ペット向けのCBD

ペット向けのCBD

カンナビスの治療効果に関する研究は、過去何十年にもわたって行われてきました。その甲斐あって、現在、CBDの薬効を証明するデータは十分に揃っています。1 獣医師の間で猫や犬にCBDオイルを使用する事への注目が高まっているのはこのためです。犬や猫にも、人と同様にCBDが作用するためのエンドカンナビノイドシステムと呼ばれる機構が備わっているのです。 ペットへのCBD使用は現在、ほとんどの国と米国のほとんどの州で広く合法化されており、入手する事も可能です。アメリカにお住まいの方には、州ごとの詳細なCBDと法律に関するガイドをご用意していますのでご一読ください。 人向けの製品と同様に、ペット用のCBDオイルにも様々タイプがあり、使用する事で様々な病気の治療効果が期待できます。特に、てんかんや関節炎など、犬や猫でもよくみられる疾患を治療するにはより自然で理想的な方法だといえるでしょう。CBDを使用することで得られるメリットとリスクを天秤にかけても、やはり副作用の少ないCBDは安全で効果的な解決方法であることがわかります。 それでは、次の章ではCBDオイルがあなたのペットにどのような効果をもたらしてくれるのかを見てみましょう。 CBDとは? CBDはカンナビジオールの略称で、アサ草から取れる天然の抽出成分です。カンナビノイドが濃縮されており、いわゆる「ハイ」な気分にさせる陶酔作用を持つTHCが除去されているのが特徴です。これらのオイルは、成熟したアサ草をブタン、オリーブオイル、アルコール、CO2、氷水などの溶媒に漬け込んだり通過させる事で抽出されます。 溶媒が茎や葉の上を通過すると、カンナビノイド、トリコーム、テルペンなどの有効成分が溶解し、これらの成分が溶液中に溶け込みます。こうして出来た溶液を蒸発させることで、CBDオイルと呼ばれるオイル状の濃縮液が残ります。 ここまでは、CBDオイルの基礎的な知識に触れてきました。次章からは、CBDがどのようにペットにいい影響を与えるのかをみていきましょう。 CBDオイルの使用で得られる効能 ペット向けのカンナビスオイル – 考えられる副作用 CBDオイル、もしくはカンナビスオイルをペットに使用しても、ほとんどの場合副作用は起こらず、起こったとしても極めて軽度ですが、主な副作用として多くの獣医や医師から報告されているのは、無気力と眠気です。ただ、眠気に限って言えば、介護などで疲労している飼い主が一時的な休息を得るという意味で、メリットだとも言えます。睡眠を長く取る事は、実際犬にとっては自然な事で、犬は平均して1日に約13時間眠る必要があると言われています。一方で、極端な副作用としては嘔吐や痒みなどが考えられますが、これらのケースは極めて稀です。 当然ですが、犬や猫は、自分たちが感じている不安の度合いや、どれくらい痛みを感じているのかを飼い主にうまく伝えることができません。そのため、CBDオイルをペットに与えた後は、食欲や元気の度合い、行動などに変化がないかを注意深く観察するようにしてください。 万が一ペットがCBDオイルの過剰摂取をしてしまってこういった症状が現れた場合は、即座に投与を中止し、動物病院に連れていってください。また、このようなアクシデントが再び起こらないよう、より厳しく製品の管理を行ってください。 獣医師がCBDを推奨していない場合はどうする? 獣医師の同意なしにCBDオイルをペットに与える場合は、こちらのCBDに詳しい獣医師によるガイドラインを参考にしてください。 安全にペットへCBDを与える方法 まずは1日1回につき一滴のCBDオイルを与える(体重4.5kgごとに0.5〜5mgが適切とされています) 同じ量を一週間与え続ける 投与量を1日2回に増やす 同じ量を一週間与え続ける 1日3回に増量して、また一週間同じ量を与える もちろん、必要に応じて、適切量を超えない範囲で投与料を増やすこともできます。注目すべきは、一回あたりの投与量は毎回変わっていない事です。変わっているのは回数ですので、これによりペットに負担がかからずに投与する事ができます。この様な方法でペットの反応をつぶさに観察しながら、副作用なく期待通りの健康効果が得られる適切な投与量を見つけましょう。 ペット用CBD – カスタマーレビュー Paradise of Dogs – The dog shelter which made CBD Oil a “must have” for their dogs The following case comes from a Hungarian dog shelter called […]

続きを読む
CBDと薬物の相互作用

CBDと薬物の相互作用

答えがはいの場合は、カンナビスは特定の薬と良い意味でも悪い意味でも相互作用します。 CBDは一般的に安全に使用できますが、いくつかの副作用があることも知られています。

