cbd legal
2 min.

✓ Evidence Based


5/5 - (1)
最終更新日 11 11月 2021

CBDオイルの合法性を語る際には、様々な用語が飛び交います。カンナビス、ヘンプ、THCといった言葉は、CBDオイルなどが合法的に飲用・購入できるかどうかを簡単に判断できることが多いのです。なぜそれが重要なんでしょうか?カンナビジオール製品は、見た目も味も同じですよね?そうではありません。今回は、カンナビスの種類、カナビス製品が合法である理由、CBDが合法である国についてお話しします。

カンナビスの説明をします

高濃度のTHCを含むカンナビスを娯楽目的で使用することは、世界のほとんどの国で禁止されています。しかし、多くの国では、個人的な所持を非犯罪とする非犯罪化政策を採用しています。また、もっと厳しい罰則を設けている国もあります。例えば、アジアの一部の国では、カンナビスの所持は合法ではないばかりか、数年間の禁固刑に処されることもあります。中近東のほとんどの国では、ごく少量の所持でも厳罰に処されることがあります。

アメリカでは、州によって法的地位が異なります。ヘンプの栽培は、2018年の農業法案のおかげで、連邦レベルで正式に合法化されました。今回の2018年農業法案では、多くの農家がカンナビジオール製品の製造に使用される特定の種類のカンナビス植物を栽培することができるようになりました。この化合物はヘンプ由来であることが知られており、米国ではCBDオイルの原料として広く使用されており、主に様々な病状の部分的な治療に用いられています。また、米国内にはカンナビスの安全な使用を支援・擁護する団体が数多く存在します。

CBDはアメリカ全土で合法なのですか?ガイドはこちらから。

その前に、少し話を戻して、カンナビスとCBDについて説明しましょう。カンナビスとは、アサ科のバラ目に属する植物を指します。1 3つの主要な種で構成されています。サティバ、インディカ、ルードラリスの3種類です。ヘンプやカンナビスはよく「種」と呼ばれますが、実はそうではありません。2 「Journal of Cannabis and Cannabinoid Research」によると、「ヘンプ」や「カンナビス」という言葉は、カンナビスを広く分類したもので、異なる文化圏で日常的に使われるようになりましたが、厳密にはそれだけでは植物とは呼べません。3

現在では、このような認識で臨んでいます。

  • 「ヘンプ」とは、Cannabis Sativa L.などのかな品種で、THCフリーのものを指します。4 その栽培は州当局が監督しています。
  • 「グラス」、「ウィード」、「ポット」、「ガンジャ」は同義語で、THCを含み、使用者に向精神作用や多幸感をもたらすカンナビスの品種を指します。5

カンナビジオールは、カンナビスに含まれる60種類以上の化合物の一つで、「ヘンプ」も「医療用大麻」も化学構造の中に含まれていることになります。6 これは、CBDオイルがすべてのカンナビス植物から調製できることも意味していますが、CBDとTHCの濃度は植物ごとに異なります。

CBDが法的に認められる理由は?

欧州における医療用または栄養補助食品としてのカンナビスオイルの合法性は、一般的には国によって異なります。世界のカンナビスの法律は、所持、流通、飲用方法、使用可能な病状などが異なる場合があります。しかし、EUの法律ではほとんどの国で、CBDオイルはTHCが0.2%を超えてはならないことになっています。7 これは、欧州連合のすべての国に適用されます。つまり、CBDを多く含むカンナビスの品種、すなわちCannabis Sativa L(CSL)の品種を使ってオイルなどを作らなければならないのです。

CSL品種の栽培は、EUの「農業植物種の品種共通カタログ」に登録されていること、植物中のテトラヒドロカンナビノール(THC)の濃度が0.2%を超えないことを条件に、EUで公式に認められています。

しかし、独自のカンナビス関連法に従い、カンナビジオールを部分的に合法化している国や、全く合法化していない国もあります。CBDオイルを購入する際には、必ず地元の自治体に確認することをお勧めします。

CBDが合法な国はどこですか?

