cbd muscle relaxant

CBDは筋肉弛緩剤として機能する?

本稿では、CBDが筋肉の痛みに対してにどのような働きをするのか、また、エンドカンナビノイドシステムに干渉することで筋弛緩剤としてどのように働くのかをわかりやすく解説していきます。 鎮痛剤は、中枢神経系を介してこうした化学物質が生成されるのを防ぎ、脳が痛みを認知するプロセスをブロックします。 これにより、実際には痛みの元が存在していても脳が痛みがないかのように錯覚するのです。 しかし、損傷が筋肉に起こっている場合は、鎮痛剤よりも筋弛緩剤を使用する方が効果的です。筋弛緩剤は、筋肉損傷箇所に作用し、コリや緊張を和らげ、痛みを軽減してくれます。従来の筋弛緩剤は天然ではない これらの医薬品は、いずれも有機合成反応によって人工的に作られるため、大きな副作用があります。そうしたリスクを避けたい人には、天然の筋弛緩剤として作用するCBDオイルがおすすめです。CBDオイルは、筋肉の痛みを効果的に和らげるという証拠も示されています。 CBD と エンドカンナビノイド システム(ECS) CBDは、神経伝達物質受容体と相互作用することで、健康に大きなメリットをもたらす天然成分です。人の体には、脳をはじめとする体内のあらゆる部位に、神経伝達物質であるエンドカンナビノイドに反応する、カンナビノイド受容体が分布しています。通常エンドカンナビノイドは体内で自然に生成され、末梢神経系と中枢神経系を通って脳に伝達されます。この機構の働きは完全には解明されていませんが、食欲、気分、痛みなどの心理的、認知的、身体的なプロセスを正常に保とうとする調節機能がある事がわかっています。 CBDは、カンナビスと呼ばれる植物から抽出されますが、エンドカンナビノイドと似た性質を持っているため、体内のカンナビノイド受容体にも同じような作用をもたらすのです。このエンドカンナビノイドに極めて近い構造を持ったカンナビノイドは、エンドカンナビノイドシステムが正常に働くのを助ける事で体内のあらゆる機能を調節する事ができるため、疾患や症状の治療に効果的だとされています。CBDが筋弛緩剤として筋肉の痛みを軽減するのに役立つと言われているのは、ここで言う「あらゆる機能」に、運動、痛み、精神安定も含まれている事が理由です。 手術の際に麻酔薬として使用され鎮痙剤は特に危険だと言われており、心拍数を変動させてしまうため、高齢者にはリスクの高い薬です。また、この薬の成分はオピオイド系のグループに属しているため、依存してしまう危険性もあります。それに対し、CBDが依存症をきたしたという事例は、一つも報告されていません。1 それどころか、CBDは依存症対策に役立つという研究結果が出ているほど、依存性とは縁遠い成分なのです。2 エンドカンナビノイドシステムとCBDとの強い結びつきが、筋弛緩効果を生み出す鍵になっていることは、すでに前項で触れました。では、具体的にはどのように結びついて筋弛緩の効果を生み出すのでしょうか。3 まず、過剰に収縮した筋肉をリラックスさせるためには、エンドカンナビノイドを十分に供給する必要がありますが、CBDは、痛みが発生したときに放出される化学物質の放出スピードを遅らせ、体内のエンドカンナビノイドの供給量を大幅に増加させます。このようにして、筋肉の弛緩を助け、痙攣を抑えるという2つの効果によって筋肉の痛みを軽減するのです。 オイルとチンキ 軟膏 ローション 関連記事:CBDの使用方法 完全ガイド 別の種類の痛みに対するCBD CBD製品は、違ったタイプの痛みの軽減にも幅広く応用する事ができます。 慢性疼痛は、改善が最も難しいとされるタイプの痛みと言われており、その名の通り、長期間にわたって慢性的に起こり、日常生活に大きな影響を与えます。英国薬理学会の主導した研究によると、CBDは様々なタイプの慢性疼痛を安全かつ有効に軽減することのできる成分であることが示唆されています。4 関連記事:CBDと痛み CBDの治療効果は数え切れないほどありますが、痛みに関するものだと関節炎、骨粗しょう症、多発性硬化症などの治療に大きな効果があるとされています。 筋肉の痛みのためのCBDオイル – まとめ CBDは、筋肉の痛みをはじめとするさまざまな病状に対して有効である事が数々の医学研究で明らかになっており、そうした研究の結果から、CBDが効果的な筋弛緩剤として普及していく事が示唆されています。カンナビスから抽出される天然成分であるCBDは、体内バランスを調節するエンドカンナビノイドシステムと相互作用してリラックス効果や筋弛緩作用をもたらすため、大きな副作用のない理想的な治療薬の可能性を秘めています。 正式に医薬品として承認されるためにはさらなる臨床研究が必要となるため、処方薬としてCBDを受け取る日はまだ先になりそうですが、現在でも実際に治療に役立てて効果を体感している人の声は多数見受けられます。医療応用をゆっくり待ちながら、こうした声を判断材料に、CBDの使用を検討してみるといいかもしれません。 筋肉痛のためのCBD – カスタマーレビュー For me – the best CBD product…  “For me, it’s the best CBD product on the market, I have tried some and […]

