CBDとは?
< 1

✓ Evidence Based


5/5 - (1)
最終更新日 12 10月 2021

CBDとは?

CBDは、カンナビスという植物が生産するもので、「ヘンプ」や「産業用ヘンプ」とも呼ばれています。 カンナビスは、向精神薬として有名なTHCのおかげで、多幸感をもたらすことで広く知られています。 CBDはCBDオイルを抽出する際に濃縮されます。 CBDはTHCと異なり、人に多幸感や向精神作用を与えません。 つまり、オイルを摂取しても「ハイ」にはならないということです。

CBDオイルやCBDを高濃度に配合した製品を使用する目的は、「ハイ」になることではなく、CBDを摂取することで得られる多くの健康上のメリットがあります。 CBDとTHCの違いについてはこちらをご覧ください。

CBDオイルを使うことで得られる健康効果

関連記事: 知っておきたい、CBDの5つの事実

CBDを摂取すると薬物検査に引っ掛かるか?

CBDについてよく聞かれる質問の一つに、CBDを摂取して薬物検査に引っ掛かるかというものがあります。 たしかに、CBDを含む製品は、THCやカンナビスを調べる薬物検査で陽性反応を示すことがあります。 尿検査器や唾液検査器は、あらゆる種類のカンナビノイドに反応します。 特定のカンナビノイドを示すことができる血液検査をいつでも要求することができます。

CBDオイルはどのようにして作られるのですか?

CBDオイルを作るには、CBDの含有量が多いヘンプの原料を選ぶことが重要です。 CBDオイルを抽出する方法はいくつかあります。 アルコール抽出は、今でも一部の生産者が行っているオリジナルの方法として知られています。 アルコール抽出の問題点は、このプロセスにおいて、植物からどれだけ純粋なCBDが抽出されるかを規制することが難しいことです。 CO2プロセスは、単純なエタノール抽出に比べて、非常に特殊な装置と、かなり高いオペレーターの知識・能力を必要とします。

エンドカンナビノイド・システムとは何か、なぜそれが健康に不可欠なのか?

グーグルで「カンナビス」という言葉を検索すると、何千もの結果が出てきます。 グーグルで「大麻」という言葉を検索すると、何千もの結果が出てきます。 さらに「カンナビノイド」という言葉を加えると、検索結果は倍になります。 カンナビスとカンナビノイドの効能に関する科学雑誌は1万誌以上あります。 カンナビスとカンナビノイドに関する何千もの科学的研究を整理していく中で、ひとつ確かなことは、カンナビノイドの機能的なシステムが健康に不可欠であるということです。

1つのハーブがこれほど多くの症状に効果があり、安全でありながら、これほど強力な効果をもたらすことができるのか、と疑問に思うかもしれません。 その答えは、実はとてもシンプルです。

まず、エンドカンナビノイドシステムを理解する必要があります。1 私たちの体には、エンドカンナビノイドシステムという特別なシステムがあります。 エンドカンナビノイドシステム(発見のきっかけとなった植物にちなんで名付けられた)は、睡眠、食欲、痛み、免疫系の反応などの調節に関与しています。2

体内では、神経系のカンナビノイド受容体に結合する神経伝達物質であるエンドカンナビノイドと呼ばれるものが生成されます。 興味深いことに、エンドカンナビノイドシステムが発見されたのは1980年代に入ってからです。 この特殊なシステムには、CB1受容体とCB2受容体があります。

カンナビノイド受容体とは?

すべての脊椎動物は、環境の変化に適応する方法として、エンドカンナビノイドシステムを持っています。 科学者たちは、異なる種のカンナビノイド受容体の遺伝子を比較し、エンドカンナビノイドシステムは6億年以上前の原始的な動物で進化したと推定しています。

CB1受容体は、神経系、結合組織、生殖腺、腺、および器官に存在します。 同時に、CB2受容体は、免疫系、脾臓、心臓、腎臓、骨、血管、リンパ細胞、内分泌腺、生殖器などにも存在しています。

CB1受容体とCB2受容体の両方が存在する組織は多くあります。 現在、研究者たちは、まだ発見されていない第3のカンナビノイド受容体があるのではないかと考えています。

カンナビノイド受容体の役割とは?

