Shingles or herpes zoster
< 1

✓ Evidence Based


Rate post

Last updated on 19 May 2022

Introduction

水痘・帯状疱疹は、体に痛みを伴う湿疹が現れる疾患で、

米国疾病対策センター(CDC)によると、アメリカだけでも、毎年100万人が帯状疱疹を発症している事がわかっています

また、3人に1人がこの症状に悩まされているという統計もあり、とても一般的な疾患だという事がわかります。

帯状疱疹というと、皮膚の病気だと思う人は多いでしょう。確かに帯状疱疹を患うと、体のさまざまな部分に痛みを伴う赤い発疹ができますが、「腰痛のためのCBDオイル」という記事の中で触れた痛みの種類を参照すれば、実はそうではないという事がわかりますつまり、帯状疱疹は神経障害性疼痛の典型例であり、それによってヒリヒリとした痛みやかゆみを伴う痛み、刺すような痛みなどを引き起こしているという事です。

とはいえ、神経障害性疼痛の診断や治療は、複雑で困難を極める事は否定できません。そこで本稿では、この疾患に関して最もよく聞かれる質問に答えていく事で、よりシンプルに帯状疱疹という疾患を捉えてもらえる事を目的としています。

今だけ限定価格
で話題のCBDを!

Hemppedia読者限定のオファー!デンマーク発祥CBDブランドNordic Oilの商品をお得に購入できます!40%オフで買えるのはここだけ。

CBDオイル 15%
日本全国配送
100%植物由来のCBD
安全な決済方法

もちろん、CBDがこの疾患に対してどういった治療効果を持つのか、また帯状疱疹の痛みを抑える目的でCBDを使用する場合、どういった方法が最適なのかを探っていきたいと思います。

というのも、現時点での神経障害性疼痛に対する一般的な治療法では薬効以上に副作用が健康を蝕んでしまうため、一部の限られた患者さんに対してしか治療に役立てられない事が研究で明らかになっているからです。そのため、後遺症を残すような本末転倒な治療法ではなく、より安全で効果の高い治療法を模索する事が急務となっているのです。

現在、CBDオイルやCBDベースの製品は、慢性疼痛の改善を実際に体験した多くの患者さんから高い評価を得ています。

現在CBDに関心を持っている人や帯状疱疹を患っている人にとって、本稿の内容が治療や治療法の検討のための参考資料として活かされる事を願っています。それでは、早速詳しく見ていきましょう。

水痘・帯状疱疹とは

帯状疱疹は、皮膚に痛みを伴う発疹が起こるウイルス感染症です。

アメリカ国立神経疾患・脳卒中研究所(NIH)は、水痘とも呼ばれる帯状疱疹を、「水痘・帯状疱疹ウイルスへの感染による皮膚の発疹や水疱の発生」と定義しています。

ヘルペスは要警戒のサインですか?

ヘルペスという言葉を聞くと、確かにゾッとしてしまいますが、帯状疱疹の原因となるウィルスは単純ヘルペスウイルスとは異なります。単純ヘルペスウィルスは、性器ヘルペスや性感染症(STD)の原因となるものです。

帯状疱疹と単純ヘルペスは症状の現れ方こそ似ていますが、帯状疱疹ウイルスは体のさまざまな部分の皮膚に現れるという特徴があり、また水痘ウイルスも発症原因となります。

一方で、単純ヘルペスウイルスは口の中や性器に口唇ヘルペスや多発性の水疱ができるという特徴があります

そのため、ヘルペスと診断されたとしても、単純ヘルペスであれば帯状疱疹のような深刻性は低いと考えていいでしょう。

帯状疱疹と水疱瘡は同じものですか?

いいえ、この二つの疾患は違うものです。水疱瘡は感染症の初期の状態であり、帯状疱疹は水疱瘡が発症した後に現れる症状です。帯状疱疹は通常、数年後に再活性化します。いずれの場合も水痘・帯状疱疹ウィルスが原因となって起こります。

水疱瘡にかかったことのある人は帯状疱疹にかかりやすいと言われているのはそのためです。

例えば、水痘・帯状疱疹ウイルスに感染すると、まず水疱瘡を発症します。それから、二週間にわたって全身に激しい水疱が現れますが、症状が治まるとウィルスは、体内で休眠状態に入ります。そして、なんらかの理由でウイルスが数年後に再び活性化されると、体の一部分に帯状疱疹の発疹が現れるのです。

米国皮膚科学会(AAD)によると、水疱瘡が落ち着くと、水痘・帯状疱疹ウイルスは皮膚から神経に移動しますが、再び皮膚に移動する事で帯状疱疹が発生するとしています。

水疱瘡と帯状疱疹の症状は異なりますが、どちらも同じウイルスによる皮膚の感染症であるという事がわかりました。では、さらにこの疾患について掘り下げていきましょう。

帯状疱疹と単なるアレルギー性の皮膚発疹はどのように見分ければいいですか?