続きを読む
cbd and restless leg syndrome

CBDオイル – レストレスレッグス症候群(RLS)を自然に治癒する方法

レストレスレッグス症候群のためのCBD 現在、RLSに対する決定的な治療法は見つかっておらず、一般的な医療機関で治療を受けると、ドパミン作動薬や鉄分を補う薬、抗てんかん薬、睡眠薬などを処方されるだけというケースがほとんどでしょう。こうした薬には何らかの副作用がある上に、服用したにもかかわらず症状の改善が見られない場合も多々あります。 残念なことに、CBDオイルにもこの疾患を治す力はありません。しかし、悪化した症状を抑えてより快適な生活を送る手助けをしてくれる強い味方になってくれるでしょう。CBDオイルには体を落ち着けるリラックス効果があるため、RLSで乱れてしまっている睡眠の質を上げてくれます。また、ドーパミンの量が増加し、脳内の神経伝達物質が活性化することにより、不随意運動が大幅に減少し、不安感が改善されます。同じ神経疾患であるパーキンソン病も、CBDオイルを摂取することによる症状改善が確認されています。 CBDオイルのRLSに与える影響を調べた研究 フランスのボルドーにある臨床神経科学研究所で行われた小規模な研究では、試験に参加した患者の83%に、RLSの症状改善が確認されたと報告しています。1 レストレスレッグス症候群に対する自然療法の有効性を調べたこの研究の参加者は、わずか6人と、統計学的に信憑性を持たせるには少ない人数ではあったものの、参加した6人のうち5人が症状の改善を実感したという事実は、CBDがこの疾患に有効であることを証明する大きな一歩となりました。 カンナビスと痛み・睡眠の関連性を調べた別の研究では、カンナビスが睡眠を補助する役割を持っており、RLSもこの植物の抽出液によって症状を緩和できる疾患であると説明されています。2 睡眠不足はレストレスレッグス症候群の症状の中でも最も苦しいものの一つなので、CBDの力でこの悩ましい症状が改善されるというのは、RLSを患う人にとっては大きな希望に違いないでしょう。 レストレスレッグス症候群に向けたCBDの使用方法 レストレスレッグス症候群に有効なCBDオイルの摂取方法はいくつかありますが、効き目や使い心地は人それぞれなので、自分に合った最適な摂取方法を選ぶといいでしょう。 線維筋痛症とレストレスレッグス症候群に対する自然療法 最近の調査で、線維筋痛症の女性の約30%がRLSを併発している事がわかっています。最近の調査で、線維筋痛症の女性の約30%がRLSを併発している事がわかっています。また、レストレスレッグス症候群を患っている人がCBDオイルを摂取する事で、筋肉の慢性的な痛み、うつ症状、集中力欠如、そして線維筋痛症が大幅に改善すると言われています。線維筋痛症にCBDオイル使用することの科学的研究は現時点ではほとんど行われていませんが、実際に使用してかなり症状が改善されたという報告があり、。症状を抑えるための効果的な方法として、RLS患者の間で人気が高まっています CBDと線維筋痛症については、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。 まとめ – CBDオイルはレストレスレッグス症候群の治療に有効か? これまでの内容を考慮すると、CBDはレストレスレッグス症候群の治療に適していると言えるでしょう。CBDを摂取することにより、足を動かしたいという衝動が大幅に減り、夜に静かに眠る事ができるようになったという事例が数多く報告されました。また、経口摂取するオイルタイプでも塗布するクリームタイプでも、すでに多くの人がその確かな効果を実感できているため、安心して使用する事ができます。これは、従来の副作用の強い化学合成医薬品の投薬治療とは違って、副作用も少なく天然成分のみで作られている、比較的安価で安全な症状改善法です。 レストレスレッグス症候群は、必ずしも治療が必要な疾患ではありません。しかし、そのままにしておくと生活に大きな支障がでてしまいますので、運動や食生活の改善、減量などで根本から改善したり、CBDのような天然成分で症状を緩和する道を検討してみてはいかがでしょうか。 参考文献 Shannon, Scott, and Janet Opila-Lehman. „Effectiveness of cannabidiol oil for pediatric anxiety and insomnia as part of posttraumatic stress disorder: a case report.“ The Permanente Journal 20.4 (2016): 108 [↩] Russo EB, Guy GW und Robson […]

