artificial teeth

CBDは歯痛の痛みに効く?

もしまだなければ、ぜひ相談してみてください。THCやCBDには、抗炎症作用や骨を刺激する働きがあり、関節炎などの重篤な症状に効果があることは広く知られています。この事から、歯の痛みや腫れの軽減に大きく役立つと言われているのです。

続きを読む
CBD for fitness and muscle growth

CBDは健康を増進して筋肉の成長を促進する?

健康やフィットネスに真剣に向き合っている人は、常にどの様なトレーニーングを行えば効果的に望む体型に近づけるかを考えている事でしょう。CBDの人気が高まっている今、カンナビス製品がフィットネスやボディビルの分野で注目されています。昨今は、ビタミン、プロテインと同じ様にカンナビス製品を使って、日々の健康を保とうとするスタンダードが広まりつつあるのです。 なぜCBDが注目されている? CBDをフィットネスに取り入れるメリットを理解するには、CBDが一体どんな成分なのかを知る必要があります。CBDは、カンナビスと呼ばれる植物から抽出される天然の化合物です。ここで、カンナビスは違法な薬物なのでは?と思った方も少なくないと多います。確かに一昔前までは違法としていた国がほとんどでした。しかし、近年の研究で安全性が明らかになった事により、現在は多くの国でカンナビスとその成分であるCBDが合法となっているのです。 CBDが運動にもたらすメリット 筋肉をつける事は、フィットネスや体づくりに励んでいる人にとって最大の課題といえるでしょう。トレーニングを行っていると、ある時点から筋肉の成長が止まってしまうという時期がやってきます。これは誰の体にも起こる自然な現象です。体内には、筋肉を成長させる同化ホルモンと、筋肉を分解する異化ホルモンが存在しますが、抗異化作用のある栄養素を取り入れると、筋肉の回復と筋肉の維持を助け、筋肉の破壊を食い止めることができます。 逆に、体内に異化ホルモンが増えると、筋肉が分解されていってしまうため、筋肉がなかなか成長していかないという問題が起こるのです。この問題は、抗異化作用のあるサプリメントを摂取する事で解決出来ます。CBDは、体内の異化作用を持つホルモンの数を効果的に減らす役割があるため、こうした停滞期を迎える事なく筋肉を成長させ続ける事が出来ます。CBDによって異化作用のあるホルモンが少なくなると、筋肉の分解が早まり、筋肉量を増やすことができるようになるというわけです。 この効果をより感じたい場合は、CBDを摂取している間のカフェイン摂取は控えましょう。カフェインは、異化ホルモンであるコルチゾールの量を増やす作用があるため、異化ホルモンを減らすCBDの効果が相殺されてしまうのです。 CBDがフィットネスと体づくりに役立つ理由 CBDは炎症を抑える 誰でも一度は、辛い運動中に自分を追い込んだ経験があると思います。そのように過剰に無理をすると、筋肉に必要以上の痛みや炎症が生じ、次回の運動に支障をきたしてしまいます。こうした場合、市販の抗炎症薬でごまかしているという人も少なくありませんが、副作用や体への負担があるため、医学的にあまりおすすめできる方法ではありません。 植物由来の有効成分であるCBDは、こうした症状に大きな効果をもたらす事がわかっており、副作用のある医薬品に頼らず、痛みと炎症を抑える事ですぐに運動を再開したいというフィットネス愛好家の間で急速に広まりを見せています。 よく知られている抗炎症薬は、肝臓に負担をかけるため、定期的に服用すると肝臓へのダメージが蓄積していき、ある時深刻な健康問題を来す恐れがあります。 睡眠補助薬としてのCBD 質の良い睡眠をとることは、ダイエットや体づくりにおいて最も重要とされています。十分な休息が取れていないと、体は正常に機能してくれません。身体が正常に機能しないという事は、エネルギー消費や筋肉繊維の修復も正常に行えないという事です。CBDは、睡眠習慣を改善し、質の高い睡眠をとる手助けをしてくれる事が研究で明らかになっています。また、CBDには、市販に出回っている睡眠薬に見られる様な中毒性がないことも、大きなメリットです。 健康にフィットネスや体づくりを続けていきたいと思っている方は、ぜひCBDサプリについて調べる事をおすすめします。まだ十分な研究データが揃っているわけではありませんが、これまでに行われた研究の多くが、CBDを使用することでフィットネスや体づくり、健康面で多くのメリットが得られると結論づけています。 CBDの副作用 現在店頭で手に入るほとんどの市販薬には、副作用があります。そうした市販薬と比較しても、CBDの副作用は極めて少なく、軽微だと言われています。CBDを使用して、疲労感、胃のむかつき、下痢などの症状がまれに見られる事がありますが、ほとんどの人が軽いものだったか、もしくはまったく経験していないと述べています。 まとめ CBDは、フィットネス、ボディビル、体づくり、そして健康全般に素晴らしい効果をもたらしてくれる成分だという事がわかりました。筋肉をつけたい人、ダイエットに成功したい人、スポーツの試合で受けるストレスを和らげたい人、睡眠の質を上げたいという人は、是非CBD製品の購入を検討してみてください。ただし、その他のサプリメントや薬と同様に、摂取を始める前には必ず医師に相談してください。 専門の医師であれば、CBDの安全で適切な摂取量や使用頻度についてアドバイスがもらえるでしょう。また、他に服用している薬がある場合は、相互作用や副作用がないかどうか必ず医師に聞いて確認する様にしてください。

