CBD for crohn's disease

クローン病治療のためのCBD

CBDがクローン病治療に効果的と言われている理由 CBDは、カンナビスと呼ばれる植物から抽出された天然の化合物で、様々な病気や症状に大きな治療効果をもたらすと言われています。これまでに行われたいくつかの研究によって、CBDが消化管の感染症や病気を改善する事が明らかになりました。 クローン病の治療にCBDが有効な理由としては、この病気が消化管で発生するためだと言われています。あるCBDに関する研究によると、CBDは、主に胃、脳、大腸、小腸などに存在するCB1受容体、1 2 CB2受容体、セロトニン受容体といった様々な受容体に影響を与える事がわかっており、CBDが体内に入るとこれらの受容体を刺激して、吐き気、胃酸過多、嘔吐などを予防します。 クローン病治療のためのCBD摂取量 CBDの摂取量に関しては、レオナルド・ライノフ氏の著書「CBD – A Patient’s Guide to Cannabis」を参考にすると良いでしょう。3 特に、まだCBDを摂取した事がなく、自分にどの様な効き目をもたらすのかわからない初心者の方にはお勧めです。 自分の症状に合った正しいCBD摂取方法については、CBD摂取に関する記事をご覧ください。 クローン病の治療にCBDを使用するには? 個人的にCBDを治療に使用したい場合は、必ず専門の医療機関に相談してください。CBDに理解のある医師であれば、現在の体調、体質、そして病状などを客観的に考慮した上で、クローン病治療のための最適な摂取方法などのアドバイスをもらえるでしょう。 現在CBDは、オイル、タブレット、ベイプ、エディブルなど、さまざまなタイプで販売されています。中でも、CBDオイルはこの中で最も人気のある製品タイプですが、長く使っていくことを考えれば、自分が一番使いやすいと感じるタイプのCBD製品を購入するのがいいのかもしれません。 クローン病に対するCBDの治療効果を調べた研究 非営利団体The Crohn’s and Colitis Foundation of Americaによって行われたカンナビノイドとクローン病に関する研究では、カンナビノイドはクローン病の治療に非常に有効である事が実証されました。4 そして、その治療効果は、従来のクローン病による炎症やその他の症状に対する治療と比べても同等かそれ以上であると結論づけています。 クローン病には、根本的な治療法がないといわれてきました。しかし、CBDはこの病気の症状を極めて効果的に改善するという事が明らかになりました。しかもその効果は、これまで長く使われてきた処方薬を上回り、副作用に関しても従来の医薬品とは比べ物にならないほど軽度なものであるため、CBDがクローン病治療薬として処方される日が来るのも、そう遠い日ではないかもしれません。 参考文献 Esposito, G., Filippis, D., Cirillo, C., Iuvone, T., Capoccia, E., Scuderi, C., Steardo, A., Cuomo, R. and Steardo, L. (2012). Cannabidiol in Inflammatory Bowel Diseases: A […]