オーストリアのCBDオイル事情 ✅

CBDオイルはオーストリアで購入することができます。ただし、サプリメントや薬として宣伝されていないことと、THCの最大含有量が0.3%であることが条件です。8 このTHCの含有量は、EUが推奨する一般的な0.2%よりも高いのですが、EUではEU全域で0.3%に引き上げる方向で検討が進められています。


ブルガリア ✅

ブルガリアがEU諸国で初めて、ヘンプ由来のカンナビジオールの販売を許可したことを発表 9 これにより、CBDオイルは、THCを0.2%以下含むものであれば、ブルガリアでは合法であり、簡単に購入することができます。

さらに、CBD製品に含まれるTHCの制限値を0.2%から0.3%に引き上げる提案が国会で承認されました。CBD製品のTHC体質ついての最終的な決断はまだされていません。


カナダ ✅

2018年10月17日に施行されたBill C-45とも呼ばれる大麻法によると、ヘンプもマリファナも全国的に医療用・娯楽用として合法となっています。カナダでは、マリファナやヘンプの栽培も合法です。

つまり、CBD製品にTHCが含まれていても、カナダでは完全に合法なのです。CBD製品は、医師の処方箋を必要とせず、オンラインや薬局で購入することができます。

キプロス ✅

キプロスはEUの規制に従い、ヘンプの栽培を許可しています。そのため、農業・農村開発・環境省によると、THCが0.2%を超えないカンナビスサティバ(全草、一部草、種子)の生産・販売が合法とされています。10

さらに2016年12月からは、キプロス保健省の製薬サービスがCBDを医薬品に分類しました。したがって、キプロスで販売されるすべてのCBD製品は、その製品を薬事局に提出して審査を受ける必要があります。


チェコ共和国 ✅

チェコの法律では以下のように定められています。11

テトラヒドロカンナビノールの含有量が0.3%以下であるヘンプ植物の入手、保管、加工、および工業、技術、産業用、およびそれらの目的のためのヘンプの取引については、認可が必要ありません。

そのため、カンナビジオールオイルは、公式に認められているTHCの割合と同量かそれ以下であれば、購入することができます。


デンマークのCBD事情 ⚠️

デンマークでは、他のEU諸国と同様に、THCの含有量が0.2%以下であれば、CBDオイルの購入が合法です。とはいえ、デンマーク当局との間で議論が続いているため、カンナビスの使用者は手をこまねいている状態です。12 カンナビジオールには治癒効果があるため、医薬品として分類される可能性があり、入手するには処方箋が必要であるとしています。ただし、クリームやリップバームなどの外用CBD製品は例外で、これらは完全に合法的に購入でき、医師の処方箋も必要ありません。それでも、オンラインでカンナビジオールを購入する人はいます。

デンマーク当局は、THC含有量が0.2%未満であれば、CBD製品を購入・所持していても基本的には罰せられないとしています。


フィンランドでのCBD購入について ⚠️

CBDオイルは現在、フィンランドでは合法的に販売されていませんが、オンラインで注文することは可能です。しかし、消費者は自分の責任でそれを行わなければなりません。2020年末、欧州司法裁判所は、CBDを医薬品として分類できないという判決を下しました。


フランス ✅

フランスはEUの産業用ヘンプに関する一般的な法律に従っているため、THCの含有量が0.2%以下のカンナビスオイルを購入することができます。


ドイツではCBDは合法ですか?⚠️

ドイツの法律は、CBDとカンナビスに関しては非常に特殊です。麻薬取引法(ドイツ語では「Gesetz über den Verkehr mit Betäubungsmitteln」)によれば、テトラヒドロカンナビノール(THC)の含有量が0.2%を超えず、商業的または科学的な目的(栽培を除く)にのみ使用され、酩酊目的での乱用を防ぐことができれば、カンナビスは非麻薬とみなすこともできる。13 この法律は、CBD製品を合法的に販売するのに十分なものであるはずですが、それでも、この法律はより詳細に、カンナビジオールの生産にさらなる要件を課しています。

2016年のハム高等地方裁判所は、ヘンプフラワー(CBDバッズ)は植物の一部とみなされるため、単なる消費では違法であり、したがって生ものであるという判決を下しました。裁判官は次のような判決を下しました:

そして、無害な(加工された)カンナビス製品のみがエンドユーザーに販売されます。14

また、警察は2019年1月15日のツイートでその発言を裏付けているようです。

ツイートの内容は以下の通りです。「THCフリーの認証を受けたとされる栽培によるCBDカンナビスの花を消費者に販売することは、法律で罰せられる。」

高等地方裁判所が出した声明は、どのCBD製品が合法で、どの製品がそうでないかという基準を定めたものですが、同時に多くの不確実性をもたらしました。現在のところ、以下のことがわかっています。

  • ヘンプ・ブロッサム・ティー
    お茶はヘンプから作られたものでなければなりません。THCの含有量が0.2%を超えてはいけません。
  • CBDティー&CBDコーヒー ⚠️
    法律上の地位が不確かで不明瞭な法律
  • CBDの花
    公式には非合法
  • CBDオイル(フルスペクトラムエキス) ✅
    THC含有量が0.2%以下であれば、購入・使用は合法です。
  • CBDオイル(隔離されたCBD) ⚠️
    その薬理効果により、単離されたCBDは医薬品として考えられます。

