ADDとADHDのためのCBD
< 1

✓ Evidence Based


5/5 - (1)
最終更新日 22 10月 2021

ADD & ADHDの概要

ADDとADHDは、不注意、落ち着きのなさ、忘れっぽさ、多動性などの症状を特徴とする症候群を指す言葉として使われています。ADD(Attention Deficit Disorder – 注意欠陥・多動性障害)は、不注意、記憶力の低下、注意力散漫などの症状があります。ADHD(Attention Deficit Hyperactive Disorder)とは、多動性、衝動性、過度の落ち着きのなさを意味します。

現在、医師は、注意欠陥を伴う症状の総称としてADHDを使用しており、さらにADHDを3つのサブタイプに細分化しています。不注意型、多動型、複合型の3つのサブタイプがあります。ADDはADHDの中でも不注意型に分類され、患者は多動性を示すことはありません。

子供も大人もADDやADHDの症状が出ることがあります。ADDの人は穏やかな方が多いですが、ADHDの人は過剰に活動的で破壊的な行動をする傾向があります。ADDやADHDは、脳の働きの化学的・構造的な違いによって引き起こされます。

なぜCBDはADD/ADHDの治療に適しているのでしょうか?

ADDもADHDもドーパミンの量が少ないのが特徴です。ドーパミンは、記憶、注意レベル、気分など、脳の認知能力をコントロールする神経伝達物質です。この化学物質の濃度が低いと、注意欠陥障害の症状が現れます。

カンナビノイドは、脳内の化学的な神経伝達物質であるドーパミンの伝達を改善し、認知機能の向上に役立つことがわかっています。1 CBDは、ADHD患者の脳内アデノシン受容体を活発にすることで集中力を高め、不安感を軽減します。ADHD患者が示す注意散漫や多動性を最小限に抑える働きがあります。2

CBDは脳の認知プロセスを改善する特性があるため、注意欠陥障害以外の症状の治療にも役立ちます。神経系の問題の中でも、不安や痛み、抑うつなどを和らげる効果があります。

CBDをADD/ADHDに使用することのメリット

ADD/ADHDの管理には、通常、リタリンやアデロールなどの薬が使用されますしかし、これらの薬には様々な副作用があり、その中には重篤なものもあり、患者さんの生活に影響を与えることがあります。CBDは、ADHDの症状を和らげるために使用しても、副作用はほとんどありません。CBDは、注意欠陥の症状に使われる従来の薬と比べて、より安全性が高いと考えられます3

CBDオイルはカンナビスから抽出されたものですが、カンナビスの特徴である向精神作用や特性はありません。抽出の過程でTHCは取り除かれます。THCは、カンナビスの向精神性の原因となる化学物質です。CBDオイルはTHCフリーなので、CBDを摂取しても「ハイ」な気分にはなりません。

CBDがADD/ADHDの管理にもたらす効果は、症状を和らげるだけではありません。CBDには、抗酸化作用、抗炎症作用、抗不安作用があります。

ADD/ADHDの治療にCBDを使用した場合に考えられる副作用について

CBDは一般的には非常に安全な成分だとされていますが、いくつかの副作用が見られる場合もあります。現在報告されている副作用は、吐き気、下痢、眠気、食欲の変化、ドライマウスなどです。しかし、その症状はまれであり、ADD/ADHDの治療に用いられる従来の薬による症状ほど重くはありません。

CBDの投与量とADD/ADHDのためのCBDの摂取方法

ADHDの特性によって、必要なCBDオイルの量は異なります。

アメリカの資料によると、ADHDの子供には500mgのCBDオイルを1日3回、5滴から10滴摂取することを推奨しています。この投与量は後から徐々に増やしていき、症状が落ち着くまで使用することができます。予防措置として、子供がCBDを使用することはお勧めできません。CBD製品は子供の手の届かないところに保管してください。

「CBD:A patient’s guide to Medical Cannabis」(Leinow & Birnbaum著)に記載されているステップアップ方式での使用をお勧めします。4 この本によると、ADD/ADHD患者は、CBDのマイクロドーズから始めることをお勧めしています。低用量摂取(マイクロドーズ)の詳細やCBDの正しい飲み方については、CBDの投与量に関する記事をご覧ください。

免責事項: このページに掲載されている情報は、研究や体験レポートに基づいています。 ヘンプペディアではCBD製品を子供に使用することを具体的に推奨することは、法律上の理由により行っておりません。

ADD/ADHDの治療にCBDを使用することについて、研究ではどのように言われていますか?

ADHDに対するCBDの有効性を調査したある研究では、CBDオイルを使用した患者さんは、多動性の減少、睡眠パターンの改善、集中力の向上を示しました。この研究は、2014年にドイツで行われ、30人の参加者を対象に、Eva Milz博士がFranjo Grotenhermen博士の支援を受けて実施しました。この30名の患者さんは全員、ADD/ADHDの薬や従来の薬物療法に反応しないことがわかりました。しかし、CBDには反応してという結果が出ています。5

2013年に行われた別の研究では、セルフメディケーションを行っている患者さんにCBDオイルを紹介しました。しばらくすると、患者さんが悩んでいた注意欠陥障害に特有の衝動性や多動性が緩和されたと報告されました。研究者たちは、CBDを使用して症状を管理することの利点を確認し、後に患者に処方しました。

他にも、ロンドンのキングスカレッジで行われた試験では、厳選された患者を対象に、ADD/ADHDに対するCBDの効果を無作為に検証しました。患者さんからは、多動性が減少し、集中力が高まるなど、認知能力の向上が報告されました。

参考文献

  1. Häußermann, Klaus, and Ute Wagner. „Cannabidiol: the rising star among the cannabinoids?.“ Pharmakon 5.2 (2017): 123-128. []
  2. jz8dbylebkfhf7ec246Anand Gurrajan, David A Taylor and Daniel T Malone: „Cannabidiol and clozapine reverse MK-801-induced deficits in social interaction and hyperactivity in Sprague-Dawley rats“ In: „Journal of Psychopharmacology.“ Nr. 26(10), 2012, S. 1317-32. doi: 1177/0269881112441865 []
  3. Iffland, Kerstin, and Franjo Grotenhermen. „An update on safety and side effects of cannabidiol: a review of clinical data and relevant animal studies.“ Cannabis and cannabinoid research2.1 (2017): 139-154. []
  4. Leinow,, L. and Birnbaum, J. (2017). CBD: A Patient’s Guide to Medicinal Cannabis. North Atlantic Books. []
  5. Milz, Eva, and Franjo Grotenhermen. „Successful therapy of treatment resistant adult ADHD with cannabis: experience from a medical practice with 30 patients.“ Abstract book of the Cannabinoid Conference. 2015. []

投稿者

CBDの専門家 | 記事を読む

英語とフランス語の通訳・翻訳を傍らにVickyはアメリカのCBD業界で経験を積んできました。CBDについて学ぶうちにあらゆる局面で体へのメリットをもたらすことを知り、その中でも皮膚に関する研究に興味を持ちました。以来、彼女はCBDと皮膚に関するリサーチを中心にCBDの記事を書いている。

フェイスブックでCBDユーザーと繋がろう!

ほかのCBDユーザーと体験談を共有したり、お話しませんか?CBDについて質問はありませんか?こちらのフェイスブックグループではユーザー同士が繋がり、情報交換できる場になっています。

コメントを残す

Your email address will not be published. Required fields are marked *

one + twelve =