続きを読む
CBD and the Cardiovascular System

CBDと心血管系

心血管系への治療薬としてのCBD 今回は、CBD(カンナビジオール)が心血管系にもたらす様々な健康上のメリットについて説明します。CBDとは、カンナビスと呼ばれる植物から抽出されるカンナビノイドで、全体の最大40%を占める有効成分です。 心血管系の機能とは 心血管系は一言で言うと、心臓と血管のネットワークで構成される、体の隅々まで血液を循環させるための機構の事で、リンパ管系と同じ循環器系の一つです。 心血管系には、他にもいくつかの重要な役割があります。例えば、ホルモンを制御したり、生殖のために勃起を維持したり、体温を調節したり、腎臓のフィルター機能によって塩分や不要な物質を排出したり、病原体から身を守るための抗体や免疫細胞の輸送をするなど、その役割は多岐に渡ります。 最も一般的な心臓病 心臓という器官が、前述の様な生命維持に関わる極めて重要な機能を持っている事を考えれば、心臓に影響を与える合併症が、病気における死因として最も一般的であるのは、不思議なことではありません。2020年にスペインの国立統計局(INE)が公表した報告書によれば、死亡原因の第1位は、全体の23%を占めている心血管疾患だと発表しており、がん(20,4%)や感染症(20,9%)の割合を上回りました。ただ、2020年に関してはCOVID-19の感染拡大が影響したこともあり例外的に割合が変動しています。そのため、この年の感染症による死亡者の67.5%がこのCOVID-19によるものだと言われています。 心臓病の罹患率が急激に増加した背景には、生活習慣の乱れが深く関わっています。長時間座る生活、ストレス、喫煙、偏った食事などが、健康を害する一番の原因であり、こうした不摂生に心当たりのある人は、積極的に改善に向けた取り組みをする必要があるでしょう。 ここからは、現代人に最もよく見られる5つの心疾患についてご紹介いたします。 CBDが心血管系に与える影響 – メリットと潜在的リスク 心血管系への理解が深まったところで、本題である、CBDと心血管系の関係性について掘り下げていきましょう。 CBDには、同様の植物から抽出されるTHC(テトラヒドロカンナビノール)とは異なり、多幸感や「ハイ」な状態にする向精神作用がありません。そのため、医療において、例えば統合失調症、てんかん、不安障害、多発性硬化症などに対してより広くポジティブな影響を与える成分として注目されています。基本的にCBDは、鎮静作用の働きと神経信号の流れを抑制する事による鎮痛作用の働きがあります。また、2007年にMolecular Cancer Therapeutics誌に掲載された研究では、CBDはCB1、CB2、バニロイドなどの受容体とは無関係に、単体でプログラム細胞死を促す事で乳がんの発生を大幅に遅らせることができると結論づけられています。1 CBDの医療応用の例は年々増加しており、科学者や研究者は、CBDの心血管系への治療効果について様々な角度から研究を進めています。そうした流れもあり、2012年には、ノッティンガム大学の3人の研究者による論文がBritish Journal of Clinical Pharmacology誌に掲載され、CBDが心血管系の治療に有効であるという証拠が示されました。2 これは、カンナビジオールが動脈に直接作用し、急性の血管弛緩を起こす事によるものです。こうした場面では、CBDは例えば高グルコースによる血管の損傷に対する保護剤として作用します。つまり、この研究結果でわかる事は、CBDの抗酸化作用と抗炎症作用が心血管系疾患の治療に有効に働いたという事です。 