帯状疱疹は、皮膚アレルギーや湿疹、乾癬といった症状と間違われることがありますが、帯状疱疹特有の症状もあるため、それらを理解した上で自分の体に現れている症状を見ればどの帯状疱疹なのかどうかを見極める事ができるでしょう。

帯状疱疹の症状は以下の通りです。

  • 胴体の左右どちらかに現れる縞模様のような水疱
  • 体の片側の痛み、かゆみ、ピリピリした感覚
  • 水を含んだ水疱が集合として現れ、縞状に発生する赤色の水疱ができる
  • 顔や額、場合によっては目の周りに水疱ができる。目の周りにひどい発疹が起こった場合、視力に影響を及ぼす可能性があるため、必ず眼科医に相談してください。
  • 免疫力の低い人は、より広範囲に発疹が出る
  • 発熱、頭痛、倦怠感、触覚過敏、痛覚過敏、胃のむかつきなどの症状

人に伝染しますか?

帯状疱疹が人から人へ伝染する事はありません。一般的にウイルス感染症に感染した人は、他の人に感染しないように隔離されるなどして衛生管理を行うものですが、

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は帯状疱疹患者が発疹が出る前や発疹が消えた後にウイルスを拡散させることはないと発表しています。逆に、水疱瘡は伝染性があり、水疱瘡が発症している人が水痘・帯状疱疹ウイルスを他人に感染させるリスクはあるとしています。

この場合、水疱から出る液体に触れないようにすることが重要で、水疱瘡にかかったことのない人が触れてしまうと、水痘・帯状疱疹ウイルスに感染してしまうため、十分に注意してください。

帯状疱疹に関連した副症状はありますか?

  • 前項で触れた通り、帯状疱疹が目の中や周囲に現れた場合、視力低下などの深刻な後遺症を残してしまう可能性があると言われています。
  • ほとんどの場合2~4週間で症状が軽減しますが、場合によっては帯状疱疹の痛みが持続して悪化しまい、帯状疱疹後神経痛(PHN)と呼ばれる慢性的な痛みを伴う状態に陥ってしまう事があります。

また、この帯状疱疹後神経痛は、睡眠障害、慢性疲労、不安、重いうつ病などの症状がある高齢者に多いことが臨床研究で明らかになっています。

帯状疱疹はどのように治療すればいい?

  • 皮膚科を受診すると、重症期間を縮めるためにアシクロビル、バラシクロビル、ファムシクロビルなどの抗ウイルス薬が処方されます。体に帯状疱疹の症状が現れた場合は、速やかに病院に行って診断を受けることを強くお勧めします。
  • 従来の市販の鎮痛剤、処方薬
  • 家庭療法としては、冷湿布を貼る、カラミンローションを塗る、オートミール風呂に入る、滅菌包帯で患部を覆う、ゆったりとした服を着る、などがあります。これらの療法は、痛みに敏感になったり、痛みを伴う赤い発疹の一時的な緩和には一定の効果があると言われています。
  • 2018年に行われた研究によると、成人の慢性神経障害性疼痛に対するカンナビスを主原料とした医薬品の安全性と有効性が報告されました。帯状疱疹後神経痛や帯状疱疹は、前述の通り典型的な神経障害性疼痛をもたらす疾患ですので、カンナビス医薬品をこの疾患に対して使用した場合、プラセボと比較しても少なくとも50%以上の鎮痛作用をもたらすだという推論が成り立ちます。  ((Mücke M, Phillips T, Radbruch L, Petzke F, Häuser W. Cannabis-based medicines for chronic neuropathic pain in adults. Cochrane Database Syst Rev. 2018;3(3):CD012182. Published 2018 Mar 7. doi:10.1002/14651858.CD012182.pub2))

では、そのカンナビスの主成分であるCBDは従来の治療法よりも効果的に帯状疱疹を治療する薬になり得るのでしょうか?その答えを探っていきましょう。

帯状疱疹の疼痛管理におけるCBDの役割とは?