ギリシャ ✅

ギリシャ政府は、2018年からヘンプ(THC0,2%未満)を合法化し、「麻薬」のリストから除外しています。

これにより、0.2%未満のCBDを含む食品や飲料などのヘンプ由来のCBD製品は、オンラインや店頭での購入が可能です。

ギリシャでは現在、THCが0.2%以上のカンナビス・サティバを原料とする医療用大麻製品を許可する案を検討しています。


アイルランド ⚠️

CBDオイルは、コールドプレスで抽出されたものでなければ、アイルランドでは合法です。15 CO2や溶剤を使用した抽出方法では、CBDオイルは販売に適さず、違法となります。


イタリアでのCBD購入について ✅

イタリアでのCBDの状況は少し複雑です。カンナビジオール製品が合法であるという公式な法律はありませんが、CBDオイルの製造、販売、消費を禁止する法律もありません。16 メーカーも消費者も、この「抜け道」を利用して、CBDの恩恵を乱れることなく享受しています。


日本 ✅

日本の医療大麻法は、2019年にCBDの量が多い医薬品「エピディオレックス」の日本市場での臨床試験が承認されて以来、進化を続けています。

日本では1948年までは麻の栽培と加工が合法でした。しかし、1948年に制定された「大麻取締法」以降、大麻の栽培と使用は許可制となりました。この法律では、茎や種子から栽培された麻の製品は規制物質から除外されています。

そのため、現状では、THCを含まない麻の種子や茎から抽出したCBD製品が日本では合法となっています。

ラトビア ✅

ラトビアは、産業用ヘンプに関するEUの一般法に従っているため、THCが0.2%までのCBDオイルを合法的に市場で販売することができます。しかし、農家はカンナビノイドを抽出することが許されていないため、CBD製品がラトビア国内で調達されることはありません。


リトアニア ✅

リトアニアも一般的なヘンプの法律を遵守しているEU諸国の一つで、THCを0.2%以下含む場合に限り、カンナビジオールを合法としています。


ルクセンブルク ✅

ルクセンブルクでは、THCの含有量が0.3%以下であれば、CBDオイルを購入することができます。17


オランダ ✅

オランダのアヘン法によると、CBDオイルはハーブ製品として許容されており、EUのヘンプから抽出され、THCの含有量が0.05%以下であれば、合法的に販売・消費することができます。18


ノルウェー ⚠️

ノルウェーはEUに加盟していないため、一般的なヘンプ法は適用されません。すべての医薬品関連製品の法律を定めているノルウェー医薬品庁は、CBDを医薬品とみなしています。そのため、現時点では、CBDは医師の処方箋がないと購入できません。

処方箋なしでCBDアイソレートを合法的に購入することは可能ですが、100%THCが含まれていないことを確認する必要があります。もしノルウェーの税関でTHCが検出された場合、それを押収し、法的問題に発展する可能性があります。


ポーランド ✅

ポーランドでは、法律で特にCBDの使用を禁止する制限はありません。ポーランドでは古くからTHCが0.2%以下のヘンプが栽培されていました。19


ポルトガル ✅

ポルトガルは世界で最も先進的な大麻取締法を持つ国です。2018年に医療用大麻を合法化し、2001年に個人使用の大麻を非犯罪化し、特に医療用に力を入れている。例えば、慢性的な痛み、がん、心的外傷後ストレス障害などのために大麻を薬用として使用する場合は、医師の処方が必要です。

CBDに関しては、THC含有量が0.2%以下であれば、処方箋なしで購入・飲用が可能な合法的なものです。

ルーマニア ✅

ルーマニア議会は2005年11月29日に「植物、麻薬、向精神薬、麻薬向精神薬製剤の法的体制」に関する法律No.339を発行し、大麻とそのすべての種が含まれています。付属書では、THCとその異性体、およびそれらの立体化学的変異体をスケジュールI物質に分類しています。

ルーマニア最高裁は大麻を非犯罪化しましたが、娯楽目的の使用は禁止されています。

CBD製品については、オイル、石鹸、クリーム、バームなど、THCが0%であればルーマニアでは合法です。CBDエディブルやフラワーなど、THC濃度を含みやすい製品は認められません。


スロベニア ✅

スロベニアの法律によると、THC含有量が0.2%を超えるカンナビスの栽培、所持、加工、販売、流通は現行法で禁止されています。20 したがって、THC含有量が0,2%以下のカンナビジオールオイルは完全に合法です。