これらの研究で得られた前臨床データが総合的に評価され、その結果CBDが心臓疾患だけでなく末梢血管や脳血管に関係する疾患の治療に有効であるという事が、裏付けられました。現在のところ、この学説が最も有力なものとして認識されてはいますが、このレビューを行った研究者達は、この学説をより確かなものにするためには、さらなる研究が必要だと指摘しています。 現在わかっている事実 心血管系の問題が何らかの炎症によって引き起こされる事がほとんどだという事実を踏まえて行われた近年の研究により、CBDは抗炎症作用により心血管系の組織を保護する力があることが実証されています。 その一つに、2016年に国際的な研究チームによって実施された医学研究があります。3 この実験では、マウスにCBDを持続的に投与することで、心血管組織の炎症を軽減させる事に成功しました。それによって心不全の悪化のリスクが減り、それどころか元の健康状態に回復していくという大きな効果をもたらしました。以上の結果から、この国際共同研究ではCBDが心筋炎(心筋の炎症)の改善に役立つことが実証されました。 実は、その1年前の2015年には既に、中国の研究者たちがウサギを使った数回の実験によりカンナビジオールが心筋梗塞の回復を助けることを実証している事は、あまり知られていません。4 この実験では、心臓発作を起こした直後にCBDを投与されたウサギが、プラセボ(偽薬)を投与されたウサギよりもはるかに早く正常な状態に戻ったという結果が示されました。 反対に、CBDの持つ健康リスクについてですが、これに関しては取り上げる内容がほとんどないのです。CBDは、飲み合わせを気をつけながら慎重に摂取する限りにおいては、どんな病状・体質の人でも安全に使用できる成分であり、その安全性は世界保健機関(WHO)でも公式に認められています。5 留意点 現在心臓病の薬を服用している方は、CBDが薬と相互作用したり、処方薬の効果を低減させてしまう可能性があることにご注意ください。こうした問題を避けるためにも、CBDを摂取する前には医師に相談する事をおすすめします。 関連記事:CBDと医薬品の相互作用 CBDの使用方法 カンナビジオール(CBD)を摂取する方法は、主に以下の3種類に分けられます。 吸入摂取:この摂取方法では、ヴェポライザーと呼ばれる吸引器が必要となります。効果が即座に現れるというメリットがありますが、同時に持続時間が短いというデメリットもあります。当然ながらタバコと比べてもはるかに危険性が低いにもかかわらず、吸引している様子が似ているために、肺への安全性を疑問視する声もあります。 単純摂取:クッキーやワカモレ、ドリンクなどの食品にカンナビジオールを加えて摂取する方法です。この方法では効果はゆっくりとしたものになりますが、持続時間が長く、安定した効果が得られます。 舌下摂取:この方法はシンプルで、CBDオイルを数滴舌の裏に垂らし、1分ほど吸収を待ってから飲み込みます。 CBDの適切な摂取量については、当サイトのCBD摂取量ガイドをご覧ください。 最後になりますが、心血管系を保護して健康に保つには、CBDの含有量が多く、THCの含有量がゼロか出来るだけ少ないCBD製品を選ぶ事を強くお勧めします。この点において、CBDのカプセルやオイルタイプを推奨する専門家も多くいます。 参考文献 Caffarel MM, Andradas C, Mira E, Pérez-Gómez E, Cerutti C, Moreno-Bueno G, Flores JM, García-Real I, Palacios J, Mañes S, Guzmán M und Sánchez […]