アメリカ食品医薬品局(FDA)がカンナビジオール(CBD)を小児及び成人のてんかん治療薬エピディオレックスを承認したことにより、カンナビスを原材料とする製品やCBDオイルの社会的認知が進んできました。

同様に、CBDやCBDを含んだ製品の抗炎症作用や免疫抑制作用についても盛んに研究されるようなりましたが、ウイルス感染症にCBDがもたらす治療効果や影響を調べた研究の中で、明確な治療効果を報告しているものは限られています。

エンドカンナビノイドシステムは、私たちの体の健康を司る極めて重要な役割を持っている機構で、生理学的プロセスを開始したり、気分、ストレス、免疫系、痛みの調節、神経系などの体の根幹を成す機能を監視するための無数の細胞受容体から構成されています。

米国国立薬物乱用研究所とストーニーブルック大学の共同研究では、エンドカンナビノイド・システムが痛みの軽減に不可欠な生理的なプロセスと関わりがある事がわかりました。

最近行われた研究では、ウイルス感染症に伴う症状へのCBDの使用は、前臨床研究においては治療の有効性を示したものの、臨床的な証拠が今のところ得られていないと結論付けられました。1

2020年の研究で発表された推論では、CBDが様々なタイプの免疫細胞の免疫抑制、活性化、制御を行っている事を裏付けるデータが得られたと報告されています。2

また、2010年の研究では従来の治療法では帯状疱疹後神経痛の灼熱感のある神経痛を軽減する事ができないと指摘されています。そのため、この臨床試験では塗り薬などの外用療法が、帯状疱疹後の慢性的な痛みがある状態における補助療法の一つとして効果的であり、忍容性も高いと結論づけています。その理由として、痛みを伝える神経線維は、エンドカンナビノイドシステムのカンナビノイド受容体を介して現れ、それが侵害受容性の症状を調節する働きがある事が挙げられています。3

まとめると、CBDにはエンドカンナビノイド受容体を介した鎮痛・疼痛管理を効果的に行う働きがあり、これは当サイトに掲載されている他の多くの記事でも触れられています。さらに炎症や免疫関連の細胞内に存在しているCB2受容体が炎症にどう反応するのかも既に明らかになっています。

帯状疱疹の痛み改善にCBDを使用する方法

CBDには、経口摂取したりCBDオイルを局所的に塗布したりすることで痛みを緩和する働きがある事が、既に事例証拠で実証されています。さらに、CBDオイルの使用は、人間および動物モデルにおける疼痛管理に大きな有効性と忍容性がある事も証明されています。そうは言っても、CBDを摂取する際には、摂取量に注意が必要です。CBDの効果を最大限に引き出すには、正しい量を摂取する事が鍵なのです。また、症状のが重く現れている場合や帯状疱疹が既に現れてしまっている場合は、直ちに医療機関に相談してアドバイスを求めるようにしましょう。

2017年に行われた研究では、CBDが盛んに補助療法として活用されているという事実が報告されており、これはCBDが他の薬剤と比べて副作用が極めて少ない事が理由だと考えられています。副作用に悩む心配がない事で、患者さんにとって気軽に試せる療法であると認識されている背景があるようです。4

以上のことから、CBDは外用薬として使用する事で局所的な患部に治療効果をもたらし、また経口摂取をすれば痛みの抑制や睡眠の改善を含むあらゆる体内バランスの調節を行う極めて有効な成分だという事ができます。

おすすめ記事:慢性疼痛のためのCBD

帯状疱疹にかかりやすい人はどのような人ですか?

  • 2008年を境に、高齢者の帯状疱疹発症率は上昇を続けています。これはつまり、50歳以上の人が発症するリスクが高い事を表しています。また、10歳以下の子供も発症しやすいと言われています。
  • 年齢が上がるにつれて発症率は上がり、60歳でピークを迎えます。
  • 免疫力が低下している人は感染しやすいと言われています。

帯状疱疹とリウマチ性疾患には関連性がありますか?CBDの役割は?

