うつ病のためのCBD
2 min.

✓ Evidence Based


5/5 - (1)
最終更新日 13 10月 2021

ここ数年で行われた動物実験や人を対象とした多くのCBDに関する研究によって、CBDがどのようにうつ病や不安障害に作用し、治療に役立てられるのかが明らかになりつつあります。1 2

うつ病とは?

うつ病は、気持ちや思考に悪影響を及ぼす、一般的でありながらも深刻な心の病気です。 先天的な要因によって発症している場合もあれば、過去のトラウマや不幸な出来事がきっかけで発症するケースもあります。 うつ病が引き起こす症状は、どの要因で発症しても基本的には同じで、幸福感や意欲の減退、気分の落ち込み、食欲の変化、気力喪失、睡眠障害、無力感、決断力・集中力・思考力の低下などの症状が現れます。 幸いな事に、うつ病は治せる病気です。

現在、うつ病はドーパミンやセロトニンなどの神経伝達物質の低下によって起こるという見解が、科学者の間での共通認識になりつつあります。このバランスの乱れが、感情、運動、食事コントロールなどの基本的な機能に影響を与えます。

なぜCBDはうつ病に効果的?

ドイツで行われたいくつかの研究では、活性化したCBDに含まれる化学物質が5-HT1A受容体を含む複数の脳内のセロトニン受容体に向けて作用し、伝達を活発化させる事が立証されました。セロトニンの吸収が抑えられると、脳がよりポジティヴな信号を送るようになり、うつ病の症状が軽減します。3

さらに、その他の複数の臨床研究では、CBDが海馬の成長を促し、ニューロンを新しく生成する助けになっている事が明らかになっています。この現象は神経発生と呼ばれ、うつ状態や不安感を大幅に軽減させる手段として注目されています。

CBDをうつ病改善に使用するメリットは?

セロトニンを増加させる

いくつかの研究によって、CBDオイルはセロトニンの量に変化を与えるという事がわかっています。4. うつ状態が続くと、身体的、環境的要因によって脳内の自然な化学物質の量が低下し、最終的には心の健康を蝕んでいきます。セロトニンは、こうしたうつ状態や不安感を軽減するのに役立っている化学物質を増加させる力をもっています。

質の高い睡眠

CBDオイルは睡眠の質を高めてくれるので、うつ病の代表的な症状の一つである不眠症にも大きな効果をもたらします。 ある研究では、CBDは身体と共生関係を作り、心の健康状態に張りを持たせると説明しています。

抗炎症作用

神経の炎症を抑える事は、うつ病の症状を軽減するのに大いに役立ちます。複数の科学者が、CBDオイルで炎症を抑える事で、ドーパミンの量の低下を食い止め、症状の悪化を遅らせる事が出来ると報告しています。5 6

うつ病のためのCBD使用で気をつけたい副作用とは?

CBDは一般的には非常に安全な成分だとされていますが、いくつかの副作用が見られる場合もあります。 現在報告されている副作用は、吐き気、下痢、眠気、食欲の変化、ドライマウスなどです。 CBDの副作用についてより詳しく知りたい方は、本サイト内のCBDと副作用に関する記事をご覧ください。

CBDの適切な摂取量は?

最適なCBDの摂取量は製品によって大きく差が生じるため、混乱してしまう人も少なくありません。どうすればいいかわからない場合は、信頼できる医師にアドバイスをもらう事をお勧めします。

どうすればいいかわからない場合は、信頼できる医師にアドバイスをもらう事をお勧めします。1日あたりの摂取量を、期待する効果が得られるまで徐々に増やしていく方法が安全で効果的だと紹介されています。7

著者のライノフ氏とバーンバウム氏は、うつ病に対しては低用量のCBD摂取から始め、必要に応じて徐々に量を増やしていく方法を提唱しています。 より詳しい低用量摂取の方法を知りたい方は、 本サイト内のCBD摂取に関する記事を御覧ください。

CBDとうつ病に関する研究

研究室における実験

2015年にスペインで行われた研究では、マウスを対象に、CBDが及ぼす抗うつ効果と特定の神経伝達物質への影響を調査しました。その結果、被検体のマウスの気分の変化に応じてセロトニンとグルタミン酸のレベルが上昇し、急激な抗うつ効果が認められました。これを受けて、研究者たちはCBDが抗うつ剤として利用できる可能性を検討するようになりました。8