続きを読む
cbd and gluten - celiac disease

セリアック病のためのCBD:メリット・使用方法・摂取量

本稿では、セリアック病に対するCBDオイルの効果、使用方法、適切な摂取量を紹介していきたいと思います。 CBDは、THCと共にカンナビスと呼ばれる植物から抽出される有効成分ですが、その効果は大きく異なります。CBDは、抗炎症作用や鎮痛作用などの様々な効果や効能がある事から広く世界中で認知される様になった有効成分ですが、近年ではセリアック病の様な治療が難しいとされる病気の治療薬としての可能性が模索されています。1 2 3 セリアック病は、腸壁がグルテンに過剰に反応してしまう自己免疫疾患です。4 絨毛に大きな損傷が生じると、小腸が機能不全に陥り、通過する食物から栄養を取り込むことができなくなってしまうのです。その結果、栄養不足に陥り、ひどい場合は骨密度が低下したり、流産のリスクが上がったり、神経障害や不妊症などを引き起こすこともあります。その他の症状としては、下痢、腹部膨満感、異常なガスの発生、疲労感、体重減少、鉄欠乏性貧血、便秘、かゆみを伴う発疹、口内炎などと多岐にわたり、大変厄介です。 また、大人がセリアック病にかかると、関節炎、骨粗しょう症、肝障害、うつ病、発作、疱疹状皮膚炎など、他の疾患を併発してしまうリスクも上がります。5 CBDがセリアック病治療に効果的だと言われる理由 CBDは、カンナビス・サティバ (ヘンプ)と呼ばれる植物から抽出される、天然の化合物です。CBDがセリアック病の治療に効果的だと言われているのは、体内に備わっているエンドカンナビノイドシステムと効果的に相互作用するためです。この機構は、免疫力、睡眠、食欲、痛み、気分などの身体機能を制御し調節する内因性カンナビノイドと、CB1およびCB2カンナビノイド受容体から構成されています。 CBDは、これらの受容体の生成を助け、体の免疫系を高めてくれるため、エンドカンナビノイドシステムの機能改善により、痛み、炎症、食欲不振、胃腸管の炎症など、多くのセリアック病の症状が軽減されるのです。 セリアック病を患う人の中には、食欲不振や体重減少の原因となる吐き気を訴える人も少なくありません。CBDオイルには吐き気を抑える効果もあるため、吐き気が軽減される事により食欲も改善され、結果として代謝を高めることができます。6 また、多くの患者がグルテンフリー(グルテンを含まない)の食事を心がけますが、これは維持するのが非常に難しい事です。2003年に行われた、7 セリアック病とカンナビノイド受容体の関係性について調べた研究では、未治療の患者と1年以上グルテンフリーの食事を続けている患者では、未治療の患者の腸管内のカンナビノイド受容体の方がより広範囲に広がっていることが明らかになりました。この結果から、カンナビノイド受容体を標的にすることで、セリアック病の症状が緩和されるということがわかりました。 CBDはFAAH酵素(脂肪酸アミド加水分解酵素)の阻害剤であることが科学的に明らかになっており、8 このFAAH酵素を阻害することで、CBDは腸内の抗炎症作用を発揮します。 最近の研究によると、セリアック病が神経障害を引き起こす事がわかっていますが、9 CBDには神経保護作用および神経変性作用があるため、神経障害による痛みを効果的に軽減してくれるのです。10 11 また、痛みだけではなく、損傷箇所を修復し、神経の機能を改善する力もあるため、この点もCBDはセリアックの治療薬に適していると言われる理由です。 CBDをセリアック病に使用する方法 CBDオイルは様々な用途で使用する事が出来ます。セリアック病に使用する際に最も一般的とされるのは、舌下摂取です。