続きを読む
cbd tmj

顎関節症(TMJ)治療としてのCBD

痛みは人を衰弱させるものです。特に、顎関節症(TMJ)のような不快な痛みを伴う障害は、人生に大きな影響を与えてしまうほど深刻です。CBD(カンナビジオール)は、顎関節症をはじめとする様々な痛みを抑制する効果があり、ここ数年間で急速に認知と研究が進んでいる成分です。近年では、その有効性を裏付ける医学的研究が数多く行われてきています。また、使い安さ、向精神作用を持たない安全性の高さ、価格の手頃さ、合法性があることなどの理由から、このCBDを顎関節症などの治療に活用する人が増えています。 顎関節症の原因 顎関節症の原因は主に、関節炎を含む結合組織系の障害と、顎の損傷です。 特に、関節リウマチや変形性関節症などの関節炎と共に発症する事が多く、この場合には顎関節症の二次疾患として現れます。関節リウマチは、骨の関節を覆っている軟骨を標的とする関節炎です。 変形性関節症に関しては、より長い期間にわたって影響を与える事を除けば、軟骨がすり減るなどの特徴が顎関節症と酷似しています。 また、スポーツや暴力、事故などによる顎へのダメージも、顎関節症を引き起こす原因となります。さらには、習慣的な激しい歯ぎしりや食いしばりが顎関節症につながるという研究データもあります。 顎関節症の症状 顎関節症を患うと現れる最初のサインは、顎とその周辺の痛みです。耳、口、顔などの顎以外の部分が痛む場合もあり、顎関節症特有の頭痛が副症状として現れる事があります。 痛みの傾向としては、慢性的に続く場合や、食事の際などに顎を積極的に使ったとき鋭い痛みが走る場合があるなどさまざまですが、どの場合も基本的には噛む事が困難になっていきます。 また、咬筋痙攣も症状の一つです。咬筋痙攣自体は治療可能ですが、顎の筋肉が痙攣して痛むため、口を使うことがさらに困難になります。 顎関節症が及ぼす影響 顎関節症が日常生活に与える影響は、決して少なくありません。咬筋痙攣や痛みがある場合、食べたり飲んだりする事が難しくなり、さらに進行すると話す事にも支障をきたすため、社会生活で苦しい思いをする場面が増えるでしょう。 顎関節症が頭痛などの症状として現れている場合には、仕事など集中力を要する場面で影響を及ぼす可能性があります。また、顎関節症は見た目にも影響を与えます。患部を庇うために片側の筋肉だけ使い続けると、その側の筋肉だけが発達してしまうため、左右非対称に見えてしまうのです。 顎関節症ためのCBD 現在、家庭治療で顎関節症を治そうと考えている人の間で、CBD製品が大きな注目を集めています。製品のタイプは、CBDクリームやCBDオイルなど多様ですが、ほとんどの人は、より高濃度のCBDを含有しているオイルベースの製品を選びます。中濃度の1500mg(濃度15%)のCBDオイルボトルは、繰り返し起こる鈍痛を軽減するのに役立ちます。より強い痛みであれば、2500mg入りのCBDオイルボトルも販売されています。 慢性的な顎関節症やその他の痛みがあり、これまでCBD製品を使用したことがない人は、低〜中レベルの濃度のCBD製品を試してみる事をお勧めします。ただ、CBDに対する反応は体質や体内環境によって大きく変わる可能性があるため、まずは十分安全といえる少量の摂取から始めるといいかもしれません。濃度が低すぎて効き目を感じられなければ、より濃い濃度の製品に切り替えればいいだけですが、濃度が高すぎてしまうと効きすぎて健康を害してしまう恐れがあるので危険です。私たちは、レオナルド・ライノフ氏の著書である「CBD – A Patient’s Guide to Cannabis」の中で提唱している、ステップアップ方式を推奨しています。CBDの使用量についてより詳しく知りたい方は、当ウェブサイトの摂取量に関する記事をお読みください。 関連記事:CBDの摂取ガイド CBDを顎関節症の治療に使用する方法 CBDオイルとCBDクリームは、顎関節症治療としてCBDを使用する上で最も適しているタイプの製品です。では、どのように使用すればいいのでしょうか? CBDクリームは、スキンローションやクリームにCBDエキスが配合されている、シンプルな製品ですが、このタイプの製品は顎関節症だけでなくその他の多くの皮膚で起こる痛みに対して、大きな効果を発揮します。 