CBD for muscle spasms

筋痙攣の改善のためのCBD

Muscle spasm, a debilitating pain could affect anyone. It could be a sports injury or sometimes a symptom of neurological condition. Traditional medications are ineffective and come with dangerous side effects. People are eager to try medicinal cannabis therapies for relief from pain and stress. Learn more.

Read More
CBD for back pain

腰痛のためのCBD

Rate post はじめに 痛みは、誰にとっても悩ましい問題です。中でも腰痛は男性、女性、そして時には子供にも現れる非常によく見られる健康問題で、職業、肥満、ライフスタイル、ストレスなど、さまざまな原因によって発症すると言われています。 本稿では、CBDを腰痛改善に使用することについて、いくつかの洞察を読者の皆様と共有する事を目的としています。CBDが持つ抗炎症作用や鎮痛作用はよく知られている事ですが、こうした効果は疼痛管理に使用出来るほど持続的なものなのでしょうか?それとも、単に短期的な効果で終わってしまうのでしょうか?これらの疑問の答えを知るには、まずは痛みの性質や種類を深く理解する必要があるので、次の章では痛みについての基礎知識をわかりやすくまとめました。 痛みの種類を知る 患者自身が痛みについて知識を身につける事はとても大事です。なぜなら、自分が感じている痛みを言葉で表現出来なければ、自分の症状が医師に正確に伝わらず、適切な治療を受けられないかもしれないからです。 ある研究では、男性と女性では痛みの感じ方が異なるという結果が報告されています。1 また、腰痛は様々なパターンで現れるため、痛みの原因となっている部位以外の場所にも不快感を及ぼし、日常生活に大きな支障をきたすと言われています。 では、主にどういった種類の痛みが現れるのでしょうか。 腰痛について調べた研究では、痛みには大きく分けて4つの種類があると説明しています。2 侵害受容性疼痛: 侵害受容性疼痛は、最も一般的な痛みのタイプで、ほとんどの人が何らかの形でこの痛みを経験しています。足の小指をぶつけたとき、鋭い痛みが体を走ります。また、熱いものや冷たいものに誤って触れたとき、体が反射的に動いてしまいます。 このような炎症、化学物質との接触、または物理的な出来事が、侵害受容線維が活動するきっかけとなります。私たちの体には、侵害受容器と呼ばれる特定の状況に反応する特殊な神経細胞が備わっています。侵害受容性の痛みは、この細胞による保護機能が働いた事によって生じる痛みなのです。 炎症性疼痛: このタイプでは、身体の免疫系が不適切に働いてしまう事で異常な炎症が起こり、それによって痛みが現れます。 炎症性疼痛は、事故による怪我、関節炎の痛み、術後の痛みなどの 炎症や組織の損傷に反応して自発的に発生する、いわば痛みの過敏症です。 機能性疼痛: 機能性疼痛は、認識できる理由がないために生じる痛みに対する過敏症です。 ある研究では、機能性疼痛の定義は広いとされていますが、3 一般的には特定の理由なしに症状や障害を経験すると、この種の痛みが感じると言われています。この痛みは、線維筋痛症や過敏性腸症候群などの痛みの原因を 特定する際に混乱を生む要因となる場合があります。 神経障害性疼痛: ピリピリとした痛みやしびれ、灼熱感や電撃痛などの痛みを神経障害性疼痛と呼びます。 原因は多岐にわたり、神経系の機能障害によって引き起こされる場合もあれば、末梢神経、脊髄、脳からこの痛みの原因が発生している場合もあります。さらには、神経障害は複数の神経を巻き込んで起こるため、神経障害性疼痛の原因を完全に特定する事は困難だと言われています。このタイプの痛みに関連した疾患は数百にも上る事がいくつかの研究で報告されています。