舌下摂取は、舌の裏にCBDオイルを1滴垂らし、1分ほど吸収されるのを待ってから飲み込む方法です。 また、ペン型のVAPEを使用してCBDを吸引するなどの吸引摂取は、吸収が早く、即座に症状が緩和されるため、セリアック病の症状改善に適しています。体質やその他の疾患が理由でVAPEや舌下での摂取が難しい場合は、CBDカプセルによる摂取がおすすめです。 セリアック病へのCBD使用に関する医学研究 これまで、CBDオイルにはセリアック病に対する潜在的な治療効果がある事を説明してきましたが、残念ながら、この疾患に焦点を当てた研究は限られています。そのため、そうした研究結果を全て集めてもCBDがセリアック病治療に有効であることを完全に示すに足るデータは、現時点では揃っていません。ただ、希望の持てる研究結果もあり、その一つが、2011年の科学雑誌「PLOS One」に掲載された、セリアック病にCBDを使用することで腸の炎症が抑えられるという仮説を証明しようとした、イタリアの学者による研究です。12 この研究では、CBDは腸内の炎症反応を確かに抑制すると結論づけており、この抗炎症反応が、セリアック病によって引き起こされる腸の損傷を防ぐことにつながるとしています。 また、テラモ大学の研究では、エンドカンナビノイドシステムの具体的な特性を分析することを目的として実施されました。13 その結果、完全な結論は出ていないものの、エンドカンナビノイドシステムの機能不全とセリアック病の発症との間に何らかの相関関係があるという事が証明されました。 そうは言っても、セリアック病の症状に対するCBDの治療効果を解明するには、さらなる研究が必要となるでしょう。 CBDの正しい摂取方法 CBDオイルを摂取するにあたり、症状の重さや段階、CBDに対する体の相性や耐性など、事前に押さえておくべき大事なポイントがいくつかあります。また、CBDオイルの副作用はほとんどありませんが、万が一を考えて慎重になる必要があるでしょう。より詳しい情報は、CBDオイルの副作用ガイドをご覧ください。 自分の症状に最適なCBD摂取量を知るためには、テストとして少量を摂取し、症状改善の兆候が見られるかどうかを探る必要があります。CBD摂取量の目安に関しては、ライノフ氏とバーンバウム氏が、著書「CBD: A patient’s guide to Medical Cannabis」の中で提唱しているステップアップ方式を参考にする事をおすすめします。14 このステップアップ方式とは、最初はマイクロドースと呼ばれる低用量摂取から始め、症状に対して効果が現れるまで徐々に摂取量を引き上げていくという方法です。 このステップアップ方式についてのより詳しい説明は、こちらのCBDの摂取量ガイドをご覧ください。 セリアック病に対するCBDオイルの効果 – まとめ 炎症の抑制 痛み(神経障害)の軽減 食欲改善 消化管の炎症軽減 これまで行われた様々な研究が示す通り、CBDオイルがセリアック病に何らかの治療効果を与えるという事は明らかです。CBDオイルは、様々な症状に対して鎮痛作用があるだけでなく、神経系や免疫系の炎症を緩和する事ができます。また、食欲が増進し、睡眠の質も向上します。 これまでの内容からすると、CBDオイルを使用する事で、セリアック病に対する治療効果やその他の効能が得られるという事が自明の様に思えますが、やはり医療の分野で公式に認められるには、さらなる科学的研究を待つ必要がありそうです。それまでの間に家庭療法として今すぐ始められる事といえば、グルテンフリーの食生活です。これは、セリアック病をお持ちの方には、CBD使用云々にかかわらず大事な習慣ですので、出来るだけ心がける様にしてください。 参考文献 Expert Committee on Drug […]