使用方法としては、痛みのある患部に、保湿剤を塗るようにマッサージしながら塗ります。クリームの主な利点は、高い即効性と特定の部位に直接塗布できる利便性です。 CBDと心臓病薬 CBDは、心臓病薬の効果を大幅に低下させてしまう可能性がありますので、心臓病の薬を服用している方は、CBDを摂取する前に必ずかかりつけの医師に相談するようにしてください。 最後にCBDオイルの使用方法についてですが、一番一般的な方法は舌の裏に垂らす舌下摂取です。スポイトで数滴垂らしてから、飲み込む前に1分ほど口に含んで体内に吸収されるのを待ちましょう。この方法での適切なCBD摂取量は、体質やそのオイルの濃度、また体重によって異なるため、前述したステップアップ方式で最適な摂取量を調べる事をお勧めします。 関連記事:CBDと薬物の相互作用 CBDが顎関節症を改善するメカニズム CBDは、一言で言うと痛みのメッセージが脳に伝わらないようにする、神経遮断薬の様なものです。 人の体には、エンドカンナビノイドシステムという機構が備わっています。この機構の存在が知られる様になったのは、研究者たちが30年前にラットの体内にエンドカンナビノイド受容体を発見した事がきっかけでした。その後、さらなる研究によってエンドカンナビノイド受容体が人の体内にも存在し、カンナビノイドと相互作用できる環境が備わっている事が明らかになりました。 人の脳には、痛みを感じるための受容体を含む、様々な受容体があり、エンドカンナビノイドはその受容体を刺激したり遮断したりして管理する働きを持っています。CBDが顎関節症の痛みを軽減するのは、この働きによって痛みが遮断されるためです。 その他にもCBDが顎関節症の治療薬として期待されている理由があります。それはCBDの強力な抗炎症作用です。顎関節症の痛みと一見無関係の様に思えますが、実は顎関節症を発症すると、顎関節の周りの軟骨が摩耗したり劣化する事で関節の骨同士が接触してしまい、その結果周囲がダメージを負って炎症を起こすため、痛みをさらに悪化させているのです。したがって、関節の炎症を抑えることは、顎関節の痛みやその他の炎症性の痛みを和らげる事につながるのです。 また、CBDには関節炎治療としてだけでなく、予防薬としての利用価値がある事が研究で証明されています。関節炎の一種で、骨粗鬆症という、骨がもろくなってしまう病気がありますが、CBD製品は骨を強化し、骨折からの回復を助けるという非常に有力な研究結果があるため、この疾患に対しても大きな治療効果を発揮します。 予防は治療に勝るとは言ったもので、高齢者や家族に関節炎の兆候が見られる場合、CBD製品を定期的に摂取することで、この不快な痛みを伴う疾患を予防する事ができるかもしれません。 関連記事:予防薬としてのCBD CBDについての医学的研究 ここ数年の間に、顎関節症の鎮痛薬としてCBDが効果的だとする研究が多く発表されました。CBDは、痛み、不安、吐き気、発作などの多様な症状の緩和に効果があることがすでにわかっており、さらに驚くべき事に、がんに対しても治療効果があるという研究結果も存在します。 2011年に刊行されたBritish Journal of Pharmacology誌には、CBDが吐き気や嘔吐を和らげるとする研究結果が掲載されました。1 さらに、Epilepsy Behaviour誌に掲載された、2013年スタンフォード大学で行われた研究では、CBDが子供の発作の発生率を減少させるという非常に希望が持てる結果を残し、参加した子供とその家族に大きな利益をもたらしました。2 顎関節症に関しても、CBDの治療効果を調べた医学的研究は数多くあり、それらの研究結果によってより多くの人がCBDを顎関節症治療に活用したいと思う様になりました。2012年にJournal of Experimental Medicine誌で掲載された研究では、CBDは脳への痛みの信号を効果的に遮断するため、神経経路の遮断剤として働くと報告しています。3 この研究結果は、顎関節症の治療にCBDの使用を検討している人、特に長期的で恒常的な痛みと闘っている人にとって、大きな希望を与えるものでした。 また、European Journal of […]

