CBD for fitness and muscle growth
< 1

✓ Evidence Based


5/5 - (1)

Last updated on 10 November 2021

健康やフィットネスに真剣に向き合っている人は、常にどの様なトレーニーングを行えば効果的に望む体型に近づけるかを考えている事でしょう。CBDの人気が高まっている今、カンナビス製品がフィットネスやボディビルの分野で注目されています。昨今は、ビタミン、プロテインと同じ様にカンナビス製品を使って、日々の健康を保とうとするスタンダードが広まりつつあるのです。

なぜCBDが注目されている?

CBDをフィットネスに取り入れるメリットを理解するには、CBDが一体どんな成分なのかを知る必要があります。CBDは、カンナビスと呼ばれる植物から抽出される天然の化合物です。ここで、カンナビスは違法な薬物なのでは?と思った方も少なくないと多います。確かに一昔前までは違法としていた国がほとんどでした。しかし、近年の研究で安全性が明らかになった事により、現在は多くの国でカンナビスとその成分であるCBDが合法となっているのです。

CBDが運動にもたらすメリット

筋肉をつける事は、フィットネスや体づくりに励んでいる人にとって最大の課題といえるでしょう。トレーニングを行っていると、ある時点から筋肉の成長が止まってしまうという時期がやってきます。これは誰の体にも起こる自然な現象です。体内には、筋肉を成長させる同化ホルモンと、筋肉を分解する異化ホルモンが存在しますが、抗異化作用のある栄養素を取り入れると、筋肉の回復と筋肉の維持を助け、筋肉の破壊を食い止めることができます。

逆に、体内に異化ホルモンが増えると、筋肉が分解されていってしまうため、筋肉がなかなか成長していかないという問題が起こるのです。この問題は、抗異化作用のあるサプリメントを摂取する事で解決出来ます。CBDは、体内の異化作用を持つホルモンの数を効果的に減らす役割があるため、こうした停滞期を迎える事なく筋肉を成長させ続ける事が出来ます。CBDによって異化作用のあるホルモンが少なくなると、筋肉の分解が早まり、筋肉量を増やすことができるようになるというわけです。

この効果をより感じたい場合は、CBDを摂取している間のカフェイン摂取は控えましょう。カフェインは、異化ホルモンであるコルチゾールの量を増やす作用があるため、異化ホルモンを減らすCBDの効果が相殺されてしまうのです。

CBDがフィットネスと体づくりに役立つ理由

CBDは炎症を抑える

誰でも一度は、辛い運動中に自分を追い込んだ経験があると思います。そのように過剰に無理をすると、筋肉に必要以上の痛みや炎症が生じ、次回の運動に支障をきたしてしまいます。こうした場合、市販の抗炎症薬でごまかしているという人も少なくありませんが、副作用や体への負担があるため、医学的にあまりおすすめできる方法ではありません。

お得にCBDを試しませんか?

Nordic Oilの公式オンラインショップで使える初回限定 12%オフクーポンコードをご利用ください。お得な機会を逃さないで! *バンドルやセット商品は対象外

CBDオイル 15%
日本全国配送
100%植物由来のCBD
安全な決済方法

植物由来の有効成分であるCBDは、こうした症状に大きな効果をもたらす事がわかっており、副作用のある医薬品に頼らず、痛みと炎症を抑える事ですぐに運動を再開したいというフィットネス愛好家の間で急速に広まりを見せています。

よく知られている抗炎症薬は、肝臓に負担をかけるため、定期的に服用すると肝臓へのダメージが蓄積していき、ある時深刻な健康問題を来す恐れがあります。

睡眠補助薬としてのCBD

質の良い睡眠をとることは、ダイエットや体づくりにおいて最も重要とされています。十分な休息が取れていないと、体は正常に機能してくれません。身体が正常に機能しないという事は、エネルギー消費や筋肉繊維の修復も正常に行えないという事です。CBDは、睡眠習慣を改善し、質の高い睡眠をとる手助けをしてくれる事が研究で明らかになっています。また、CBDには、市販に出回っている睡眠薬に見られる様な中毒性がないことも、大きなメリットです。

健康にフィットネスや体づくりを続けていきたいと思っている方は、ぜひCBDサプリについて調べる事をおすすめします。まだ十分な研究データが揃っているわけではありませんが、これまでに行われた研究の多くが、CBDを使用することでフィットネスや体づくり、健康面で多くのメリットが得られると結論づけています。

CBDの副作用

現在店頭で手に入るほとんどの市販薬には、副作用があります。そうした市販薬と比較しても、CBDの副作用は極めて少なく、軽微だと言われています。CBDを使用して、疲労感、胃のむかつき、下痢などの症状がまれに見られる事がありますが、ほとんどの人が軽いものだったか、もしくはまったく経験していないと述べています。

CBDはダイエットに効果がある?

CBDは、同じカンナビスに含まれるTHCとは、多くの点において逆の作用を持っています。THCは、摂取すると食欲が増進し、通常の量より多く食べたくなる作用があるため、体重が増加する傾向があります。一方で、CBDは血糖値を調整する働きがあることがわかっており、それによって膵臓から分泌される脂肪蓄積ホルモンの量が減り、蓄積される脂肪の量が減ります。結果として、より多くの脂肪がエネルギーとして燃焼されるため、体の中の脂肪細胞は少なくな利、体重が減少するのです。

また、日頃から不安感に悩まされていると、コルチゾールのレベルに異常をきたします。コルチゾールレベルが通常よりも高すぎたり低すぎたりすると、様々な形で体に現れてきます。その中でも最も悩ましいものが、体重増加です。CBDサプリを摂取すると、コルチゾールの量が調整され、必要なときにピークに達し、適切なタイミングで下がるようになります。このように、血糖値とコルチゾール値の両方を調整することで、安全かつ自然に体重を減らすことができるのです。

まとめ

CBDは、フィットネス、ボディビル、体づくり、そして健康全般に素晴らしい効果をもたらしてくれる成分だという事がわかりました。筋肉をつけたい人、ダイエットに成功したい人、スポーツの試合で受けるストレスを和らげたい人、睡眠の質を上げたいという人は、是非CBD製品の購入を検討してみてください。ただし、その他のサプリメントや薬と同様に、摂取を始める前には必ず医師に相談してください。

専門の医師であれば、CBDの安全で適切な摂取量や使用頻度についてアドバイスがもらえるでしょう。また、他に服用している薬がある場合は、相互作用や副作用がないかどうか必ず医師に聞いて確認する様にしてください。

Author

CBD Expert | View posts

A translator and interpreter for English and French, Vicky's journey within the CBD industry started off in the US. Since then, she has discovered the multiple benefits from CBD on the body but also in particular on the skin, which has become one of her passion topics of research and writing since then.

フェイスブックでCBDユーザーと繋がろう!

ほかのCBDユーザーと体験談を共有したり、お話しませんか?CBDについて質問はありませんか?こちらのフェイスブックグループではユーザー同士が繋がり、情報交換できる場になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

four × 5 =