続きを読む
cbd for lyme disease

ライム病を改善するCBD: 効果と使用方法

CBDとは、カンナビスから抽出された主な化合物の一つで、カンナビスのネガティヴな作用として知られる向精神作用がありません。いくつかの研究によると、てんかん、炎症、痛み、嘔吐、うつ病、不安、不眠症などの改善に加え、その他さまざまな健康上の利点が期待できる成分だということが明らかになっています。 数年前までは、多くの国でカンナビスの扱いに厳しい規制がかけられていたため、薬効を詳しく研究することすら法に触れてしまうという状態でした。しかし、最近ではカンナビスの安全性や治療効果が認められ始め、より進んだ研究が盛んに行われるようになってきています。 そうした中、ある研究チームによって新たな効果が発見されました。それは、CBDがライム病の治療に役立つというものでした。 本稿では、ライム病について、そしてCBDがどのようにライム病の治療に活かされるのかを詳しく紹介していきます。 ライム病の症状 ボレリアガレニとボレリアアフゼリという細菌は、一度体内に入ってしまうと、自己免疫機能では撃退することが非常に困難です。ですので、自分がライム病かもしれないと思ったら、すぐに医療機関で検査を受けることが重要です。これらの細菌の恐ろしいところは、免疫システムを著しく低下させ、一部の抗生物質に耐性を持つ点です。 以下に示すような症状がみられた場合、ライム病が疑われるので、重症化や後遺症を防ぐためにも直ちに病院を受診しましょう。 軽度の症状 咬まれた皮膚周辺の発疹 全身の痛み 筋肉や関節の動作緩慢 分泌腺の腫れ 頭痛 疲労感 発熱 深刻かつ永続的な症状 重度の関節炎 関節の継続的な痛み 心臓疾患 神経系へのダメージ 末梢神経障害または手足の違和感 髄膜炎 顔面神経麻痺 神経系の変化 うつ病 不安感 混乱 ライム病が重症化すると、絶え間ない痛みや身体機能への障害、うつ病、神経症、不安感など、さまざまな症状を抱えるようになり、快適に日常生活を送ることが困難になります。結果として自殺を選んでしまうライム病の重症患者も中にはおり、この病気のもたらす症状がいかに過酷かこのことからも分かります。 CBD化合物には、抗菌作用、末梢神経障害による痛みの軽減、頭痛や吐き気の抑制、免疫系強化、抗けいれん作用、不安や抑うつのコントロールなど、さまざまな治療効果があります。1 2008年に行われた研究では、CBDを豊富に含む種類のカンナビスを摂取することで、ライム病の原因となる細菌が減少したと報告しました。2 さらには、CBDの抗菌作用が抗生物質に耐性のあるバクテリアに対しても同様の効果を発揮したという結果が得られました。 また、ある患者は、CBDを定期的に吸うことでライム病にによって引き起こされていた発作が抑えられたと体験談で語っています。他にも、CBDを使用することでライム病の症状を軽減できたという患者の証言は、数え切れないほど多く記録されています。 関連記事:CBD摂取ガイド 留意点 医学研究においては、CBD摂取による目立った副作用は報告されていませんが、万が一のために目安を逸脱した過剰摂取は避けるようにしてください。症状改善に効果が現れるまで摂取量を目安の範囲内で少しずつ上げていく限りにおいては安全に使用できるでしょう。 ひとたび体がCBDに順応すると、ライム病の症状が大幅に改善されていく事が実感できるはずです。とはいえ、病気の進行状況によって最適な摂取量は違いますので、医療専門家による的確なアドバイスもらい、CBDを安全でより効果的に利用していく事をおすすめします。 CBDによるライム病の治療効果を調べた研究 CBDは、数年前からその薬効が認知され始めましたが、現在ではこの成分がライム病の治療薬としていかに有効かを証明するために、以下のような研究が行われています。 臨床分析 ライム病にCBDを使用する事への臨床研究は、現時点ではまだ行われていません。しかし、CBDが痛みを軽減するメカニズムについては、いくつかの実験によって実証されています。 また、2013年にはイギリスの研究者によって、がんなどの深刻な疾患による痛みとCBDの関係性を探るための臨床試験が行われました。3 がんによる痛みは非常に強く、痛みの中でも最も耐え難いものの一つであり、化学医薬品では完全に鎮める事が難しいとされていますが、 CBDは、この痛みに対してだけでなく、疲労感や不眠にも効果を示す事がわかりました。また、長期間使用しても副作用はみられず、CBDが重度の末期患者にとって最大の苦しみである痛みを安全で効果的に和らげる事が出来るという事実が実証される結果となりました。 同様に、ライム病で起こる頭痛、片頭痛へのCBD投与実験でも非常に高い効果が現れました。4 また、CBDは神経保護作用もあるため、同じくライム病の症状として起こるけいれん、さらにはてんかんや多発性硬化症にも症状改善の効果が認められました。この場合も同様に、長期の摂取によって耐性が作られ効かなくなるというった結果は見られませんでした。 これらの試験は、ライム病の主症状がCBDによって大きく軽減され、さらにはCBDの代表的な効果である不安や抑うつといった精神的問題も、大幅に改善することを証明するものとなりました。 研究分析 1958年以降、数々の研究によってカンナビスの抗菌作用が明らかになり、2008年にはCBD単一でも同様の効果をもたらす事がわかりました。 そして、CBDの抗炎症作用に関しても、多くの実験と研究が行われ、その効果に疑いを持つ研究者は誰一人としていません。5 こうしたCBDの薬効は非常に早く現れるということもわかっており、また2016年の分析では、CBDが従来の抗うつ剤と非常によく似た作用を持っているということも報告されています。 まとめ 結論として、CBDはこれまでのさまざまな研究や実験の結果が指し示す通り、ライム病に対して非常に高い改善が見込める成分だと言えるでしょう。もちろん、より安全で効果的に医療の現場で使用されるためにはさらなる研究が必要ですが、この化合物によって健康を取り戻したり、病気を治療する事ができたと報告する人々は今後も増えていく事でしょう。 現在では、CBDを多く含む天然のサプリメントをライム病患者に勧める医師もいます。しかし、CBDは体内の細菌を除去して病気を完治させるものではなく、医薬品による抗生物質治療に代わるものではありませんので、あくまで現代医学の治療法を補助する役割としてお使いください。 参考文献 B. van Klingeren […]