スペイン ✅

スペインの法律は、EUの一般的なヘンプ法を支持しており、THCを0.2%以下含むCBDオイルの製造と購入を公式に認めています。21


スウェーデン ⚠️

スウェーデンには、ヨーロッパで最も厳しい薬物規制があります。2019年6月以降、最高裁はTHC含有のCBDオイルは量に関わらず麻薬に分類されるべきと判断しました。22

以前は、CBDはグレーゾーンでしたが、医薬品庁により医薬品とみなされました。特に、多くの企業がCBDオイルに医療的な効果があるとして販売していたため、自動的に薬事法に該当し、一定の規制に従わなければいけなくなりました。経口摂取用のカンナビジオール製品は、現在では医薬品とみなされており、販売するためには医薬品庁の許可が必要です。量に関係なくTHCが含まれている場合は、麻薬に分類されます。


スイス ✅

スイスのカンナビス・ヘンプに関する法律はかなり緩やかです。ヘンプ由来のCBDオイルは、THC1%の法定基準を超えていなければ、スイスへの持ち込みも購入もまったく問題ありません。23


イギリス ✅

イギリスでカンナビジオールオイルを購入するには、THCを0.2%以下含む製品であれば合法です。24


CBDオイルが違法とされる国は?

ベルギーではCBDは違法 ❌

ベルギーの法律では、食品への使用や食品としての使用が禁止されている植物のリストがあります。25 このリストには、残念ながら、サティバ・L・カンナビスが含まれているため、CBDオイルの購入は合法ではありません。しかし、外用のCBD製品は、ベルギー中の店舗で購入することができます。

ロシアでCBDオイルを購入してはいけません。 ❌

政府決議No.681「ロシア連邦における規制対象となる麻薬、向精神性物質およびその前駆体のリストの承認について」では、麻薬であるカンナビノイドTHC(テトラヒドロカンナビノール)とそのすべての異性体および派生物が指定されています。

CBDはリストに入っていませんが、原子組成とモル質量が同一の他の多くのカンナビノイドと同様に、THCの異性体です。そのため、現在は医療用や娯楽用の大麻も厳しく禁止されています。

2020年には、厳格なガイドラインに基づいて、ヘンプの産業利用が緩和されました。

結局のところ、ロシアの法律ではCBDコンテンツに関する特別なルールは規定されておらず、その法的地位は明確ではありません。ですから、ロシアのCBDオイル/CBD製品には手を出さない方が安全です。

CBDオイルはスロバキアでは合法ではありません。❌

スロバキアの法律はとても明確です。CBDは麻薬の「グループ2」に属するため、CBDオイルは生産も消費も違法とされています。26

どのようなCBD製品の購入が合法なのでしょうか?

CBD製品は様々な種類が販売されています。CBDオイル、CBDクリーム、CBDカプセル、CBD Eリキッド、CBDエディブル、CBD入り化粧品などがあります。完成した製品にTHCが0.2%以上含まれていなければ、合法とみなされます。これらの製品はすべて、カンナビスからCBD化合物を抽出し、テルペン類やキャリアオイル(例えば、ヘンプシードオイル)と混ぜて作られています。しかし、カンナビスを原料とする製品のすべてにCBDが含まれているわけではありません。ヘンプの品種によっては、繊維や食用の種子(麻や麻の実)を目的として栽培されているため、麻の実オイルとCBDオイルが混同されることがよくあります。

ヘンプシードオイルとCBDオイルの違いについて

ヘンプシードオイルは、その種子を圧搾して作られます。数種類の植物原料が含まれていますが、THCは含まれていません。ヘンプシードオイルは、CBDオイルとは異なり、同じ植物から抽出されたにもかかわらず、カンナビノイドが含まれていません。ヘンプシードオイルは主に料理に使われますが、タンパク質や食物繊維、ミネラルが豊富に含まれているため、食品としても好まれています。

一方、CBDオイルには、多くのカンナビノイドが含まれているもの(フルスペクトラム)と、1つのカンナビノイドだけが含まれているもの(アイソレート)があります。主に抗炎症作用を持つ薬効成分として知られています。

CBDと化粧品

EUの化粧品規制では、市販されているすべての化粧品は、通常の条件または合理的に予見可能な条件で使用した場合に、人の健康にとって安全でなければならないとされています。

さらにその下の付属書IIには、化粧品への使用が禁止されている物質のリストが掲載されています。1961年に締結された「麻薬に関する単一条約」(単一条約)の表Iおよび表IIに記載されている物質で、カンナビスも含まれています。