続きを読む
喘息のためのCBD

喘息のためのCBD:CBDは喘息に効く?

WHOが行った調査で、世界中で約2億3500万もの人が喘息に苦しんでいるという統計が発表されました。1 喘息は、子供がかかる病気の中で最もかかりやすい慢性疾患の一つと言われています。喘息にかかる人の割合は、年々増加の一途をたどっています。喘息は重病には分類されませんが、その有症率からすると世界中を支配してしまっても不思議ではありません。本記事では、喘息とは何か、また、喘息の一般的な治療法にはどんなものがあるかを紹介していきたいと思います。 喘息とは? 喘息は、気道が炎症を起こして狭くなってしまい、2 それによって呼吸が大変困難になってしまう慢性疾患です。この収縮は、肺に酸素を送り込むための気道で起こるため、非常に苦しい症状と言われています。 喘息を取り巻く状況は、年々悪化しています。これは、毎年200万人もの喘息患者が病院を訪れていることからも明らかです。 CBDは喘息に効くの? CBDは強力な抗炎症作用を持っています。CBDが喘息の症状緩和に効くとされる一番の理由はこの抗炎症作用にあり、CBDを摂取することによって体内で悪化した炎症をうまく管理できるようになるのです。 また、CBDを毎日習慣的に使用することで、喘息そのものをコントロールし、発作の際の筋肉の痙攣や痛みを軽減することができます。 筋痙攣の緩和 CBDには、筋痙攣(筋肉のつり)を緩和する作用があります。喘息の発作として起こる気管支けいれんは、肺の筋肉が突然収縮する事を言います。この収縮により急激に呼吸困難に陥りますが、この現象に対する体の反応は軽いものものから極めて重度のものまで、実に様々です。この気管支けいれんは、喘息を診断する上での基準となっています。CBDが効果を発揮するのは、この気管支けいれんが起こった時です。CBDは、筋肉のけいれんを抑えたり、完全に止めるのに極めて効果的であることが、数々の研究によって明らかになっています。 喘息の治療にCBDを使用するメリットの一つとして、副作用が極めて少なく安全に摂取できるという利点があります。喘息治療にCBDを使用した人の多くは、副作用がない、もしくは非常に軽微なものであったと報告しています。こうしたことから、CBDは推奨されている摂取量や摂取方法を守って使用する限りは、非常に安全な成分だと言えます。 カンナビスがCBDの気管支けいれんを抑制する働きを調べる多くの研究で、この作用がカンナビスの一成分であるCBDによるものだということが証明されました。この気管支の筋肉を弛緩する作用によって、CBDは効果的な筋痙攣の緩和を可能にしているのです。より分かりやすい言葉に言い換えると、体がリラックスする事で呼吸がしやすくなるのです。つまりは、肺周辺の筋肉をリラックスさせることで、心臓に酸素を供給する気道が広がり、呼吸が楽になります。 鎮痛作用 CBDは、喘息による痛みを和らげる力もあります。この鎮痛作用は、CBDが喘息に与えるメリットの中でも特に注目すべき点です。痛みは、喘息の主症状として数えられていませんが、実際には喘息の発作で4分の3以上の人が胸の痛みを訴えています。 特に発作がひどい場合は、耐えがたいほどの強い痛みを感じると言われており、この苦しい症状は無視できない問題です。ここで着目すべき点は、肺には痛みを感じる神経がないため、この痛みは別の場所で起こっているということです。喘息患者が感じる痛みは、実は呼吸困難からくるものなのです。 CBDが喘息に対して示す鎮痛効果のみを具体的に調べた研究はまだ行われていませんが、筋肉のけいれんや肺の圧迫感を和らげることは明らかになっています。こう言った作用により、気道内の空気の流れがスムーズになり、筋肉への負担が軽減されるので、これだけでも呼吸時の痛みを抑えるには十分といえるでしょう。 喘息とエンドカンナビノイドシステム これまで、エンドカンナビノイドシステムと様々な薬物の相互作用を調べる多くの研究が行われてきました。そしてこれらの研究の過程で、一つの事実が明らかになりました。それは、エンドカンナビノイドシステムが特定の疾患に対して保護的役割を果たしていることです。この疾患には喘息も含まれています。 喘息に最適なCBDの摂取量 本章では、理想的な摂取量を知るためのステップアップガイドをご紹介いたします。ライノフ氏とバーンバウム氏は、彼らの共著『CBD: A patient’s guide to Medical Cannabis』3 の中で、喘息のためのCBD摂取の際には、マイクロドースと呼ばれる低用量から始める摂取方法を推奨しています。 用法・用量の詳細については、CBDの用法・用量に関する記事をご覧ください。 CBDで喘息を改善するには、どのように使用すればいい? 喘息の治療にCBDを使用する場合、CBDオイルがおすすめです。CBDオイルを経口摂取する場合は、数滴を舌の下に垂らし、口の中で完全に吸収されるまで含んでいてください。すぐに飲み込まずないように気をつけてください。そうすることで、消化、吸収がより早く行われます。こうした方法が苦手という方は、カプセルタイプを選ぶか、飲み物に混ぜて摂取する方法がおすすめです。 喘息とCBDに関する研究で明らかになったこと ここ数年で、世界中の研究機関や団体で、喘息治療におけるCBDの有効性に焦点を当てた医学研究が、数多く行われてきました。4 これらの研究は、CBDの喘息治療への有効性、そして喘息患者が治療にCBDを取り入れることによって、この病気をコントロールできるようになることを証明するものです。5 研究は主に、CBDに対して偏見のない様々な分野の専門家、研究機関、組織によって行われました。一つ一つの素晴らしい研究が、CBD摂取は喘息に対する最も安全な治療方法の一つであることを明確に示しているのです。 参考資料 Who.int. (2019). WHO | Asthma. [online] Available at: https://www.who.int/respiratory/asthma/en/ . [↩]WebMD. (2019). Guide to Asthma. [online] Available at: https://www.webmd.com/asthma/what-is-asthma#1 [↩]Leinow,, L. […]