続きを読む
CBDによる偏頭痛の改善

CBDによる偏頭痛の改善

片頭痛で処方される薬には、鎮痛薬や吐き気を抑える制吐薬、脳を刺激して片頭痛を抑えるトリプタンなどがあります。いくつかの研究によると、CBDは新たな偏頭痛の治療薬として大いに期待が持てる効果があるとされています。

続きを読む
線維筋痛症のためのCBD

線維筋痛症のためのCBD

線維筋痛症の患者さんは、通常よりも高いレベルの痛みを感じています。これは、エンドカンナビノイドの調節不全または欠乏が原因です。CBDが線維筋痛症の治療に有効であることを証明するためには、さらなる研究が必要です。

続きを読む
痛みに対するCBD

様々な痛みを軽減するCBD

カンナビジオール(CBD)は、様々な種類の痛みを軽減するのに役立ちます。 この成分は、炎症を抑え、その他のあらゆる健康面での不快感を軽減する効果があることで知られています。 CBDオイルと痛みに関する研究では、CBDオイルを使用すると鎮痛効果を得られるという結果が報告されています。慢性的な痛みに悩む人にとって、この天然で安全性の高いカンナビジオールは、依存性の高いオピオイドなどの鎮痛剤の代わりとなり得る薬として高い注目が集まっています。1 慢性的な痛みに関する研究が重ねられていくことは非常に望ましいことですが、実は、既にCBDが安全性の高い効果的な治療法であることを示すデータは十分に揃っているのです。2 CBDはどのような痛みに効果がある? 慢性痛 慢性痛とは、体のある部分に強い痛みを感じ、それが長期間にわたって続いている状態を指します。 正確には、12週間以上続く痛みが慢性痛と呼ばれます。 この痛みの原因は多岐にわたり、 怪我や捻挫、睡眠障害など、あらゆる症状や疾患が慢性的な痛みの要因となることがあります。 こうした痛みが激しいと、体を思う様に動かすことができず、不快感を伴います。 慢性痛を放置しておくと、将来的に障害が残る場合があるため、放置しておくことは危険です。 慢性痛のレベルを測り、正しく痛みの場所や原因を診断するという技術は、今のところありません。 そのため、現時点では、痛みを訴える人が医師にその度合いや場所を伝えることでしか、原因を特定する方法はありません。 近年の研究によって、CBDがこうした特定が難しい痛みの軽減に非常に役立つということが証明されています。 生理痛 成人女性は誰でも、生理痛がどれほど辛いものかをご存知でしょう。 中には痛みが強すぎて、注射に頼らなければならないほど生理痛が重い女性もいます。 そういった悩ましい生理痛を和らげるための最良の選択肢として、近年CBDオイルが大きな注目を集めています。 CBDオイルには、筋肉弛緩作用と抗炎症作用があり、痛みの原因となっている体の部位をリラックスさせる働きがあります。