私たちの身体は、この受容体を刺激するエンドカンナビノイドを自然に作り出します。 これらの受容体が刺激されると、さまざまな生理現象が起こります。 体内で生成されるエンドカンナビノイドの中で最もよく知られているのは、アナンダミド(アナンダはサンスクリット語で至福を意味する)と2-アラキドノイルグリセロール(2/AG)です。 これらのカンナビノイドは、体内の受容体に結合した後、血圧、食欲、気分、痛みの反応など、さまざまな生理作用をもたらします。

植物性カンナビノイドは、体内のカンナビノイド受容体を刺激することができる植物性物質です。 デルタ-9-テトラヒドロカンナビノール(THC)は、これらの中で最も向精神性が高く、間違いなく最も有名な物質ですが、カンナビジオール(CBD)やカンナビノール(CBN)などの他のカンナビノイドは、様々な治癒効果があることから、研究者の関心を集めています。

植物性カンナビノイドの多くはカンナビスサティバから分離されていますが、エキナセア・プルプラなどの他の薬草にも、向精神作用のないカンナビノイドが含まれていることがわかっています。 カンナビス植物自体も、THCをはじめとするカンナビノイドを利用して、自らの健康を増進し、病気を予防しています。

カンナビノイドには抗酸化作用があり、太陽の紫外線の危険性から葉や花の構造を守ります。 カンナビノイドには抗酸化作用があり、太陽の紫外線の危険性から葉や花の構造を守ります。 人間には、老化、がん、治癒力の低下などの原因となります。 植物に含まれる抗酸化物質は、害を防ぐための天然のサプリメントとして古くから奨励されてきました。

CBDは、エンドカンナビノイド受容体の活動に影響を与え、炎症を抑え、神経伝達物質と相互作用することで、慢性的な痛みを軽減させる可能性があるという研究結果が出ています。 例えば、ラットを使った研究では、CBDの注射が外科的切開に対する痛みの反応を抑えることがわかり、別のラットを使った研究では、CBDの経口投与が坐骨神経の痛みや炎症を有意に抑えることがわかりました。3 . いくつかのヒトの研究では、CBDとTHCの組み合わせが、多発性硬化症や関節炎に関連する痛みの治療に有効であることがわかっています。

CBDは体にどのような影響を与えるのでしょうか?

CBDオイルにはどのような副作用がありますか?

CBDは安全な物質と考えられていますが、他の健康補助食品と同様に、いくつかの副作用の可能性が知られています。

CBDの副作用として考えられるのは:

1. ドライマウス
2. 低血圧
3. 頭の軽さ
4. 眠気

参考文献

  1. Lee, M.A.: The Discovery of the Endocannabinoid system. Retrieved from http://www.beyondthc.com/wp-content/uploads/2012/07/eCBSystemLee.pdf (2010 []
  2. Mouslech Z, Valla V. (2009).Endocannabinoid system: An overview of its potential in current medical practice. Neuro Endocrinol Lett. 30(2):153-79 []
  3. Genaro, K., Fabris, D., Arantes, A., Zuardi, A., Crippa, J. and Prado, W. (2017). Cannabidiol Is a Potential Therapeutic for the Affective-Motivational Dimension of Incision Pain in Rats. Frontiers in Pharmacology, 8. []

投稿者

CBDの専門家 | 記事を読む

英語とフランス語の通訳・翻訳を傍らにVickyはアメリカのCBD業界で経験を積んできました。CBDについて学ぶうちにあらゆる局面で体へのメリットをもたらすことを知り、その中でも皮膚に関する研究に興味を持ちました。以来、彼女はCBDと皮膚に関するリサーチを中心にCBDの記事を書いている。

フェイスブックでCBDユーザーと繋がろう!

ほかのCBDユーザーと体験談を共有したり、お話しませんか?CBDについて質問はありませんか?こちらのフェイスブックグループではユーザー同士が繋がり、情報交換できる場になっています。

コメントを残す

Your email address will not be published. Required fields are marked *

2 × 1 =