続きを読む
不眠症のためのCBD

不眠症のためのCBD

CBDで不眠症を解消する方法 夜中、何時間も寝付けずに、十分な睡眠が取れなかった事はありませんか?そんな時はどれだけ横になっても、全く眠気がやって来ないものです。こういった状態が続くようであれば、不眠症を疑いましょう。医療専門家によると、不眠症とは眠りにつく事が出来ない状態を指します。近年、睡眠障害に悩む人々が世界的に増え続けています。 不眠症が悪化すると、倦怠感や日中の眠気、肉体的、精神的な慢性の体調不良を引き起こすと言われています。特に押さえておきたいのは、慢性疾患に繋がる可能性があるという点です。不眠症の原因は多岐にわたります。 ホルモン(エストロゲンなど) 周囲のいびき 遺伝的要因 寄生虫 脳の覚醒 妊娠 うつ病、双極性障害、統合失調症などの心の病気 胃酸逆流、慢性疼痛、心不全などの身体的問題 アルツハイマー型認知症 概日リズム睡眠障害 こちらは、不眠症とCBDに関する動画です。 なぜ不眠症改善にCBDが使われる? カンナビジオール(CBD)はカンナビスの構成成分であるカンナビノイドの一種です。カンナビスから抽出された成分ではありますが、THCのような向精神作用を引き起こす諸成分から完全に分離されています。このカンナビスの構成成分は、様々な病気、疾患の治療や改善に有効とされています。その理由は、CBDがそれ単体で、リラックス効果、抗炎症作用、抗精神作用など、多様な効能を持っているからです。1 2 3 これらの性質は、不眠症が引き起こす睡眠障害を最小限に抑えるのに、大いに役立ちます。痛みが原因の場合は、CBDの抗炎症作用によって、不安が原因となっている場合はリラックス効果によって、静かで快適な睡眠が得られるようになるでしょう。 メラトニン メラトニンは、豆粒大の大きさの松果体と呼ばれる脳の一部から分泌されるホルモンです。このホルモンは、私たちの体内時計が正常に働くように調整してくれています。外が暗くなると視床下部にある視交叉上核によって松果体が活性化します。すると、メラトニンの数値が上がり、眠気がやってきます。 夜であってもTVを見ていたり明るい場所にいると、脳は昼だと錯覚し、覚醒状態になります。また、スマホなどから発せられるブルーライトも、メラトニン分泌の妨げになってしまいます。夜に眠るためにメラトニンが分泌される脳の仕組みはどんな人にも備わっていますが、メラトニン単体では十分に眠気がやってこないケースもあります。4 CBDとメラトニンの相乗効果 CBDは睡眠導入を促進する効果はありませんが、睡眠の質を向上させる力を持っています。この効果は、動物を対象とした実験結果で実証されており、抗不安作用、抗精神作用などの効果によって、意識下で起こるストレス感情が軽減される事がわかっています。また、CBDのけいれんを抑える効果によって、筋肉の緊張が和らぎます。この様に、CBDは、身体がリラックスするのを全面的にサポートしてくれるのです。5 6 7 一方でメラトニンは主に入眠を促す役割を持っています。