBDA)や、精神、神経、痛み、炎症などの症状管理に役立つ潜在的な効果についても説明してきました。

そこで、それらの点と点を結びつけて、EDに悩む男性の生活向上のためにカンナビノイドがどういった役割を持つのかを探っていきましょう。

本稿では、EDにつながる内分泌性、非内分泌性、精神的な症状について、またこの疾患の複合的な要因について触れてきました。

2018年の研究では、内因性カンナビノイドが、食物摂取量や体内のエネルギー恒常性を調節し、下垂体、副腎皮質、甲状腺、膵臓、生殖腺の活動などの内分泌系にポジティブな影響を与える事が確認されました。11この発見は、エンドカンナビノイドシステム(ECS)と内分泌系に相互関係がある事を示すものであり、いくつかのカンナビノイド化合物が不妊症、肥満、糖尿病、心血管疾患の予防に役立つ可能性を示唆しています。

それでは今一度、EDの神経因性の原因について振り返っていきましょう。

神経因性、神経関連の異常例:脊髄損傷、多発性硬化症、パーキンソン病、腰椎椎間板症、外傷性脳損傷など。
神経障害が原因で起こるED
  • 当サイトの記事「多発性硬化症のためのCBD」では、多発性硬化症患者がCBDを使用することで、症状が軽減したり生活の質が向上するという数々の利点について説明しました。

学術雑誌「Neurobiology of Disease」に掲載された2013年の研究では、12この研究では、多発性硬化症のマウスモデルにおいて、カンナビジオール(CBD)が炎症の有害な影響から長期にわたって保護作用を持つ事が明らかになりました。

  • CBDは、パーキンソン病患者が運動障害を引き起こす原因となるGPR6受容体をブロックする事がわかっています。また別の研究では、精神疾患がないパーキンソン患者の生活の質を向上させるというポジティブ結果が報告されています。
  • 当サイトの記事「スポーツのためのCBD」では、怪我をするリスクが高いスポーツのプロ選手によるカンナビスとCBDの使用について分析した研究結果を紹介しています。この記事では特に、外傷性脳損傷、脳震盪、疼痛管理のための炎症性細胞の活性化の減少、気分の改善におけるCBDの役割などについて深掘りしています。
  • CBDは、海馬の成長を促して新しいニューロンの産生を誘発します。神経細胞の産生は、不安障害やうつ病の症状改善に大いに役立ちます。そしてカンナビスとその含有成分は、患者の脳の傍辺縁領域と大脳辺縁領域を活性化させるため、うつ状態(慢性的なストレス要因で起こる)を改善し、気分を安定させます。また、CBDはセロトニンの分泌量を調整するため、睡眠の質を高めます。
  • 前立腺肥大症(BPH)のためのCBD:BPHは、前立腺が肥大した状態のことを指しますが、その全てががんというわけではありません。前立腺が肥大化すると、排尿痛、臀部や骨盤部の痛み、尿や精液への血液混入、射精痛、頻尿などの症状が現れます。また、尿路感染症(UTI)、腎臓結石、テストステロンの分泌量の増加などもBPを引き起こす原因となる場合があります。

ここでいくつかの医学用語を紹介します。「テストステロン」とは、性欲やリビドー、骨や筋肉の量、脂肪、赤血球、精子の生成などを調整する男性ホルモンです。「テストステロン」とは、性欲やリビドー、骨や筋肉の量、脂肪、赤血球、精子の生成などを調整する男性ホルモンです。

このことから、テストステロンの産生を抑制するCBDの役割が注目されているのです。1979年に行われた研究では、極めて低濃度のカンナビノイドが、ライディッヒ細胞が持つタンパク質とテストステロンの合成機能に直接干渉し、その機能を阻害する可能性が示唆されました。

  • これまではCBD役割に絞って解説してきましたが、THCに関しても言及に値するポイントがいくつかあります。

まず、生殖には黄体形成ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(FSH)と呼ばれる2つのホルモンが不可欠です。これらのホルモンは、性腺刺激ホルモンと呼ばれる下垂体から分泌されます。

1984年の研究では、THCがこのLHとFSHのレベルを低下させ、結果として精巣のライディッヒ細胞によるテストステロンの産生が低下することが明らかになっています。13さらに、THCはプロラクチン、甲状腺機能、成長ホルモンを抑制する一方で、副腎皮質ステロイドを上昇させることもわかっています。

セックスには、肉体的な関係以上のつながりが求められます。性生活を健全に送るためには、心と体、両方の恒常性を向上させる事がとても重要なのです。

Cannabis CBD oil and dropper

勃起不全(ED)にCBDオイルを使用する方法

CBDのEDに対する治療効果については、まだ未解明な部分もありますが、CBDを使用する事で、少なくとも精神活性作用のあるTHCのようないわゆる「ハイ」な状態になる事はありません。しかし、CBDの鎮静効果やリラックス効果によって、気分が落ち着き、ストレスやパフォーマンス不安などを和らげ、さらにはリビドーを高める可能性もある事が示唆されています。

しかしながら、カンナビス由来のCBD製品(CBDオイル、カプセル、濃縮液、CBDエディブル、CBDローションなど)をEDの痛みや不快感の軽減に活かすことについて書かれた文献のほとんどが三次資料となっています。