続きを読む
病気予防としてのCBD

病気予防としてのCBD

CBDはカンナビス由来のカンナビノイドですが、向精神作用がないため、カンナビス使用時に見られるめまいや多幸感などは起こりません。CBDは、非常に多くの治療効果を持っているにも関わらず、毒性は低く、副作用に関しても多少眠気を感じる程度のものしかありません。 多くの科学的研究によって、このカンナビジオールが持つ多くの健康上のメリットが明らかになっています。WHOの報告書では1、以下の特性が最も関連性の高いものとして挙げられています。 鎮静効果 抗菌作用 抗炎症作用 高い抗酸化作用 抗不安作用 抗てんかん・抗けいれん 抗うつ効果 抗精神作用 神経保護 カンナビジオールは、予防医学の世界では多くの病気や病態を予防すると言われていますが、主なものは以下のようなものがあります。 CBDと心血管機能 心臓、肺、血管は循環器系に属します。循環器系は、体内の血液を運ぶ役割があり、体内の栄養素、ホルモン、酸素を身体中に運んでいます。このため、循環器系の疾患は、世界中で多くの死者を毎年出す最も深刻な問題だと言えます。循環器系の病気には、高血圧症、心筋梗塞、リウマチ性心疾患、脳卒中、動脈疾患などがあります。 British Journal of Clinical Pharmacology誌に掲載された研究では2、カンナビジオールは循環器系にポジティヴな効果を与えると報告しています。これは、カンナビジオールが動脈に直接作用し、急性の血管弛緩を起こす事によるものです。こうした場面では、CBDは例えば高グルコースによる血管の損傷に対する保護剤として作用します。 関連記事: CBDと心臓血管系 CBDは脳卒中予防に効果的 脳卒中は、脳へ流れる血液が何らかの理由で遮断される事で起こります。供給が不足すればするほど、脳は酸素や栄養素を受け取る事ができなくなり、ダメージも大きくなります。深刻なケースでは、脳に致命的なダメージを負い、死に至ります。 カンナビジオールには、抗酸化、抗炎症、神経保護などの作用があるため、脳卒中の予防ができると考えられています。それに加え、脳血管障害によって傷つけられた組織の修復も助けてくれます。 関連記事: CBDの抗酸化作用 CBDは心筋炎を予防してくれる 心筋炎は、心筋組織の炎症です。原因は、ウイルス、細菌、真菌、または自己免疫疾患などがあります。初期段階では、ほとんどの場合自覚症状が現れません、炎症がひどくなると、心臓に長期的なダメージが生じます。 抗炎症作用を持つカンナビジオールは、自己免疫性心筋炎を大幅に軽減してくれます。Molecular Medicine誌に掲載された研究によると、CBDによる治療を行うと、主に抗炎症作用と抗菌作用によって自己免疫性心筋炎の症状を劇的に軽減し、心筋機能障害や心不全が改善するようです。3 CBDは虚血と不整脈を予防する 虚血は、心臓に十分血液が行き渡らない事で起こります。一度虚血が起こると、徐脈、頻脈、心房細動などの様々な種類の不整脈が引き起こされます。また、心臓の酸素や栄養素が不足する事で、心筋梗塞を引き起こす場合があります。 ある研究では、カンナビジオールが心筋梗塞の発症を予防し、発症のリスクを下げるという報告がされています。4 CBDとストレスについて ストレスは病気ではありませんが、様々な病気の原因になります。ストレスの増減と血圧には相関関係があるため、心血管疾患の原因にもなると考えられています。カンナビジオールには、ストレスを軽減する抗不安作用があります。そのためストレスの影響を受けやすい心血管疾患の予防に高い期待がされています。 CBDは高血圧症を抑制する 長期間にわたって高血圧症を患うと、心血管疾患になるリスクが上がります。カンナビジオールは、循環器系における高血圧症リスクおよびそれに伴うリスクを軽減するという効果を持っており、血液循環を促進する事で血管の石灰化を食い止め、血圧を低下させます。 そのため、カンナビジオールは多くの心血管疾患の予防や、治療のための予防医学に活用されています。さらに、カンナビジオールには抗炎症、抗ストレス、抗不安などの作用があり、心血管疾患の発症を予防します。さらには、治癒を促進し、心血管疾患を患った際のダメージを修復するのに役立ちます。 CBDはリウマチや関節炎を予防する カンナビノイドは、医療薬同様筋肉と関節の痛みを和らげますが、副作用が極めて少ないのが特徴です。 カンナビノイドは、骨粗しょう症の予防、骨髄損傷の防止、骨の劣化の防止、骨の成長の促進、骨折の治癒過程の改善などの役割を持っています。 関連記事: 関節リウマチのためのCBD CBDは神経変性疾患の予防に役立つ カンナビジオールは、神経保護作用を持つ非常に強力な抗酸化物質です。酸化ダメージ予防に関する臨床研究によると、カンナビジオールは脳虚血などの神経系の酸化ダメージの修復に非常に効果的であることがわかっています。 5 さらに、神経細胞の炎症を抑える効果も確認されています。カンナビジオールを使用する事で、アルツハイマーやその他の神経変性疾患の症状を軽減すると言われてきましたが、6 実際に研究で認知機能や精神状態が全般的に改善されることが証明されました。 既に複数の臨床研究で、パーキンソン病、アルツハイマー病、ハンチントン病、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、脳虚血におけるカンナビジオール治療の有効性が確認されています。7 カンナビノイドには抗酸化作用や神経保護作用があるため、高齢者に多い虚血性疾患、自己免疫疾患、炎症性疾患などの酸化が関係する疾患の予防や治療に有効とされています。また、カンナビノイドは虚血発作後の神経障害を軽減してくれます。 まとめ ここで挙げたCBDが効果を持つとされる疾患は、今後さらなる研究や科学の進歩に伴い更新されていくため、全てを網羅しているわけではない事をご了承ください。例えば今現在だと、肥満や変性椎間板症などへの効果を調べる研究がなれています。日々、CBDの未知の効果や特性が発見されていますので、これからも最新情報を楽しみにしていてください。 参考文献 Expert Committee […]