リウマチ性疾患とは、関節、腱、靭帯、骨、筋肉に影響を及ぼす疾患の総称で、関節炎は、関節に影響を与える疾患です。

リウマチ性疾患と帯状疱疹に共通する症状は、慢性的な痛みです。

2014年の研究では、帯状疱疹の発症頻度が、関節リウマチ患者の間で増加していることが記録されています。そして興味深いことに、関節リウマチの重症度と帯状疱疹には相関関係が認められています。((Veetil BM, Myasoedova E, Matteson EL, Gabriel SE, Green AB, Crowson CS. Incidence and time trends of herpes zoster in rheumatoid arthritis: a population-based cohort study. Arthritis Care Res (Hoboken). 2013;65(6):854-861. doi:10.1002/acr.21928)

2020年の研究では、カンナビノイドには炎症をコントロールする性質があり、慢性疼痛やリウマチ性疾患などの諸症状に対して治療効果があると結論づけています。5

これまで紹介した臨床研究やインターネット上で得られた情報を総合的に評価すると、CBDに代表されるカンナビノイドには、痛みや疼痛管理に役立つ働きがあるという事が明確になりました。しかしながら、諸々のCBD製品やCBDオイルが帯状疱疹に治療薬として作用するのかどうかは、更なる研究によって実証されていくのを待つ必要があるでしょう。

帯状疱疹の予防

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)では、組換え帯状疱疹ワクチンのシングリックスとゾスタバックスを2ヶ月〜6ヶ月の間に2回接種することを推奨しています。

ある研究によると、帯状疱疹ウイルス感染症に対する治療法は現時点ではなく、これらの推奨または義務化されているワクチンはあくまでも予防としてであり、帯状疱疹や帯状疱疹後神経痛を根本から治療するものではないとしています。

現在推奨されているワクチンの正当な見直しの必要性を強調した2020年の研究は注目に値します。なぜなら、帯状疱疹の発症率はこうしたワクチンが使用されているにもかかわらず増加し続けているからです.  ((Thompson RR, Kong CL, Porco TC, Kim E, Ebert CD, Acharya NR. Herpes Zoster and Post-Herpetic Neuralgia: Changing Incidence Rates from 1994 to 2018 in the United States[published online ahead of print, 2020 Aug 23]. Clin Infect Dis. 2020;ciaa1185. doi:10.1093/cid/ciaa1185))

帯状疱疹をはじめとする多くの疾患に悩まされている人々やカンナビスを支持する人々は、臨床研究がより進むことによってCBDオイル、CBDクリーム、CBDティンクチャー、CBDベイプ、CBDカプセル、CBDエディブルなど、極めて多様な病気や症状に対するCBD製品の有効性が一刻も早く証明される事を望んでいます。

将来この疾患に対してどのような対策を講じるべきかを調べた研究はありますか?

2010年の研究では、帯状疱疹を患う高齢者の数が増加していることやそれに伴う経済的な負担が増大している事で、早急な治療法の改善が求められていると指摘されています。

参考文献

  1. Alex Mabou Tagne, Barbara Pacchetti, Mikael Sodergren, Marco Cosentino, and Franca Marino.Cannabis and Cannabinoid Research.Jun 2020.121-131.http://doi.org/10.1089/can.2019.0060 []
  2. Nichols JM, Kaplan BLF. Immune Responses Regulated by Cannabidiol. Cannabis Cannabinoid Res. 2020;5(1):12-31. Published 2020 Feb 27. doi:10.1089/can.2018.0073 []
  3. Phan NQ, Siepmann D, Gralow I, Ständer S. Adjuvant topical therapy with a cannabinoid receptor agonist in facial postherpetic neuralgia. J Dtsch Dermatol Ges. 2010;8(2):88-91. doi:10.1111/j.1610-0387.2009.07213.x []
  4. Iffland K, Grotenhermen F. An Update on Safety and Side Effects of Cannabidiol: A Review of Clinical Data and Relevant Animal Studies.Cannabis Cannabinoid Res. 2017;2(1):139-154. Published 2017 Jun 1. doi:10.1089/can.2016.0034 []
  5. Gonen T, Amital H. Cannabis and Cannabinoids in the Treatment of Rheumatic Diseases. Rambam Maimonides Med J. 2020;11(1):e0007. Published 2020 Jan 30. doi:10.5041/RMMJ.10389 []

Author

CBD Expert | View posts

With close to two decades of successful stint in the Media industry, I felt I was surely missing a piece in my life puzzle. I took a break and set out to seek the purpose of my life. I travelled, lived out of a suitcase, let things flow into life without resisting, and after five challenging years, I found my rhythm. I love to write about Cannabis and Health and try my best to simplify esoteric concepts into simple ideas for life.

フェイスブックでCBDユーザーと繋がろう!

ほかのCBDユーザーと体験談を共有したり、お話しませんか?CBDについて質問はありませんか?こちらのフェイスブックグループではユーザー同士が繋がり、情報交換できる場になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

twelve − 7 =