CBDには様々な製品タイプがありますが、最も手軽に使用できるのはCBDオイルです。CBDオイルには、さまざまな濃度や効能の違う製品がありますが、EDの症状改善という目的で選ぶ場合は、前述した通りTHCの男性ホルモン機能に対する悪影響を避けるためにTHCフリーの高品質なCBD製品を購入するようにしてください。

  • 経口で摂取する場合の最適な方法は、舌下摂取です。
  • 数滴を舌の裏側に垂らし、オイルが吸収されるまで数秒待ちましょう。この方法であれば、初回通過効果を避けることができます。
  • 3~4週間は自分の体重に対する最小限の量を摂取し続け、その後1週間摂取をやめて休んだ後に、摂取を再開してください。この摂取方法をとる事で、自分の体がどのようにCBDに反応するのかを知る事ができます。

まとめ

  • 勃起不全(ED)は、世界で1億5,000万人以上の男性が罹患している事が研究調査でわかっています。
  • 勃起不全(ED)は、加齢によるものだけでなく、根本的な身体の不調によって起こる疾患でもあります。
  • 過度の飲酒、タバコ、カンナビスの喫煙はEDを引き起こす原因となる場合があります。
  • 勃起不全は、男性がもっと声を大にして泌尿器科医に相談し、自分の性の健康について話し合えば、治療可能です。
  • マサチューセッツ男性加齢研究(MMAS)によると、ED患者の男性の約90%が重度のうつ病を患っている事がわかっています。
  • 肥満、糖尿病、高血圧、心血管障害などの疾患はEDを引き起こす可能性があります。
  • 健康的で活動的なライフスタイルを送り、地中海食などを積極的に取り入れ、十分な睡眠をとることで、長期的に健康を維持する事ができます。
  • CBDオイルには心を落ち着かせるリラックス効果があるため、日常的に使用する事でストレスや不安から解放された生活を送る事がで切るでしょう。

参考文献

  1. Parmet S, Lynm C, Glass RM. Male Sexual Dysfunction. JAMA. 2004;291(24):3076. doi:10.1001/jama.291.24.3076 []
  2. Mobley DF, Khera M, Baum N. Recent advances in the treatment of erectile dysfunctionPostgraduate Medical Journal 2017;93:679-685 []
  3. Yafi FA, Jenkins L, Albersen M, et al. Erectile dysfunction Nat Rev Dis Primers. 2016;2:16003. Published 2016 Feb 4. doi:10.1038/nrdp.2016.3 [] [] []
  4. Kellesarian SV, Kellesarian TV, Ros Malignaggi V, et al. Association Between Periodontal Disease and Erectile Dysfunction: A Systematic ReviewAm J Mens Health. 2018;12(2):338-346. doi:10.1177/1557988316639050 []
  5. Stein MJ, Lin H, Wang R. New advances in erectile technology. Ther Adv Urol. 2014;6(1):15-24. doi:10.1177/1756287213505670 []
  6. Huang SA, Lie JD. Phosphodiesterase-5 (PDE5) Inhibitors In the Management of Erectile DysfunctionP T. 2013;38(7):407-419 []
  7. Doggrell SA. Comparison of clinical trials with sildenafil, vardenafil and tadalafil in erectile dysfunction. Expert Opin Pharmacother. 2005;6(1):75-84. doi:10.1517/14656566.6.1.75 []
  8. Molodysky E, Liu SP, Huang SJ, Hsu GL. Penile vascular surgery for treating erectile dysfunction: Current role and future direction. Arab J Urol. 2013;11(3):254-266. doi:10.1016/j.aju.2013.05.001 []
  9. Stein MJ, Lin H, Wang R. New advances in erectile technology. Ther Adv Urol. 2014;6(1):15-24. doi:10.1177/1756287213505670 []
  10. Walker LA, Koturbash I, Kingston R, ElSohly MA, Yates CR, Gurley BJ, Khan I. Cannabidiol (CBD) in Dietary Supplements: Perspectives on Science, Safety, and Potential Regulatory Approaches. J Diet Suppl. 2020;17(5):493-502. doi: 10.1080/19390211.2020.1777244. Epub 2020 Jun 16. PMID: 32543246 []
  11. Borowska M, Czarnywojtek A, Sawicka-Gutaj N, Woliński K, Płazińska MT, Mikołajczak P, Ruchała M. The effects of cannabinoids on the endocrine system. Endokrynol Pol. 2018;69(6):705-719. doi: 10.5603/EP.a2018.0072. PMID: 30618031 []
  12. Mecha, M., et al. „Cannabidiol provides long-lasting protection against the deleterious effects of inflammation in a viral model of multiple sclerosis: a role for A2A receptors.“ Neurobiology of disease 59 (2013): 141-150 []
  13. Harclerode J. Endocrine effects of marijuana in the male: preclinical studiesNIDA Res Monogr. 1984;44:46-64 []

Author

CBD Expert | View posts

With close to two decades of successful stint in the Media industry, I felt I was surely missing a piece in my life puzzle. I took a break and set out to seek the purpose of my life. I travelled, lived out of a suitcase, let things flow into life without resisting, and after five challenging years, I found my rhythm. I love to write about Cannabis and Health and try my best to simplify esoteric concepts into simple ideas for life.

フェイスブックでCBDユーザーと繋がろう!

ほかのCBDユーザーと体験談を共有したり、お話しませんか?CBDについて質問はありませんか?こちらのフェイスブックグループではユーザー同士が繋がり、情報交換できる場になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

twenty − three =