また、神経障害性疼痛の内の約30%は、糖尿病によって引き起こされている事も明らかになっています。 神経障害性疼痛を引き起こす原因として現在わかっているものは、神経への刺激、アルコール依存症、帯状疱疹、放射線治療、化学療法に用いられる医薬品、糖尿病、脊髄神経の圧迫、根治性疼痛、三叉神経痛などです。 腰痛を正しく理解する 腰痛は、その一般的な響きから軽く見られがちですが、実は極めて診断と治療が困難な複雑性の高い症状だと言われています。そのため、全章では腰痛について少しでも多くの事を知っていただけるように、出来るだけ簡潔に痛みのタイプについて説明してきました。 本稿で引用した文献によると、腰痛は主に神経障害性疼痛から分岐しており、さらにそこからより多様な痛みに分岐していくという痛みのタイプの系譜を作る事ができます。また、侵害受容性疼痛、機能性疼痛、神経因性疼痛の組み合わせという認識で捉えるべき種類の痛みも存在します。これらの痛みに対する治療アプローチは、それぞれ異なってきます。 こちらの脊椎の健康に関する報告書では、腰痛は一般的に3つに分類できると述べられています。その3つに分類される痛みは以下の通りです。 軸性疼痛: ある研究では、軸性腰痛を侵害受容性疼痛と神経因性疼痛の両方を伴う症候群であると説明しています。4腰痛を患う1083人を対象に行った横断的調査では、37%が神経障害性疼痛の傾向がある事が明らかになりました。このことから、軸性疼痛はほとんどの場合において腰痛と関連しているという事が言えます。 関連痛 2016年に発表された研究では、関連痛は筋肉、椎間関節、骨膜などの組織が傷ついたり、刺激を受けたりすることで起こる疼痛であると説明されています。5 関連痛には、左肩や腕の心臓の痛み、右肩の痛み、胆嚢の痛み、背中の痛み、上腕に広がる首や肩の痛み、筋肉、関節、靭帯、腱の痛みなどが挙げられます。 2011年の研究では、関連痛は肩の領域と上肢に広がるなど、痛みの原因から6離れた部位で感じられる事が多いという事が明らかになっています。 これは、痛みの発生箇所が深部にある事でその影響が拡散するためで、痛みを感じている箇所では物理的な現象として現れないのです。そのため、痛みの正確な位置を特定することが難しく、診断や治療が複雑になってしまいます。 神経根性疼痛: 2020年に行われた研究では、神経根性疼痛は「複数の神経根に影響を及ぼす拡散性の疾患プロセス」と定義されています。7この疼痛は、痛みだけでなく感覚の喪失も起るため、日常生活に支障をきたす危険な症状です。もちろん、痛みの度合いや症状の現れ方は病状の程度によって変わります。 神経根性疼痛で最も一般的な症状は異常感覚です。この症状は、中枢神経系に影響を及ぼす外傷性神経損傷が起こった事を示すサインとして現れ、場合によっては、背中の痛みが足に放散します。 この疼痛の主な原因は、椎間板ヘルニアによる神経根の圧迫です。 これまでの情報をまとめると、ほとんどの場合、腰痛は一般的に神経性の痛みに関連している事がわかりました。また、特殊な例として侵害受容性疼痛と神経障害性疼痛が組み合わさった複合性局所疼痛症候群である場合もある事がわかりました。 腰痛の原因 2013年に行われた研究では、腰痛は生物学的、心理学的、社会的な要因が複雑に関連しあって発症する事が明らかになりました。8 理論的では説明できても、実際に腰痛を患うと非常に対処が難しい症状だという事を実感します。腰を含めた背部は、背骨を支える大きな筋肉、足に届く脊髄神経、脊椎をつなぐ椎間関節、椎間板など、非常に複雑な解剖学的構造を持っています。 このような複雑な構造を機能させながら私たちは日々の様々な活動を行っているのです。腰痛の一般的な原因と症状は以下の通りです。 急性の腰痛:慌ただしい生活、悪い姿勢、長時間座ったままの仕事、体を捻る動作、運転のしすぎ、過剰な運動、サイズの合わない靴による筋肉や靭帯の緊張 関節炎や骨粗鬆症といった変性疾患 組織や靭帯の炎症を引き起こす変形性関節症 椎間板の骨折 喫煙による咳の増加による椎間板への負担 アメリカ国立衛生研究所(NIH)の研究によると、その他の一般的な腰痛の原因としては、以下のようなものも考えられます。 年齢 体重 […]