臨床実験

高名な研究者として知られるニューヨーク州立大学バッファロー校薬物依存研究所の神経学者サミール・ハジ・ダーメン博士は、カンナビス及びその成分が脳の傍辺縁と辺縁領域を活性化させることで、慢性的なストレスに起因するうつ病を緩和し、気分を安定させると結論付けています。

うつ病のためのCBD – カスタマーレビュー


I would have to do it another 2 weeks… ⭐⭐⭐⭐⭐

“I’d have to take it another two weeks and then re-evaluate it. It definitely has a very relaxing effect because I am a nervous type. Try to get my menopausal depression better under control. Maybe I have to increase the dose again. So wait and see. Friendly greetings and your service is super!! U. Schlömer”
Trustpilot review by U. Schlömer


Completely satisfied! ⭐⭐⭐⭐⭐

“Unfortunately, I am a person who gets nervous very quickly and always thinks far too much. For this reason, I am often quite tense both physically and mentally. In my search for solutions, CBD was recommended to me and so I ended up at Nordic Oil. The site is very appealing and clearly arranged, the ordering process uncomplicated. My 5% CBD oil arrived very quickly, including a laboratory report from the batch of my oil and a little surprise (thanks for that!). Since the oil provides me with relief with my problems, I have meanwhile already the second bottle in use (also here a fast and uncomplicated supply took place) and I will gladly continue to order with Nordic Oil”

Trustpilot review by Nadine B.

参考文献

  1. Grotenhermen, Franjo. „Pharmacokinetics and pharmacodynamics of cannabinoids.“ Clinical pharmacokinetics42.4 (2003): 327-360. []
  2. R de Mello Schier, Alexandre, et al. „Antidepressant-like and anxiolytic-like effects of cannabidiol: a chemical compound of Cannabis sativa.“ CNS & Neurological Disorders-Drug Targets (Formerly Current Drug Targets-CNS & Neurological Disorders)13.6 (2014): 953-960. []
  3. Ledgerwood, C. J., et al. „Cannabidiol inhibits synaptic transmission in rat hippocampal cultures and slices via multiple receptor pathways.“ British journal of pharmacology 162.1 (2011): 286-294. []
  4. Blessing, Esther M., et al. „Cannabidiol as a potential treatment for anxiety disorders.“ Neurotherapeutics 12.4 (2015): 825-836. []
  5. Iffland, K. and Grotenhermen, F. (2017). An Update on Safety and Side Effects of Cannabidiol: A Review of Clinical Data and Relevant Animal StudiesCannabis and Cannabinoid Research, 2(1), pp.139-154. []
  6. Nagarkatti, Prakash, et al. „Cannabinoids as novel anti-inflammatory drugs.“ Future medicinal chemistry 1.7 (2009): 1333-1349. []
  7. Leinow,, L. and Birnbaum, J. (2017). CBD: A Patient’s Guide to Medicinal Cannabis. North Atlantic Books. []
  8. Linge, R., Jiménez-Sánchez, L., Campa, L., Pilar-Cuéllar, F., Vidal, R., Pazos, A., … Díaz, Á. (2016). Cannabidiol induces rapid-acting antidepressant-like effects and enhances cortical 5-HT/glutamate neurotransmission: role of 5-HT1A receptors. Neuropharmacology, 103, 16–26. []

投稿者

CBDの専門家 | 記事を読む

英語とフランス語の通訳・翻訳を傍らにVickyはアメリカのCBD業界で経験を積んできました。CBDについて学ぶうちにあらゆる局面で体へのメリットをもたらすことを知り、その中でも皮膚に関する研究に興味を持ちました。以来、彼女はCBDと皮膚に関するリサーチを中心にCBDの記事を書いている。

フェイスブックでCBDユーザーと繋がろう!

ほかのCBDユーザーと体験談を共有したり、お話しませんか?CBDについて質問はありませんか?こちらのフェイスブックグループではユーザー同士が繋がり、情報交換できる場になっています。

コメントを残す

Your email address will not be published. Required fields are marked *

5 − four =