3 この働きによって、月経期間中に引き起こされる腰痛を緩和することに加え、 CBDオイルの不安感を和らげる効果によって体がリラックスしますので、、気分の落ち込みを最小限に抑えることができるでしょう。 こういった多面的な効果を持つCBDオイルは、生理痛やPMSの諸症状に悩む人には最適な選択肢なのかもしれません。4 偏頭痛 偏頭痛は、ストレスや風邪などによる通常の頭痛とは異なり、深刻な症状を伴います。 痛みの強さは様々ですが、場合によっては鎮痛剤に頼らざるを得ないほど強い痛みを引き起こします。 片頭痛は通常、頭の片側のみに起こり、音や光に敏感になったり、吐き気を催すことがあります。 また、長期にわたって脳にダメージを与え続ける可能性もあるため、放置する事は危険です。 CBDオイルは、こうした片頭痛の症状を和らげる効果があるとして、今大きな注目を浴びています。 その理由として、CBDオイルには陶酔作用を引き起こす向精神物質が含まれておらず、安全に使用できるという事が挙げられます。 また、CBDはセロトニンの増加を促す作用もあるので、脳内のセロトニン不足が原因で起こるとされている偏頭痛が根本から改善します。 また、CBDオイルにはリラックス効果もあるので、身体に塗布するなどすれば精神面でも効果が期待できます。こうした理由から、CBDが片頭痛には最良の選択肢だと言えるでしょう。 関連記事: 偏頭痛に効くCBD 関節炎の痛み 関節炎は激しい痛みを伴う関節の病気で、 関節に炎症が起こり、年齢とともに悪化します。 患う人の多くが経験する主な症状としては、痛みや腫れがあり、 また、体が硬くなったり、身体の動きが鈍くなるケースもあります。 関節炎による痛みを改善する方法として、多くの人が理学療法や薬物療法を頼り、症状が重いと手術を受ける場合もあります。 関節炎には、関節リウマチと変形性関節炎の2種類ががあります。 関節リウマチの症状は、関節のこわばりや手足の腫れなどで、 変形性関節症は、関節軟骨と骨に影響を与え、 膝、腰、親指の関節が変形するなどの症状が起こります。 CBDは、これらの症状によって起こる炎症や痛みを和らげる効果があり、副作用も極めて少ないため、5 この関節炎による耐えがたい痛みを軽減する方法としては、非常に理にかなっていると言えるでしょう。 また、CBDは自然界に存在する物質から作られているため、脳に悪影響を及ぼすことはありません。 関連記事: 関節炎のためのCBD がん関連の症状 がんは誰もが恐れる病気です。 現れる症状はどの部位が侵されているかによって変わりますが、どの場合であっても不快な痛みを伴います。 CBDオイルは、そういった辛い痛みを軽減し、コントロールしてくれます。 また、薬物治療にはつきものの、吐き気を和らげる効果もあります。 特に、ガンの初期の段階からCBDオイルを使用すれば、その他の過酷な症状を軽減することができるでしょう。 […]

続きを読む