Read More
CBD for cancer

がんのためのCBD【2021年5月更新】

Rate post がんは、何千年もの間私たち人類を苦しめてきた最も深刻な病気の一つですが、近年では数々の研究が行われるようになったことで、その治療方法は大きく進歩しました。そうした流れの中で、CBDもがん治療に活かされるようになってきました。 CBDによるがん治療 カンナビスから抽出されたカンナビジオール(CBD)と呼ばれる化合物は、がんや腫瘍の治癒に大きな役割を果たすという事がわかっています。CBDの原料であるカンナビスは、中国の伝統医学、ギリシャ伝承における医学、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダなど、様々な国や地域で何世紀にもわたって利用された歴史を持ち、医療の世界で確固たる地位を築いています。現代では、カンナビスはCBDオイルという形で私たちの健康に役立てられています。CBDオイルは、エンドカンナビノイドシステムとの相互作用することにより、体内のあらゆる面でのバランスを調節して健康維持をサポートします。 CBDとエンドカンナビノイド受容体との相互作用 エンドカンナビノイドシステムは、カンナビノイド1(CB1)とカンナビノイド2(CB2)という2つの主要な受容体で構成されています。ある研究によれば、CB1受容体は脳だけでなく中枢神経系にも存在しており、CB2受容体は、主に脾臓や免疫系に存在している事がわかっています。1 これらのカンナビノイド受容体は、カンナビノイドの種類に応じて個別の反応を示します。例えば、特にCB1への親和性が高いTHCは、この2つの受容体に対してアゴニストとして作用するため、両方のカンナビノイド受容体と結合して活性化します。 一方、CBDはカンナビノイドのアゴニストと直接結合はしませんが、間接的に作用します。そのため、CBDはカンナビノイドの中に不完全な形jで入り込み、THCや他の化合物がカンナビノイドと結合するのを阻害します。 他にもCBDには、5-HT1A受容体、バニロイド受容体TRPV1、セロトニンなどのいくつかの受容体と相互作用するという重要な役割もあります。2注目すべき点は、これらの受容体がイオンチャネルとして入ってくるという事です。このような作用機序があるCBDは、身体のホメオスタシスの正常化や体内の環境変化への対応など、私たちの体の様々な機能をサポートします。 CBDは特定のがんを治療する CBDは、肺がん、白血病、皮膚がん、腫瘍をはじめとするさまざまなタイプのがんの治療に有効であるという事が証明されています。また、CBDは、がん関連の多くの症状の広がりを抑制する効果がある事がわかっています。 化学療法を受けている中でのCBDの使用 2013年に学術雑誌『Carcinogenesis』に掲載された論文には、CBDが成人に最も多い悪性脳腫瘍である膠芽腫に対する化学療法の効果を高めるという研究結果が示されています。3その内容によると、CBDはTRPV2の活性を高め、神経膠腫細胞が化学療法に使われる医薬品を吸収する能力を向上させるのです。一方で、体内の正常なアストロサイトに対しては影響を及ぼさないこともわかりました。 また、その一年後に学術雑誌『British Journal of Pharmacology』に掲載された別の研究では、CBDは神経系の機能を阻害したり化学療法を低下させることなく神経障害性疼痛を軽減させる事ができると結論づけられています。