続きを読む
CBDの抗炎症作用に関するレビュー

CBDの抗炎症作用に関するレビュー

カンナビスから抽出される成分の40%がCBDと言われていますが、. 抗精神作用のあるTHC化合物はこの中には含まれないため、ユーザーをいわゆる「ハイ」な状態にする作用はCBDにはありません。. CBDには、不安、炎症、睡眠障害、痛み、関節炎などの軽減、そして血圧調整による心臓の健康維持など、その他さまざまな健康上のメリットがある事が、多くの医学研究や論文で明らかにされています。. ハーバード大学医学部によれば、CBDは主にドラべ症候群やレノックス・ガストー症候群などの小児てんかんの治療に優先的に使用されています。.1 また、CBDオイルには抗炎症作用があり、主に心臓に起こる炎症を和らげ、放置すると脳卒中や脳障害を引き起こす、心筋炎のような疾患の治療に用いられています。.2 CBDは、天然で余計な加工が施されていないため、特定の病気の治療薬として高い人気があります。. 研究所で製造される他の医薬品と比べて副作用が極めて少ないという点も、CBDが選ばれる理由かもしれません。. 関連記事: CBDオイルの副作用 近年、多くの人々が化学合成によって作られた医薬品の副作用を問題視しはじめた事もあり、抗炎症薬としてのCBDが市場で独自のシェアを広げつつあります。. CBDオイルのように副作用が少ないオーガニック製品が、新しい時代の治療薬として普及する未来は近いかもしれません。.3 炎症とは? CBDオイルがどういった種類の炎症に、どのように作用するのかを正しく理解するには、そもそも炎症とは何か、そして何が炎症を引き起こすのかを知る必要があります。. 炎症は、感染症を発症した時や、怪我に対して免疫機能が働く事によって引き起こされます。. この時体は免疫系に、損傷した組織の治癒と修復プロセス始めるように指示を出します。. 他にも、私たちの体はウイルスやバクテリアなどと戦うために炎症を利用しています。. ただ、必要のない場所で炎症が長く続く場合は注意が必要です。. CBDオイルと炎症に関する研究の成果は、炎症や痛みに悩む人々にとって非常に喜ばしいものでした。.4 5 悩ましい副作用と依存性がつきものの化学合成による医薬品の代わりに、同等の治療効果を持つ天然のCBDオイルという選択肢が生まれたのです。. CBDオイルは、炎症を抑える事に加え痛みも緩和してくれるので、症状をコントロールする事ができるようになります。. CBDが炎症を抑制するメカニズム 抗炎症作用は、CBDがもつ多くの治療効果の中で最も代表的なものの一つなので、しばしば一緒に語られる事があります。.6 CBDは、炎症が基礎疾患の症状であっても、疾患に起因しないものだとしても、その抗炎症作用を発揮します。. この事から、CBDは怪我などの自己免疫によって生じる症状や疾患に関わる免疫反応を調節する役割がある事がわかります。. ある研究によると、CBDは炎症の原因となるマクロファージやミクログリア細胞に向けて免疫抑制の効果をもたらし、それによって炎症が抑えられます。.7 また、CBDは、グリシン受容体を活性化させ、炎症に伴う慢性炎症性の痛みを軽減してくれます。.8 CBDオイルはどのようなタイプの炎症に効く? 炎症には主に、急性炎症と慢性炎症の2種類があります。 通常、炎症は怪我などの一症状として体に現れます。.9 怪我をすると、免疫系が患部にいると想定されるバクテリアやウイルスと戦おうと反応し、その結果、急性炎症を引き起こします。. British Journal of Pharmacology誌に掲載された研究では、ラットを用いた実験によってカンナビジオールが急性炎症を緩和する効果を調べ、その結果CBDが、急性炎症や痛みの薬理学的な治療薬として有効である事が証明されました。.10 また、ミラノ大学の研究では、カンナビジオールが慢性的な炎症の治療にも効果的であることが示されています。11 まとめ 以上のことから、CBDオイルは化学合成医薬品の代替薬となり得るほどの十分な効果を持っているという事がわかりました。. その有効性は、数多くの著名な医療従事者や研究者による実験や研究論文が証明しています。. CBDは主に、痛み、炎症、うつ、てんかん、関節炎などに有効に働き、他にもさまざまな病気や症状の治療に役立つことがわかっています。. これらの疾患は、対処しなければ他の病気を誘発するなど、深刻な問題を引き起こす可能性があります。. また、CBDは血圧のコントロールにも役立ち、脳卒中や心臓病のリスクを抑える効果があります。.12 CBDオイルの多様性と、ハーバード大学医学部のような著名な医療機関が研究を行っている事を考えると、CBDオイルが化学合成医薬品の代わりとして病院などで処方される様になる日は、そう遠くないかもしれません。. 参照 Grinspoon, M. (2019). Cannabidiol (CBD) — what we know and what we […]

続きを読む