続きを読む
CBDオイルの副作用

CBDオイルの副作用: 完全ガイド

CBDオイル: 奇跡の薬? かつては疑いや警戒の目で見られていたカンナビジオール(CBD)オイルですが、近年、人気が急上昇し、米国では2017年から売上が倍増しています。 米国では、25万人のユーザーが慢性的な痛みや不安、睡眠障害など様々な症状の治療にCBDオイルを利用していると推定されており、多くの人にとってCBDオイルは健康食品店や薬局などで合法的に市販されています。 実際、CBDオイルが広く普及していること、無数の症状に効果があること、メディアで取り上げられていることなどから、CBDオイルを「奇跡の薬」と見なす人もいますが、科学者たちはまだその有効性について詳細な研究を行っていません。 CBDとは何ですか? カンナビジオールは、違法薬物の原料となる大麻草(カンナビス・サティバ)から抽出される天然化合物です。 実際、カンナビス・サティバには100以上の化合物が含まれており、CBDはそのうちの1つに過ぎません。しかし、社会の一部で混乱や疑念を引き起こしたのは、この植物との関連性です。 CBDオイルは、抽出した化合物を麻の実やココナッツオイルなどの他の植物から抽出したオイルと混ぜ合わせて作ります。 しかし、CBDオイルには、「ハイ」になる感覚をもたらすテトラヒドロカンナビノール(THC)が含まれていないため、中毒性や陶酔感はありません。 CBDオイルは、ティンクチャー、カプセル、ローション、ベープなど、さまざまな方法で製造することができます。 いつもの質問:CBDオイルは安全ですか? 違法薬物に関連する植物からの化合物を使用することは、その安全性と有効性に疑問を抱かざるを得ませんが、科学的研究が証明しているように、CBDオイルには様々な症状や不満を治療するためのポジティブな健康効果があります。 痛みの緩和:多くの患者さんが、CBDオイルを局所的または舌下に塗布することで、関節炎や多発性硬化症などの疾患による痛みが緩和されたことを実感しています。 2015年に行われた研究では、関節炎のマウスにカンナビジオールを投与したところ、わずか4日後には痛みのレベルが大幅に改善し、健康への重大な副作用は見られなかったことが実証されました。1 関連記事:痛みのためのCBD 不安や憂鬱の軽減:通常、副作用のある処方薬で治療することが多いのですが、CBDオイル療法では、体内のストレスホルモンを低下させ、ストレス反応を抑えることで、不安や憂鬱が改善されます。 この治療法により、セロトニンやアナンダミドなどの化学物質にアクセスできるようになり、気分の改善や不安の軽減が期待できます。 関連記事:不安症のためのCBD 安眠:不眠症などの睡眠障害は現代社会ではよく言われることですが、CBDオイルはより安らかな眠りを促します。 これは、不安や慢性的な痛みなど、人々が長時間の深い眠りを得るための障害を軽減することで達成されます。 関連記事:不眠症のためのCBD ニキビの改善:人口の約10分の1が影響を受けています。ニキビは厄介な肌状態であり、苦しんでいる方にとっては気分が落ちたり心理的な影響もあると言われています。 最近の研究では、カンナビジオールオイルには強力な抗炎症作用があり、ニキビの原因と考えられている皮脂腺から分泌される油性物質である皮脂を減少させる可能性があります。 関連記事: ニキビのためのCBD CBDオイルの効果は確かに期待できますが、重要なのは使用しても安全かどうかということです。 まず、カンナビジオールには中毒性がなく、体が抵抗力を持つこともありません。患者が依存症になることなく治療を始めたり止めたりすることができます。 次に、CBDオイルにはTHCがほとんど含まれていないため、患者が「ハイ」になるような向精神的な症状を感じることはありません。多くの植物性サプリメントと同様に、カンナビジオールは体に優しく働きかけ、徐々に治癒効果をもたらします。 多くの薬と同様に、CBDオイルも副作用を引き起こす可能性があることを覚えておく必要があり、治療開始後は注意深くモニターする必要があります。 また、症状に応じた効果的な投与量については、専門家の間でも意見が一致していません。 しかし、重要なことに、世界保健機関(WHO)は、CBDオイルが「多くの病状に対して有用な治療法となる可能性がある」「一般的に忍容性が高く、安全性はある」と認めています。2 CBDの副作用 他の医薬品やサプリメントと同様に、カンナビジオールは通常、良好な耐性を持っていますが、一部のユーザーには副作用が生じる可能性があります。 アメリカ国立生物工学情報センターが実施した研究では、CBDオイルの最も一般的な副作用として以下のものが観察されました。3 下痢 疲労感 体重増加/減少 食欲の変化 めまい 眠気 ドライマウス 吐き気・嘔吐 CBDオイルを初めて使用することを検討している場合は、特にすでに薬や健康補助食品を服用している場合は、事前に医師に相談してください。 薬やサプリメントにグレープフルーツを食べてはいけないという注意書きがある場合には、気をつけてくだい。CBDオイルは、柑橘類と同じように薬の代謝を助ける酵素に影響を与える可能性があります。 さらに、米国小児科学会の報告書では、カンナビジオールを短期間使用しただけでも、妊婦の胎盤の効率に影響を与える可能性があると観察されています。妊娠中や授乳中の患者は、CBDオイルの使用を開始する前に医師に相談する必要があります。4 カンナビジオールの調達について CBDオイルの効果や副作用については、インターネットや薬局で豊富な情報が提供されていますが、信頼できる業者から入手することが非常に重要です。 Centre for Medical Cannabis (医療大麻センター)などの調査によると、カンナビジオールの含有量がごくわずかなものもあれば、THCが検出されるものもあり、多くの国で違法になります。5 他の医薬品やサプリメントと同様に、CBDオイルも信頼のおける業者から購入するようにしてください。 参考文献 […]

続きを読む