4 冒頭で触れた通り、がん治療におけるCBDオイルの最も大きな役割の一つとして、化学療法の副作用を軽減する効果が挙げられます。CBDは、吐き気、慢性疼痛、嘔吐などの化学療法の副作用を最小限に抑える事がわかっており、FDA(米国食品医薬品局)が承認した合成カンナビノイドが配合されている医薬品は、すでに臨床現場で治療に役立てられています。 一般的に、ドロナビノールやナビロンなどの経口投与される合成カンナビノイドは、ドーパミン受容体の拮抗剤に対して優位性を示しているため、5 and nabilone6CINV(悪心や嘔吐などのがん治療における副作用)の予防には最適だとされています。 がんを患った犬やその他のペットのためのCBD CBDは、私たち人間のがんだけでなく、ペットにおけるがんにも効果があるという研究結果があります。7 犬はさまざまな種類のがんを患うと言われており、最も一般的な皮膚がんでメスにおいては乳腺がんや頭頸部がんなどが多くみられます。また、口腔がんもかなり頻繁にみられるがんで、このタイプにはより早い対応が求められます。 本稿ではいくつかの研究を引用していますが、その多くがCBDががん細胞の成長を食い止める可能性を示唆しています。このトピックを題材としている研究のほとんどは予備的なものですが、いずれも興味深い結果を示しています。それらの研究結果を総合すると、CBDをはじめとするカンナビスやヘンプの抽出成分には、家畜動物やペットのがんに対して治療効果を持っているという事が言えます。 がんを患ったペットも、私たち人間と同じように化学療法の深刻な副作用に悩まされています。CBDは、ペットにも人間同様に起こる吐き気や嘔吐などの消化器系の副作用を抑制する働きがあります。これに加えて、食欲減退はがん治療でしばしば問題として挙げられますが、CBDは食欲増進作用もあるため、この点でもメリットがあります。8また、すでに知られている事ですが、CBDには炎症や痛みを和らげる作用があります。炎症性の痛みに苦しめられることの多いがん患者にとっては、この効果は非常に大きな助けとなるでしょう。9これについては、犬向けCBDオイルの記事で詳しく紹介していますので、是非ご一読ください。 CBD oil for dogs また、ある別の研究では、CBDを含むカンナビスの抽出成分は明確な抗腫瘍効果がある事が明らかになり、生物学的研究でがんを誘発するのに使われるアゾキシメタンに対しても同様に作用しました。さらに別の研究では、CBDが脳内の腫瘍の発生までも遅らせる作用がある事が明らかになっています。10 今から紹介する研究は、イタリアのカメリーノ大学の実験医学部の研究者達によって行われました。この研究では、CBDががん細胞の増殖を遅らせるだけでなく、すでに存在しているがん細胞を弱らせる事が明らかになりました。これにより、化学療法で使用されている薬の効果ががん細胞の増殖を上回る事に成功したのです。このCBDの作用については、膀胱がん、白血病、リンパ腫などの別のがんを対象とした研究でも同様の結果が確認されました。犬にCBDを使用することに関する詳細は、「CBDオイルはがんを患った犬にも効果がある?」という質問を取り上げたこちらのビデオをご覧ください。また、ペットのためのCBDに関する記事もぜひご覧ください。 まとめ CBDオイルをがん治療に活かすための研究は数多くあり、先見の明のあった研究者達は既に1975年にはがん治療のための可能な薬剤として、カンナビスを調査し始めていました。