cbd versus thc
< 1

✓ Evidence Based


5/5 - (1)
最終更新日 15 10月 2021

THCとは何ですか?

THCとは、「麻」植物に含まれる向精神薬であるテトラヒドロカンナビノールの通称です。これは、ユーザーに「ハイ」な気分や多幸感を与えるための成分です。このリラックス感は、脳内のカンナビノイド受容体を標的とすることで得られます。これは、コーディネーション、喜び、認知能力などに影響を与えます。また、空腹の信号を送る脳の視床下部部分を刺激することで、食欲を増進させます。

この特質により、THCは食欲不振や吐き気を和らげる効果があります。化学療法を受けるがん患者にTHCが役立つのはこのためです。また、CBDと同様に脳に作用するため、頭痛や偏頭痛、うつ病、不安症、不眠症などにも効果があります。しかし、THCはほとんどの国で違法であるのに対し、産業用ヘンプやCBDは多くの国で合法です。

THCの量が多ければ、より多く「ハイ」になります。過剰摂取は危険であることを理解していなければなりません。THCの過剰摂取により、以下のようなことが起こる可能性があります:

  • 嘔吐
  • めまい
  • パラノイヤ

CBDとは?

CBD(カンナビジオール)は、カンナビス・サティバに含まれる非向精神性カンナビノイドです。CBDを使用する人は、THCユーザーのように「ハイ」になることはありません。CBDは脳や心にほとんど影響を与えません。

慢性的な体の痛みに悩まされている方は、CBDの量が多いカンナビスが、通常の日常生活を阻害しないので好ましいです。病気で慢性的な痛みに悩まされている人には、「ハイ」にならなく不快感を抑えることができるCBDがおすすめです。

THCとCBDの違いについて

THCとCBDは、代表的なカンナビノイドです。しかし、この2つは全く違います。CBDは向精神薬ではないので、「ハイ」な気分になることはありません。THCは向精神性のカンナビノイドで、ユーザーがよく感じる多幸感の原因となっています。これは主に、脳内のカンナビノイド受容体タイプ1に結合するためです。これにより、脳の機能が変化し、「ハイ」な気分になるのです。しかし、CBDはカンナビノイド受容体タイプ1には結合しません。そのため、THCのような向精神作用はありません。一方で、CBDは私たちの心身に様々な影響を与えます。CBDは、他の脳内受容体との反応の仕方によって、抗うつ薬や抗精神病薬として使用することができます。

身体との相互作用

CBDとTHCのカンナビノイドは、体内での反応が異なります。CBDには間接的な作用がありますが、THCはCB1とCB2の受容体を活性化する役割があります。THCはCB1と結合しやすいので、 身体を刺激します。その結果、次のような症状が出やすくなります:

  • 疲労感
  • 空腹感の増加
  • 感覚の変化
  • リラックス効果

CBDは、モジュレーションと呼ばれるプロセスで間接的にCB1受容体と相互作用します。CBDが広く使われている理由は、体中の多くの受容体に影響を与える能力があるからです。

医療用

CBDとTHCには多くの利点と用途がありますが、2つのカンナビノイドの使用方法は異なります。用途別には以下のようなものがあります。

+-CBD

  • 痛み止め
  • 抗炎症作用
  • 抗不安作用
  • 神経保護作用
  • 抗腫瘍剤
  • 抗けいれん剤

+-THC

  • 筋肉弛緩剤
  • 食欲増進剤
  • 多幸感やリラックス効果
  • 制吐剤
  • 痛み止め
  • 眠気と睡眠

アントラージュ効果とは?

アントラージュ効果とは、「麻」植物に含まれる天然成分が体内で相互に作用し、より強い影響を与えることを言います。その影響は、いずれかの成分を単独で使用した場合よりも強くなります。複数の化合物が自然な状態で組み合わされることで、相乗効果を発揮するのです。これによって倍率効果になります。このように、アントラージュ効果のおかげで「麻」植物全体が医学的な症状に対してより高い効果を発揮します。麻「植物」の向精神性化合物であるTHCの効果と、「麻」植物全体を使用した場合の効果を比較すると、よりアントラージュ効果を感じることができます。

THCのないCBDはどのように作用するのでしょうか?

ほとんどの人は、THCを含まないカンナビスを使用できるかどうか疑問に思っています。答えは、それが可能であり、素晴らしい結果を得ることができます。これは、THCによる多幸感を味わうことなくカンナビスを使用したいと考えている人にとっては救いとなるでしょう。CBDオイルには、必須ミネラルやビタミン、脂肪酸、葉緑素、食物繊維、タンパク質、フラボノイドなどが含まれています。THCを含まないCBDは、何千人ものユーザーに素晴らしい効果をもたらしています。

THCかCBDか?

CBDがTHCよりも優れていると決定的に言い切ることはできません。カンナビスという植物を使用することで、人によってさまざまな影響があります。遺伝的体質、薬物使用歴、個人的な期待などによって、好みが決まります。

しかし、研究によると、THCはCBDに比べて非常に強力であることがわかっています。しかし、研究によると、濃度の低いCBDの効力は低いため、臨床的な効果はほとんど期待できないと言われています。

カンナビスの成分には、良いか悪いかは簡単に断定できるものはありません。ですから、CBDがTHCよりも優れていると言うためには、多くの研究が必要です。最も重要なのは、CBDには副作用がほとんどないということです。口の渇きを訴える人がいることを除けば、CBDの副作用はCBDの臨床的効果に比べて非常に小さいものです。

一方で、THCは副作用の数が多いのです。副作用としては、不安感や被害妄想などがあります。CBDは精神疾患の治療にも使われます。THCは、CBDの代わりに精神障害を緩和するために使用することはできません。

まとめ

この2つのカンナビノイドを併用することで、より多くの病気を治療することができます。例えば、CBDオイルとTHCの組み合わせで、うつ病や偏頭痛、関節炎などを治すことができます。THCとCBDのどちらかが優れているとは思わず、それぞれの用途に合わせて使うのが良いでしょう。そうすることで、カンナビノイドの効果を最大限に引き出すことができるのです。

CBDTHC
薬物検査に引っかかる可能はい
副作用可能だが、最小限精神作用による副作用
Gives a highいいえはい
うつ病に効くはいいいえ
痛みを和らげるはいはい
抗炎症作用はいはい
片頭痛の緩和はいはい
エンドカンナビノイドシステムとの相互作用はいはい
不安を和らげるはいはい
痙攣の抑制はいいいえ
不眠症に効果があるはいはい
吐き気を抑えるはいはい
精神病に効果があるはいいいえ

おすすめ記事: Is CBD legal in all 50 states? & In What Countries Is CBD Legal?

投稿者

CBDの専門家 | 記事を読む

メディア業界での経験を積んできたAnooはカンナビスと健康の関わりについて書くことに情熱を注ぎ、日常生活への健康習慣の取り入れ方を人々にアドバイスしています。世界各国へ旅した経験を持つAnooは忙しい生活の中でもクルクミン入りのCBDオイルを使い生活の中にバランスとリラクゼーションを両立しています。

フェイスブックでCBDユーザーと繋がろう!

ほかのCBDユーザーと体験談を共有したり、お話しませんか?CBDについて質問はありませんか?こちらのフェイスブックグループではユーザー同士が繋がり、情報交換できる場になっています。

コメントを残す

Your email address will not be published. Required fields are marked *

eight + 4 =