CBD for crohn's disease
< 1

✓ Evidence Based


5/5 - (1)
最終更新日 17 11月 2021

クローン病とは?

クローン病は、IBD(炎症性腸疾患)の一種で、消化管全体に炎症が起こり、下痢、激しい腹痛、慢性的な疲労感などの辛い症状を伴う疾患です。また、そうした症状による栄養失調や急激な体重の減少も多くみられます。クローン病によって引き起こされる痛みの種類は様々で、中には耐えがたいものもあるため、場合によっては命に危険が及ぶこともあります。

クローン病は、必ずしも消化管全ての部位に影響を与えるとは限らず、ほとんどの場合は大腸や小腸のみの炎症に止まります。治療法に関しては未だ確立されておらず、医療機関で治療を受ける場合は痛みを和らげるなどの対処が主となります。

CBDがクローン病治療に効果的と言われている理由

CBDは、カンナビスと呼ばれる植物から抽出された天然の化合物で、様々な病気や症状に大きな治療効果をもたらすと言われています。これまでに行われたいくつかの研究によって、CBDが消化管の感染症や病気を改善する事が明らかになりました。

クローン病の治療にCBDが有効な理由としては、この病気が消化管で発生するためだと言われています。あるCBDに関する研究によると、CBDは、主に胃、脳、大腸、小腸などに存在するCB1受容体、1 2 CB2受容体、セロトニン受容体といった様々な受容体に影響を与える事がわかっており、CBDが体内に入るとこれらの受容体を刺激して、吐き気、胃酸過多、嘔吐などを予防します。

クローン病治療にCBDを使用するメリット

現時点での研究データによると、CBDオイル自体は安全な成分であるものの、他の薬と同時に服用する事によって好ましくない効果が現れる可能性はある様です。CBDは、従来の医薬品と比較しても極めて副作用が少ない成分であると言われています。

CBDには、ガムタイプ、エディブル(食用)、カプセル、そして最も一般的なオイルタイプなど、様々な製品タイプがあるため、子供から大人、さらにはお年寄りまで、あらゆる年齢層の人が自分のライフスタイルに合った使用方法を選ぶ事ができます。

ある研究では、クローン病治療にCBDを使用した場合、従来の治療方法と同等か、それ以上の治療効果が得られるという結果が報告されています。3 この研究結果は、クローン病の炎症やその他の症状に苦しむ人に大きな希望を与えるものとなりました。

CBDをクローン病治療に使用した場合に考えられる副作用

CBDは、基本的には非常に安全な成分だといわれていますが、まれに吐き気、眠気、口の渇きなどの副作用が見られる場合があります。これらの症状は極めて軽微でまれですが、万が一の事態を避けるためにも、こうした副作用について詳しく知っておくといいかもしれません。CBDの副作用についてより詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

クローン病治療のためのCBD摂取量

CBDの摂取量に関しては、レオナルド・ライノフ氏の著書「CBD – A Patient’s Guide to Cannabis」を参考にすると良いでしょう。4 特に、まだCBDを摂取した事がなく、自分にどの様な効き目をもたらすのかわからない初心者の方にはお勧めです。

自分の症状に合った正しいCBD摂取方法については、CBD摂取に関する記事をご覧ください。

クローン病の治療にCBDを使用するには?

個人的にCBDを治療に使用したい場合は、必ず専門の医療機関に相談してください。CBDに理解のある医師であれば、現在の体調、体質、そして病状などを客観的に考慮した上で、クローン病治療のための最適な摂取方法などのアドバイスをもらえるでしょう。

現在CBDは、オイル、タブレット、ベイプ、エディブルなど、さまざまなタイプで販売されています。中でも、CBDオイルはこの中で最も人気のある製品タイプですが、長く使っていくことを考えれば、自分が一番使いやすいと感じるタイプのCBD製品を購入するのがいいのかもしれません。

クローン病に対するCBDの治療効果を調べた研究

非営利団体The Crohn’s and Colitis Foundation of Americaによって行われたカンナビノイドとクローン病に関する研究では、カンナビノイドはクローン病の治療に非常に有効である事が実証されました。5 そして、その治療効果は、従来のクローン病による炎症やその他の症状に対する治療と比べても同等かそれ以上であると結論づけています。

クローン病には、根本的な治療法がないといわれてきました。しかし、CBDはこの病気の症状を極めて効果的に改善するという事が明らかになりました。しかもその効果は、これまで長く使われてきた処方薬を上回り、副作用に関しても従来の医薬品とは比べ物にならないほど軽度なものであるため、CBDがクローン病治療薬として処方される日が来るのも、そう遠い日ではないかもしれません。

参考文献

  1. Esposito, G., Filippis, D., Cirillo, C., Iuvone, T., Capoccia, E., Scuderi, C., Steardo, A., Cuomo, R. and Steardo, L. (2012). Cannabidiol in Inflammatory Bowel Diseases: A Brief Overview. Phytotherapy Research, 27(5), pp.633-636. []
  2. Hornby, P. and Prouty, S. (2004). Involvement of cannabinoid receptors in gut motility and visceral perception. British Journal of Pharmacology, 141(8), pp.1335-1345. []
  3. Schicho, R. and Storr, M. (2014). Cannabis Finds Its Way into Treatment of Crohn’s Disease. Pharmacology, 93(1-2), pp.1-3. []
  4. Leinow,, L. and Birnbaum, J. (2017). CBD: A Patient’s Guide to Medicinal Cannabis. North Atlantic Books. []
  5. Kunos, G. and Pacher, P. (2004). Cannabinoids cool the intestine. Nature Medicine, 10(7), pp.678-679. []

投稿者

CBDの専門家 | 記事を読む

英語とフランス語の通訳・翻訳を傍らにVickyはアメリカのCBD業界で経験を積んできました。CBDについて学ぶうちにあらゆる局面で体へのメリットをもたらすことを知り、その中でも皮膚に関する研究に興味を持ちました。以来、彼女はCBDと皮膚に関するリサーチを中心にCBDの記事を書いている。

フェイスブックでCBDユーザーと繋がろう!

ほかのCBDユーザーと体験談を共有したり、お話しませんか?CBDについて質問はありませんか?こちらのフェイスブックグループではユーザー同士が繋がり、情報交換できる場になっています。

コメントを残す

Your email address will not be published. Required fields are marked *

14 − eight =