当時はまだ法的規制が厳しかったにもかかわらず、研究者達はカンナビスががん患者に治療効果をもたらすいくつかの証拠を発見しました。CBDを語る上で欠かせない特徴として、向精神作用を引き起こさない事が挙げられます。これが、CBDはヘンプに含まれるその他のカンナビノイド化合物とは大きく異なる扱いを受けている理由です。 ある研究結果によると、CBDはがん治療のいくつかのプロセスをサポートする事がわかっています。CBDは、健康な細胞に影響を与えずにがん細胞の細胞死(アポトーシス)を誘発させたり、がん細胞の転移を防ぐ事が研究で明らかになっています。また、近年では抗血管新生作用の可能性も示唆されています。11この新しい血管の形成を防ぐ作用により、腫瘍の栄養状態を悪化させ、転移を阻害する事が期待されています。つまり、がんの浸潤性を抑えることができるのです。 一方で、テトラヒドロカンナビノール(THC)などのカンナビノイド、エンドカンナビノイド、合成アゴニスト、そしてエンドカンナビノイド輸送体には抗腫瘍作用が備わっています。カンナビノイドには、アポトーシス(アポトーシスとは、多細胞生物で起こる細胞死のプロセス)作用があることが明らかになっていますが、また、同様の研究で、カンナビノイドには抗増殖作用もある事がわかりました。つまり、がん細胞を死滅させるだけでなく、成長と拡散を遅らせる効果もあるという事になります。これらの複合的な効果が、細胞の移動、浸潤、接着を抑制してがんを縮小させていくのです。 しかし、他の研究によると、カンナビノイドによる治療には、いくつかの欠点もあるようです。例えば、アゴニストとして作用するカンナビノイドには向精神作用があるために、使用が制限されるという点です。一方でCBDは向精神作用を持たないカンナビノイドと似た構造を持っており、実際向精神作用をもたらすことはありません。 前臨床研究によると、CBDは化学療法などの治療法で生じる吐き気や嘔吐を抑えるのに有効であるとされていますが、過剰に摂取するなどして乱用すれば、カンナビノイド過敏症症候群のような他の合併症を引き起こす可能性があります。 Cannabinoid Hyperemesis syndrome. CBDは、グリオーマ細胞からの血管新生促進シグナルを制御することから、抗血管新生作用があることが示唆されています。12また、ある研究によると、カンナビノイドには極めて広範な抗がん作用がある可能性があると言われています。米国国立がん研究所の抗腫瘍作用に関する報告書では、カンナビノイドは、がん細胞の成長を抑制するのに役立つ事が示されています。 このように、CBDは様々な治療効果を兼ね備えているため、従来のがんの治療法と比べて優位性と安全性が高いと評価する事ができます。また、従来の治療法には多くの深刻な副作用を伴いますが、CBDを同時に使用することによって、そういった化学療法による吐き気や嘔吐などを軽減し、さらにはがん治療のプロセスを促進させる効果も期待できます。 CBDは、人間とそれ以外の動物どちらに対しても同様な治療効果をもたらし、皮膚がん、乳がん、膀胱がん、白血病、リンパ腫などのがんの治療に役立つ可能性を秘めています。カンナビスやその抽出成分であるCBDオイルによるがん治療は、まだ多くの研究余地がありますが、そうした研究に取り組む研究者の多くは、カンナビスやCBDが将来より盛んにがん治療などの形で医療に活かされていくと信じています。 CBD for Cancer – Customer Reviews* I’ve bought it twice […]