しかし、単一条約では、カンナビスの定義を「カンナビス植物の開花または結実した頂部」に限定しており、頂部を伴わない植物の種子や葉は除外しています。つまり、カンナビスの花から抽出したものでなくても、CBDを化粧品に使用し、EU域内で販売することが合法的にできるということです。

参考文献

  1. Pollio, A. (2016). The Name of Cannabis: A Short Guide for NonbotanistsCannabis and Cannabinoid Research, 1(1), pp.234-238 []
  2. Plants.usda.gov. (2019). Classification | USDA PLANTS []
  3. Pollio, A. (2016). The Name of Cannabis: A Short Guide for NonbotanistsCannabis and Cannabinoid Research, 1(1), pp.234-238. []
  4. van Bakel, H., Stout, J., Cote, A., Tallon, C., Sharpe, A., Hughes, T. and Page, J. (2011). The draft genome and transcriptome of Cannabis sativaGenome Biology, 12(10), p.R102. []
  5. Hudak, J. (2019). The Farm Bill, hemp legalization and the status of CBD: An explainer. [online] []
  6. Atakan, Z. (2012). Cannabis, a complex plant: Different compounds and different effects on individualsTherapeutic Advances in Psychopharmacology, 2(6), pp.241-254. []
  7. Cannabis legislation in Europe (2019) European Monitoring Centre for Drugs and Drug Addiction []
  8. Bundesministerium Arbeit, Soziales, Gesundheit und Konsumentenschutz. (2018)Information – Hanf- und CBD-Produkte. [online] []
  9. Hasse. J (2019) This EU Country Has Become The First To Allow Free Sale Of CBD. FORBES. [online] []
  10. Department of Agriculture (2008) Plant Health and Quality Control Service Selection []
  11. Act No. 167/1998 Coll. (2017). Laws for Humans. Act on Addictive Substances in []
  12. Danish Medicines Agency (2019) Questions and answers on medical cannabis [online] []
  13. Gesetz über den Verkehr mit Betäubungsmitteln (Betäubungsmittelgesetz – BtMG) Anlage I (zu § 1 Abs. 1) (nicht verkehrsfähige Betäubungsmittel), Bundesamt für Justiz, https://www.gesetze-im-internet.de/btmg_1981/anlage_i.html []
  14. OLG Hamm klärt illegalen Verkauf von Cannabisprodukten, Christian Nubbemeyer, Pressederzernent, Oberlandesgericht Hamm – Pressestelle,
    http://www.olg-hamm.nrw.de/behoerde/presse/pressemitteilung_archiv/archiv/2016_pressearchiv/84-16-Verkauf-Cannabisprodukten.pdf []
  15. CBD Oils and Hemp Oils -Legal Status (2018) Food Safety Authority of Ireland []
  16. Gazzetta Ufficiale (2017) Disposizioni per la promozione della coltivazione e della filiera agroindustriale della canapa[online] []
  17. Le Quotidien. (2017) Le cannabis légal fait son entrée au Luxembourg [online] []
  18. Cannabinoiden Adviesbureau Nederland. (2019) Industry Standard. [online] []
  19. Polskie Radio (2017) Prezydent podpisał ustawę dot. preparatów z konopi. [online] []
  20. National Health Institute. (2014). The use of cannabis in medicine. [online] []
  21. Agencia Española de Seguridad Alimentaria y Nutrición (2019) Uso del cáñamo y cannabinoides en alimentación [online] []
  22. Förordning (1992:1554) om kontroll av narkotika (2019) Sveriges Riksdag  [online] []
  23. The Swiss Authorities Online (2019) Cannabis: What are the rules in Switzerland?. [online] []
  24. Home Office (2019). Drug Licensing Factsheet- Cannabis, CBD and other cannabinoids. [online] []
  25. Federal Public Service (2019) Health, Food Chain Safety and Environment [online] []
  26. Act no. 139/1998 Coll. (2019) Act on Narcotic Drugs, Psychotropic Substances and Preparations [online] []

投稿者

CBDの専門家 | 記事を読む

英語とフランス語の通訳・翻訳を傍らにVickyはアメリカのCBD業界で経験を積んできました。CBDについて学ぶうちにあらゆる局面で体へのメリットをもたらすことを知り、その中でも皮膚に関する研究に興味を持ちました。以来、彼女はCBDと皮膚に関するリサーチを中心にCBDの記事を書いている。

フェイスブックでCBDユーザーと繋がろう!

ほかのCBDユーザーと体験談を共有したり、お話しませんか?CBDについて質問はありませんか?こちらのフェイスブックグループではユーザー同士が繋がり、情報交換できる場になっています。

コメントを残す

Your email address will not be published. Required fields are marked *

18 + two =