このホルモンの血中濃度が増加すると、身体は休息モードに切り替わります。 不眠症改善にCBDを使用するメリット 多くの不眠症に悩む人の多くが、不眠から救われるためにCBDを活用しています。この方法が最も有効な治療法だと言われているのは、下記の様な様々な症状改善が見込めるからです。 平均の睡眠時間の向上 睡眠不足に悩んでいる人にとって、少しでも多く睡眠が取れる事は何より大事な事でしょう。幸いな事に、CBDはそのための大きな手助けをしてくれます。実際のところ、一番効果的な方法と言ってもいいかもしれません。 ドライマウスに関しては、水を摂取する事で簡単に改善する事が可能です。また、高濃度のCBDを摂取する場合には、同時に服用しているその他の医薬品の効果を低下させてしまいます。この問題は副作用として数えられる事がありますが、用量を調節する事で容易に対策する事が出来るでしょう。 CBDオイルの副作用についてのより詳しい情報とガイドはこちら 不眠症のためのCBDの摂取量について 睡眠障害を改善するためにCBDを摂取する場合、低用量摂取を一定期間行う事で改善が見られるという事が明らかになっています。自分に合った摂取量を見極めるためには、ライノフとバーンバウムによる入門ガイドを参考にする事をおすすめします。8 このガイドによれば、最初は少量の摂取から始め、期待する効果が現れるまで徐々に量を増やしていくという方法が紹介されています。 CBDの適切な摂取量については、私たちのCBD摂取量ガイドをご覧ください。 CBDで不眠症を改善するには、どのように使用すればいいですか? 睡眠は、私たちの身体の再生機能にとって最も重要な要素です。数多くの病気や精神疾患が、睡眠障害によって引き起こされると言われています。メラトニンとCBDの相乗効果によって、睡眠の導入、そして睡眠の質の改善が期待できます。この二つの成分が、健康な質の高い睡眠体験をもたらしてくれます。ボトル一本は通常30mlで、大体30〜50回の使用が可能です。 CBDと不眠症に関する研究 昨今、不眠症の患者数は増加傾向にあり、それに伴って再現性のある解決策が求められるようになりました。そのため、睡眠障害を改善するための研究が、数多く行われました。代表的な研究には以下のようなものがあります。 エンド・カンナビノイドの信号による睡眠の安定性の抑制 カンナビス、カンナビノイドと睡眠:文献レビュー カンナビス・サティバのCBD成分がラットに及ぼす睡眠制御効果 2017年に公開された特許では、CBD摂取がミオクロニー脱力発作を伴うてんかんによるいびきを改善する有効な治療法だと報告されています。9 米国のケーススタディでは、CBDが不安軽減や睡眠の向上が期待できる、安全で有効な成分だと発表しています。対象患者は、PTSDによる不眠に苦しむ10歳の少女でした。10 おすすめの読み物: ナルコレプシーの自然療法 参考文献 Shannon, Scott, et al. „Cannabidiol in […]

続きを読む