Read More
cbd for dogs

CBDは犬の健康に役立つ?

CBD oil for dogs can be used as an alternative medication for dogs that suffer from ailments such as seizures, anxiety, stress, arthritis, back pain, gastrointestinal issues or cancer symptoms among other diseases. Dr.Adam Christman, an award-winning veterinarian and a board member of the New Jersey Veterinary Medical Association in an interview stated that CBD oil can he effective when relieving dogs’ anxiety, cause by fireworks, for example.

Read More
cbd for endometriosis

子宮内膜症の痛みを抑えるCBD

まざまで、数多くの症状を緩和することができる汎用性の高さから、多くの消費者や研究者から高い評価を得ています。特に子宮内膜症のような、根本的な治療法や原因がはっきりと分かっていない疾患へのアプローチとして注目を集めています。

Read More
猫のためのCBD

猫のためのCBD:知っておくべきこと

4.7/5 – (3) CBDが人の不安やうつ、痛みなどを軽減したり、がん治療に役立つと結論づけた研究が数多くあるという話を、どこかで耳にした人は多いと思いますが、1 2 3 ペットの猫に対してもCBDオイルによる同等の治療効果が得られるということは、実はあまり知られていません。4 近年では、かつてのようなヘンプ製品に対する誤解や良くない印象が払拭されてきているため、猫用のCBDに関心を持つペットオーナーが年々増えています。そうした人たちがまず初めに調べるのは、CBDオイルがどういったメカニズムで猫の健康を改善し、より幸せな生活を支えてくれるのかということです。本稿では、猫向けのCBDオイルについて知っておくべき全情報を紹介いたします。 CBDが猫の健康を改善するメカニズム 猫の身体には、人と同様エンドカンナビノイドシステムが備わっています。これは、エンドカンナビノイドシステムに作用する化合物であるCBDが、猫にも作用する事を意味します。CBDの主な特徴として、日常的な気分や快適さを左右する慢性疾患の治療に役立つ事と、特定の症状を未然に防ぐ予防効果が挙げられます。つまり、CBDはすでに患っている疾患への治療と、病気予防の両方の側面で猫の健康をサポートしてくれるのです。猫にCBDを使用するメリットは、他にもたくさんあります。 痛みと腫れを軽減する 痛みや腫れは、脳内のバニロイドと呼ばれる受容体によって制御されており、人、猫、どちらの脳内にも、この受容体が存在します。CBDが痛みを和らげ、炎症を抑えることができるのは、CBDがこの受容体を主なターゲットとし、5 活性化しないように制御する働きがあるからです。 こうして無力化された受容体は、それ以上患部に痛みや腫れを引き起こす信号を送らなくなり、痛みと腫れが次第に収まっていくのです。 うつと不安を和らげる うつと不安感は、どちらも脳内のホルモンバランスが乱れる事によって起こるとされています。こうした症状に苦しむのは人間だけだと思われがちですが、実は猫も同様に、うつ状態に陥ったり不安を感じたりすることがわかっています。6 人間と猫どちらにも備わっているエンドカンナビノイドシステム(ECS)は、睡眠、食欲、気分を調節する働きを持っています。そのため、このシステムを正常化してくれるCBDを使用することで、猫のホルモンバランスが正常なレベルに戻り、うつ状態や不安感を和らげることができるのです。 また、CBDは猫の脳内にあるセロトニン受容体とアデノシン受容体を刺激し、7 長期的な幸福感をもたらしてくれることが期待できます。さらには、不安やうつだけでなく、恐怖心や不安定な気分を改善することにも役立ちます。 関連記事:ペット向けのCBD 例えば、あなたの猫ちゃんが車に乗るのを嫌がった時にCBDを使用すれば、恐怖心が和らいで安全に移動することができます。また、分離不安症、大きな音への過剰反応、来客への恐れなどを抱える猫ちゃんにも、大きな症状の改善が見込まれます。 猫の不安改善にCBDを使用しても大丈夫? CBDにはいわゆる「ハイ」な状態を引き起こす向精神作用がありません。そのため、安心してペットにお使いいただけます。猫の不安感は、感情的な理由、もしくは生物学的な理由から生まれる言われており、繊細な生き物として有名な猫は、この感情に悩まされがちな動物なのです。 前述した通り、猫も人間と同様にエンドカンナビノイドシステムを持っているため、気分、痛み、炎症、不安、睡眠サイクル、そして全体的な免疫力などを調整するエンドカンナビノイドシステムの機能を増進するCBDオイルは、猫にとっても有益だといえるでしょう。 2016年に行われた研究では、CBDに含まれるカンナビノイドが様々な薬効を持っていると結論づけ、獣医学におけるカンナビノイドの使用への期待が高まりました。このことは、実験室の中だけではなく、実際にペットの動物を対象とした様々なテストでも実証されています。 人向けのCBDと猫向けのCBDはどう違う? 猫用のCBDといっても、実は人用に作られたCBDオイルのパッケージを変えただけじゃないの?と思う人がいるかもしれません。確かに、そうしたことをしているブランドがないとも言い切れません。 しかし、猫用のCBDには、以下の2つの点で成分に決定的な違いがあるため、これは考えにくいでしょう。 テルペンが除去されている 香料が添加されている 1998年にオクラホマ州立大学の動物臨床医学研究所が行った研究によると、一部のCBDオイルに含まれるテルペン類は猫にとって悪影響を及ぼし、場合によっては死に至るほどの強い毒性があることが報告されました。8 この問題に関する研究は現在も行われていますが、現時点では多くのブランドが安全のために、動物用CBD製品からテルペンを完全に除去するプロセスを取り入れています。 また、米国食品医薬品局は、誤って使用されないように人間用の食品や医薬品とペット向けの同様の製品のラベルをはっきりと区別できるような表示にするように厳格な基準を設けています。 CBDオイルには通常、猫が好む特殊な香料が添加されています。これによって、食欲が刺激され、自発的にCBD製品を口に入れてくれるようになります。とはいっても、使用されている香料はCBDの効果に影響を及ぼすものではありません。 人間用と猫用のCBDオイルは同じ原料から作られているため、前述した2点を除けば基本的には同じものです。現在、CBD製品を取り扱うCBDブランドは数多くありますが、標準的な二酸化炭素抽出法で製造された高品質なヒューマン・グレード(人向けと同等の品質を持った製品)のCBDオイルであれば、猫に対しても十分安全に使用できるでしょう。また、標準品質のCBDオイルであっても、基本的には汚染物質が含まれないように厳重な品質管理の下で製造されています。 CBDのベースとなる精油が出来上がると、人間の好みに合わせてテルペンや香料などの補完成分が加えられていきますが、こうした成分の中には、動物にはいい影響を及ぼさないものも含まれている可能性がありますので、まずはどういった成分が添加されているのかを成分表を見て確認しましょう。また、猫の体重によって摂取量も変わるので、動物に適切なCBD摂取量を調べる事も必須です。 米食品医薬品局の設けた基準では、人間向けとペット向けの製品それぞれに、適切な表記をすることが義務付けられており、ラベルには、内容量と数、1回分に含まれるCBDの量、THC含有量、成分表、製造日、有効期限が明確に記されていなければなりません。この表記を見て、キャリアオイルとテルペン以外の添加物が含まれていなければ、猫への使用は問題ないといえるでしょう。 ただ、同じ製品であっても、自分が使用するものとペットが使用するものは、別々に保管する必要があるでしょう。 猫向けのCBDには副作用がある? CBDオイルを猫に使用しても安全? 猫にCBDを与える前に、飼い主はCBDによって生じるリスクや副作用について十分に理解しておく必要があります。これまでに、CBDを猫に使用した事によって深刻が副作用が現れたという報告例はありませんが、CBDを与えた直後、鎮静効果が過度に作用したというケースはまれに見られるようです。 また、胃腸への影響も、こうした製品を使用した場合に起こりやすい副作用の一つです。通常、飼い主がこの異変に気づくのは、CBDを猫の食事に取り入れ出した直後です。こういった副作用を避けるためにも、出来る限り低用量から摂取を始めてください。 関連記事:CBDの副作用 CBDは猫の攻撃性を抑える 猫は、他の動物や他の猫、あるいは他の人に向けて攻撃性を剥き出しにすることがあります。猫の過度な攻撃性を抑えるためにCBDオイルを使用することを検討しているのであれば、攻撃性にはいくつかの段階があることを知っておく必要があります。多くの場合、猫の攻撃性は感情的な仕草、行動、ボディランゲージなどで表出し、甲状腺機能亢進症、てんかん、関節炎、その他の持病がこうした攻撃的な行動を引き起こす場合があると言われています。 猫向けのCBDオイルは、様々な症状による痛みやいら立ちを和らげてくれることが明らかになっており、9 10 さらには、高い鎮静作用と抗炎症作用によって、上記のような持病からくる猫の攻撃性を大幅に抑えることができるでしょう。11 12 腎臓病の猫のための猫用CBDオイル あなたの猫ちゃんが、腎臓病で無気力、嘔吐、食欲不振に陥ってしまっているのであれば、CBDオイルは、そうした症状を改善するの手助けになるかもしれません。ある研究によると、CBDは慢性的な神経障害性疼痛を軽減しながら腎臓病の治療を手助けことがわかっています。通常、猫の急性腎臓病は、早期に発見されれば治療可能と言われていますが、13 進行度によっては治療が困難になるため、適切な治療方法が変わってきます。残念な事に、CBDオイルは腎臓病を根本から治療することはできませんが、症状を軽減することは可能です。 がんの猫のためのCBDオイル あなたの愛猫ががんと診断されてしまい、それがつい最近のことであれば、CBDオイルで改善が見込めるかもしれません。CBDは、身体が腫瘍細胞の成長と拡散を食い止めるサポートをし、さらにがん細胞を直接破壊する力も持っているという、14 希望が持てる研究結果が複数発表されています。15 […]

Read More
緑内障のためのCBD

緑内障のためのCBD

5/5 – (1) 緑内障は、目の視神経にダメージを与える病気で、目の中の液体である房水が排水されずに溜まる事で起こります。これにより、目の中の圧力が高まり、視神経をいためてしまいます。 近年では、緑内障が幅広い世代で見られる傾向にありますが、特に60歳以上の高齢者が発症しやすいと言われています。緑内障が長く続くと、永久的に失明してしまったり、部分的な視力の低下を招くなどの深刻な後遺症を残すおそれがあるにもかかわらず 、初期には痛みなどの自覚症状を伴わないため、早期治療が難しいと言われています。そのため、こうした視力低下が起こる前に発見できるように、日頃からこまめに眼科を受診することが大切です。 緑内障の兆候と症状 多くの患者が経験する一般的な症状には、両目の視野狭窄、激しい目の痛み、目のかすみ、嘔吐や吐き気、目の充血、そして暗い場所での視力障害などがあります。 緑内障の原因 緑内障は、以下のような要因で発症します。 老齢 人種の違い(ヒスパニック系、東アジア系、アフリカ系アメリカ人は、白人よりも緑内障のリスクが高いとされています。 甲状腺機能低下症 糖尿病 目の疾患 怪我 目の手術 近視 エンドカンナビノイド・システムと緑内障 私たちは皆、体の中に炎症や神経保護に不可欠なエンドカンナビノイドシステムと呼ばれる調節機能を有しており、眼球においては、眼球組織に存在するカンナビノイド受容体CB1が、眼圧を正常にコントロールしています。このことから、多くの研究者は、CBDのようなカンナビノイド系の成分を持つ製品を使用することで、目の健康を保っているエンドカンナビノイドシステムの機能を助ける事で、眼圧が下がり網膜細胞も保護される事を期待しています。 CBDの緑内障への効果を調べた研究 現在、世界中でCBDと緑内障の関連性を調べるための臨床研究や実験が、数多く行われています。その結果、CBDやその他のカンナビス製品が緑内障の治療に役立つ事が徐々に明らかになってきました。 例えば、スコットランドにあるアバディーン大学の教授グループによる研究では、CBDなどのカンナビノイド化合物が緑内障の代表的な症状を大幅に和らげる事が実証されました。これは、カンナビノイドによって眼圧を下げることに成功し、神経保護作用が効果的に働いたことを意味します。1 また、1972年に行われた別の研究では、カンナビスを摂取する事で眼圧が30〜35%低下するという研究結果が報告されました。2 これらの研究は、カンナビノイドを含む製品の摂取によって緑内障の症状を緩和させる事ができる可能性を示唆しています。 1980年代初頭からは、CBDを緑内障治療に有効かを調べる研究が、米国とヨーロッパで盛んに行われるようになりました。3 それらの研究の多くは、CBG、CBD、内因性カンナビノイドなど、その他多くのカンナビノイド化合物を局所的に投与することで眼圧が下がるかどうかを調べるというものでした。その結果、多くのカンナビノイド化合物が効果的に眼圧を下げる働きを持っている事がわかりました。さらに重要な事実として、組織学的研究においてカンナビノイドによる眼圧低下に、CB1受容体が直接作用していた事が明らかになりました。 しかしながら、最新の研究ではカンナビノイドの一つであるCBDは、4 逆に眼圧を引き上げてしまうなど、緑内障の症状をむしろ悪化させる作用も持っているという結果が報告されています。 現在、多くの眼科医が、特に緑内障の中期・後期にある患者にCBD製品の使用を勧めています。CBDは、神経保護作用やカンナビノイドシステムの働きを助ける効果によって緑内障の治療に貢献する事は確かですが、上記の研究の通りメリットだけではないため、今後の研究でこうした不透明な部分が解明されていくことに期待したいものです。 おすすめの記事: 目薬タイプのCBD 参考文献 Tomida, I., Pertwee, R. and Azuara-Blanco, A. (2004). Cannabinoids and glaucoma. British Journal of Ophthalmology, 88(5), pp.708-713. [↩]Tomida, I., Azuara-Blanco, A., House, H., […]

Read More